〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

ライフスタイル 仕事

動けない人の為のマインドセット

投稿日:

スポンサードリンク

みなさん、こんにちは!

近くのスターバックスコーヒー郡山駅店のWi-Fiがダダ漏れで、
その真上の2FにあるサイゼリヤでそのWi-Fiを傍受してネット利用しているSHOWです。

早速ですが、春なので新生活を始める方が多い季節ですね!

学生も進級したり、進学したり、就職したり、
はたまた社会人も転職したり、引越したり、色々と環境が変わって面白い季節です。
当然、人の出会いと別れの季節でもありますね!

今回はまず就職や転職について、ライフスタイルの中の一つでしかない『仕事』の部分について、
主にうまくいかないビジネスマン、特に目標もなくダラダラ過ごして何したいかわからない学生さん向けに、
楽しく生きるコツをご紹介します!







転職は悪い事じゃない!むしろ、適材適所に人が流動した方が社会は良くなる!


日本人のほとんどの人が、仕事を変える事は悪い事だったり、
忍耐がなく情けない事だったりと、一つの仕事を選択するだけの為に
多くの時間と労力を使っています。
これって勿体無いですね。
今の時代は転職はとてもしやすい環境です。
当然、労働者が足りないという市場的な大前提もありますが、
そもそも転職支援サービスが充実していますから、
良い人材が流動化するのも当たり前の時代です。

要するに一つの企業に最低3年はいないと次の就職口はないという過去の迷信は現在では無効化されているのです。

逆に一つの企業に3年も我慢していたとして、そこで時間コストに見合ったキャリアアップができなければ、
ただ時間を捨てているだけになります。

18歳や22歳、24歳から働き始めたとして、65歳や70歳まで働くとします。
最大で約52年、最低でも41年はサラリーマンとして勤めるとしても、
1箇所に3年も止まっていては最大で転職できる回数は17回ぐらいでしょうか。

これを多いと見るか少ないと見るかですが、ジャストフィットして最高の仕事ができていると満足できていればそれに越した事はありませんね。

 


ちょっと仕事してみればわかるでしょ。そこが居心地良いか悪いかなんて。


ただ、勤めて1年もすれば、この企業でこれからも居続けるべきか、否かはなんとなくわかるはず。
それなのに、もう2年ぐらい居ないと仕事の面白さはわからないとか周りに言われ止まる。

周りには時間泥棒がいます。
足の引っ張り合いです。自分の事は自分で決めましょう。そこに後悔はありません。
最悪、あの時辞めておけば良かったという事もこれからの社会は往々にしてあります。

というのも、離陸準備をしていればまだ良いものの、居残ってリラックス状態で企業が沈没してしまうと、
そこから飛び立つのには間に合わず、ハローワークへ直行便になります。

情報弱者だとネットを活用せずに、質の悪い求人情報ばかりのハローワークに出向いて、ダラダラと求人情報を眺める生活が始まります。


メシウマな制度があるのを知ってるか?
雇用保険をガッツリ活用して次の戦略を練ろう!


私自身も、会社を辞めて雇用保険生活を楽しもうと20歳の時に1年間月々20数万円の雇用保険を受給しながら、
マイカーを維持して一人暮らしを楽しんでいました。

これは通常、雇用保険は3ヶ月しかもらえず、その期間中に就職をしないと、
最終セーフティネットである生活保護需給をするしかなくなってしまうのですが、
職業訓練学校というところに通う事で、その通学中はずっと雇用保険が延長されて、
もらい続けられるという特例があるからです。

これを10代の時に知ったので、若いうちだったら20数万円もらって
生活基盤を安定させて、有り余る時間で色々と次の展開の準備ができるじゃないかと
会社を急遽辞め実行しました。
しっかりと、週5日学校に通い、その間、生活に何も困る事なくエンジョイライフを送れました。

この職業訓練学校って様々なスキルを身につけられる場所で、
企業の社長なんかが講師をしていて、座学だけでなく、実際に手を動かしてスキルを
習得する場所なので、通常の学校とは違って面白いんですね。

意外にこの制度を知らない人が多いのですが、知ってる人は雇用保険加入期間の10ヶ月を満たしたら会社を辞めて、職業訓練校に通い、卒業したらまた就職して加入期間10ヶ月を満たすまで働いて、また学校へ。
と繰り返して国の制度を存分に活用して生活してる人もいます。

日本はとても素晴らしい国でこのようなシステムがあるんですよ。
ただ、このような制度がある事を教えてくれない。
ハローワークも教えてくれない。自分でネットなりで調べて、
この制度使いたいと言って、初めて案内してくれるんですね。

話はズレましたが、そのようにセーフティーがある事を知っていれば、
就職・転職した先が最悪の場所だったりしても、辞めて次に行けば良いのです。




とにかくシンプルに、面白いか面白くないかだけを追求してみると世界が見えてくる。


無理に自分の得意な事や個性、スキルが活かせない場で働く必要はありません。
重要なのは己という人間が一番能力を発揮でき、社会に価値提供できるか。

自分自身もそこで働く事でよりスキルアップしていき充実して楽しい!生活レベルも向上!となるか。

シンプルにこれだけを追い求めて、バンバン良いとこに当たるまで転職してみるのも楽しいですよ。

最初の1週間や1ヶ月で企業の雰囲気はわかります。やる気がわかないのに下手に長い事いる方が、あなたにとっても、その企業にとっても、双方の為になりません。

余計な気を使わずに、本当にここで働く事が人生を豊かになる!
と思えない職場であれば、どんどん転職しましょう。

業界を変えてみるのも自らの適性がわかって良いです。
特に何がしたいかわからない人は、様々な業界に行きましょう。

その中でこれは好きだ、得意だという仕事が必ずあります。





学歴社会の終焉は近い。大事に抱えてる唯一のプライドは破棄しよう。


大卒ブランドがとか、経歴に傷がつくとか、ゴミのようなプライドは捨てましょう。
むしろ、そんな事を気にせずに高速回転で転職を回した方が経験値も貯まります。

すると、人や企業を見る目が出来上がります。
世の中ってこうゆう仕組みなんだなとわかると、
自らの社会的ポジションをどこに置くか自然と考えます。

国が掲げる一億総活躍社会とは、個性を活かし、一人ひとりが力を発揮できるところで活躍してもらう事がキモです。
国民がみんないつも疲れて希望のない顔をして仕事をしている国では幸福度も低いままです。

人口が全く違うので比較対象としては適切ではありませんが、スウェーデンなど北欧のライフスタイルを調べて見ると良いなぁと感じる日本人は多いです。

これは単純に日本は北欧のライフスタイルを実現しにくい社会だから憧れます。

 


すぐに行動しよう!迷う時間はもうありませんね!実行あるのみ!


以上の事から仕事に奪われる時間は通勤時間なども含めるとそれなりになります。
人生の時間は有限です。ムダにして良い時間は1秒もないはずです。
自分が楽しいと思い、気持ち良いと思う事を素直に実行して生きましょう。

最初にあなたがそのような行動をしないと周りに波及しません。
みんな、あなたのような生き方をしたくて羨ましがって嫉妬しますが、
単純に良いなぁと思ってるだけで行動に移せない人々なので、
何か言われても無視しましょう。

新しい事を始める。動くというのは敵をつくる事もありますが、世の中結局は動いた人が結果を残します。

是非、自分だけのライフスタイルを構築する為に動きましょう!






スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 仕事
-, , , , , , ,

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.