〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

アイテム

メンズスキンケアの『BULK HOMME』を使えば自信がつけられるのは本当か?

更新日:

スポンサードリンク

みなさん、こんにちは!

風吹き荒れる日本列島。春の嵐とはこのことか?!と思うような夜が明け、
今はスタバで『ゆずシトラスティー(ティー変更でアールグレイティー)』を楽しみながらコンセントを占拠しているSHOWです!

さて、男性の皆さん!最近は美意識の高い方が多いようですが、美意識以前に肌トラブルに悩まされて、若い頃からお困りの方も多いですよね。

僕は基本的に肌荒れはしにくい方で、ツルッという感じで特に気にした事はなかったのですが、髭剃りのカミソリ負けするようになってヒリヒリする感覚を感じ始めたのが、
2年程前です。当時27歳ぐらいですかね。

そこで肌荒れが酷くていつも顔から出血していて肌ケアに余念のない友人に
聞いてみたところ、めっちゃオススメされたのが
新興メンズスキンケアブランドである『BULK HOMME(バルクオム)』です!

まずはメインラインナップから。

・化粧水

・乳液

・洗顔料

・3点セット







メンズスキンケアブランドの雄『BULK HOMME』!このブランディングはすごいぞ!


この化粧水・乳液・洗顔料がこのブランドのキモで、この3セットを毎日使っているとまぁ、肌環境はとても快適になります。
もちろん、個人差はあるんだろうけど、進めてくれた友人の肌の調子を見ている限り、
その効果はあるのだろうと信じて試してみたが、そのクオリティーの高さに驚いた。

確かにそれなりの価格はするので、無頓着な男性からすれば、そんなの100均の石鹸や洗顔料でいいだろうが!となるワケですが。

価格としては何と比較するかではありますが、クオリティーから考えるとこんなものでしょうと納得いく。
逆にこれより安いとブランドとして安っぽくなるので絶妙な価格設定ではないかと。

でも、ただのブランド価格という訳ではなく、
肝心の中身におカネをかけてる感が伝わってくるパッケージングなので、
箱が届いた時の満足度は高い。







早速、使ってみよう!どんな商品があるのか説明しよう!!!


まず、順番として、化粧水を使う前に洗顔料で肌を綺麗にして、地ならしをしてからそこに栄養と水分補給の意味合いで化粧水を投下、そして補給した水分が吹っ飛ばないように蓋をする意味で乳液でジ・エンドという流れだ。

その第一布陣である洗顔料、通称『ザ・フェイスウォッシュ』には専用の泡だてネットが付属する。

・専用泡だてネット

まぁ、これも100均でいいのでは?と言われてしまえばそれまでだが、このネットもクオリティーが高い。

まずは騙されたと思って一度使ってみるといい。

 




 


まずは洗顔からッ!ケアの前にはまず下地調整だ!


さて、話を戻してこの泡だてネットに『ザ・フェイスウォッシュ』を少量乗せて、ちょっと水分を与えてコネコネすると、なんと!

超しっかり、硬めの消えてなくならない芳醇な泡が発生する。モコモコと。
この泡を見るだけで、この洗顔料別格や!と思うはず。

その泡を顔に当てて転がすようにするだけで、汚れや皮脂がガンガン落ちる!
そして軽く温水で泡を落とすのだが、その時も泡切れがとても良く、特にヌメリなどなく、水の流れる力だけでスッキリと泡が消えて無くなる。

しかも、肌のつっぱり感は皆無。適度にしっとりした温泉卵肌の出来上がりだ。
香りもしつこくなく、上品な雰囲気漂うので後引かないところも良い。


お次は、化粧水で水分補給!潤いを!


そして、その後は化粧水、通称『ザ・トナー』を数滴手に馴染ませて、顔に当てるとぐんぐん吸い込んでいく!馴染むのが早いので、べちゃべちゃ感もなく、快適!
まるで『砂漠状態のお肌に水が入った?!』というDoveのCMのようだが、本当に使い勝手が良い。
もちろん、香りも素敵。優しさと強さが半分半分と言ったところだ!

しかも、これを使うと肌の調子がすこぶる良いと感じる時がある、それは朝起きた時の洗顔時に肌が水をガンガン弾くぐらいに潤っているからだ。


シメはラーメンではなく、ローションだ!乳液でバリアーを作れ!


最後の仕上げには通称『ザ・ローション』をまたまた少量手に馴染ませた後に、
ザ・トナーをつけた部分に被せるように薄く塗りまくる!

これが絶妙な粘度でベタベタせずにすぐにサラッとするので、男性が毎日使うには嫌になりにくい。
何より、使っていて絶対的な信頼感がある。
これは市販のものとは全く別物だと気づくだろう。

香りも無香ではなく、適度にリラックスできる程度。バランス感覚が素晴らしいのだ!





必要なのは良質なもの使う=本質を知るという事。


実際、スキンケアなどしなくても死なない。

が、昨今の文化的な生活をする上では、身だしなみを整える事は一つのエチケットでもあり、さらに男性であれば手軽に『自信』をつける一つの手段でもある。

イケてない男性がちょっとスタイリストにコーディネイトしてもらうだけで、にやけてしまうぐらいに変わる。

その中で、ヘアースタイルやファッションだけでなく、身体のパーツに目を向ける事も大事で、いくら髪型や服装がスタイリッシュでも顔がブツブツ、脂ギッシュ、カッサカサだと流石に頂けない。
小さな手間と少ないコストでケアできるのであれば、した方がメリットもある。







男性が自らに自信を持つのはカンタンだ!見た目を変えろ!


活き活きとした明るい表情を手に入れると人生が変わることもある。
人は見た目で判断するので、最終的な同スペックの人間と比べられた場合、汚いより綺麗を選んでしまう。

これは内面とか時間をかけないとわからないので、判断材料としては見た目に気を使っているぐらいにマメで気が利くかを見られているのだ。

少なくとも日本では既に『男がスキンケアなんて女々しい!』というもはや戦後ではないみたいな時代ではなくなっている、文明の発達、文化の変化によって、男性らしい女性もいるし、女性らしい男性もいるだろう。

いちいち、〇〇系男子とかカテゴライズして決めつける流れがメディアでは昨今流行っているが、あくまで個性でしかないので、みんなバラバラが普通。







他に類を見ない、こんなのが欲しかったというドンピシャのスキンケア用品!


世の若手男性諸君には自信を持って、メンズスキンケア用品を使いこなし、よりパワフルにアグレッシブに己の人生を謳歌してもらいたい!

そんなお手伝いをしてくれるのがこの『BULK HOMME』だ!

他のラインナップもあるが、今回はこの基本となる化粧水と乳液と洗顔料のみの紹介だが、基本的にこれだけ使っていれば問題ないです。

毎月の8640円をコストとして捉えるか、自分への投資として捉えるか。

実際、このセットは1ヶ月で使い切れません。隔月でいいぐらいですよ。
毎月定期便コースを頼んでしまうと、余って余ってしょうがなく、みんなメルカリに出品したりしちゃう羽目になって損するので、Amazonで買いましょう。

どこで買っても基本的にブランド品なので価格は変わりません。

メーカーのサイトから定期コースで購入する場合のみ10%オフになるのですが、
余ってしまうのでオススメできません。

特に減る量がそれぞれバラバラなので、足りなくなったものを単品で、送料無料で購入するのがベストですからね!






スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-アイテム
-, , , , , , ,

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.