〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

ライフスタイル 恋愛

雇用保険ってうまく活用すればBMWにも乗れちゃう?職業訓練校の凄さ。

投稿日:

スポンサードリンク

こんばんは!

 

SHOWです!
夏にな〜ると思い出す〜遥かな職業訓練校。

さて、という事で、今回は雇用保険を使って職業訓練校でエンジョイできるのか?
むしろ活用次第で結構美味しいんじゃないか。という話題。
19歳の時に勤めていたので、当然、
雇用保険料は毎月給与から天引きされていました。

 

この年齢だと社会保険料の内訳や利用するイメージなどあまり考えなく、
なんとなく支払わされていたりしますね。

 

そんな中で、僕は高校時代に一瞬、美術大学へ進学してみるかという
選択肢も3%ぐらいあったのですが、大学生活なぞ4年も時間の無駄だという事で、
起業への道に遠回りになると考え、高校卒業と同時に就職した訳ですが、
基本的には1年以上は同じ企業にいないというスタンスは
最初の時点で決めていました。
そんな、2社目で働く19歳の末に、高校から進学して
自動車整備関係の職業訓練校に通っている友人から話を聞きました。
『職業訓練校は一度勤めて雇用保険支払ってから通った方が断然お得!

すでに2年も勤めてるなら行ってみたら?いろんな年齢や経歴の人がいて面白いよ!

行くなら若いうちの方がいいね、イイ歳になるとプライドとか世間体とかで行きづらくなるだろうから!』
という事で、ちょうど2社目の企業を辞めるタイミングの春直前で、
定員割れして募集がかかっていたデザイン系の職業訓練校を応募!
面接には自信があったので、まず落とされる事はないだろうと踏んで、
まぁ定員割れだしで合格。
スムーズなまでに春からは職業訓練校に通ってさえいれば、
雇用保険を逆にもらいながら生活ができるという環境に身を置いてみた。
何が良いのか?






 

雇用保険って普通あまりアテにしてないよね?
まずは通常は自己都合で企業を辞めた場合には、
雇用保険は辞めてから3ヶ月間は受給できず待機期間がある。
その待機期間は無給だ。
しかし、たとえ昨日自己都合で辞めたとしても、職業訓練校に通い始めれば、
即日から支給対象期間になるのである。待機期間がない。
また、職業訓練校にはそのカリキュラム、科目によって
3ヶ月、6ヶ月、1年、2年と行ったコースになっている。
通常、雇用保険は最大で3ヶ月までしか支給されない。
要は待機期間3ヶ月、それから3ヶ月支給。以上。

 

って感じで、誰がこの制度で3ヶ月待機して支給を待ってられるんだと思う。
さらに支給されてもたった3ヶ月かよという部分を、
この職業訓練校に通う事で、ハードルを取っ払っているんですね!
だけど、通常ハローワークでも自分から聞いていかないと教えてくれない。
役所仕事って嫌ですね。
困っている人を助けているフリして実は助けないのが役所です。

 






職業訓練校という選択肢がなかなかドリーミー。

 

そんな素晴らしい職業訓練校。
みなさん、ちゃんと職業訓練しに行ってるはずですが、そのカリキュラムや科目によっては意外に自由度が高く、小中高の学校のようにクラスメイトとホームルームを楽しめちゃったりして、全然恋愛とか起きちゃうワケです。
『えっ?マジで?
何それ。
学校通ってスキルが身につく上に、金ももらえて、
不純異性交遊まで楽しめるの?
半端ないな厚労省の制度!ちゃんと教えろし!』

 

と思ってしまったあなた!

まずはちゃんと社会保険を納めている企業に受給対象者となれる期間である
10ヶ月以上勤めましょう。
さらに辞める意思を伝える前に、ハローワークから情報を探して
職業訓練校の興味のある科目をチョイス。

そのコースの就学期間をチェックしましょう。

3ヶ月コースとかでは通常の支給期間と変わらないので旨味が少ないですから、
できれば6ヶ月、1年、さらにじっくりしたい人は2年コースを選択しましょう。

1年や2年のコースはそんなに多くないので、
カリキュラムや科目の選択肢は狭まります。

また大事なのは雇用保険料を納めていて辞める前の最後の半年間は猛烈に働いて、
給与総支給額を跳ね上げてから挑みましょう。
というのも雇用保険の支給額というのは、直近6ヶ月間の平均額に対して、
その何%を毎月支給しますよという事になっています。
この平均が下がってしまうと低所得状態で暮らさなければなりません。

 






結構至れり尽くせりな環境が待っている職業訓練校。
普通に30万円以上の月収をもらっていたのであれば、
毎月20万円ちょっとは学校に通っているだけで支給されます。
また通学定期券代も支給されますから、学校から遠方地だと結構お得感あって、
学校帰りとか休日にも定期券で遊びに行けちゃいますね!
さらに僕の時にはありませんでしたが、最近では食事代も
1日あたり数百円つくようですので、もう至れり尽くせりな制度なんですね。

僕も1年間、毎月20万円代前半を受給していたので普通に一人暮らしで車も維持して、
毎週末にはクラスメイトと飲みに行って、土日もプライベートエンジョイしてぐらいのカネ周りで車であちこちクラスメイトと遊びに行ってましたし、当時20歳ですから年上女性とイチャイチャしたり、恋愛したりと結構楽しめたものです。

また、何が素晴らしいかって、基本的に朝9:00〜16:30までの授業なので、
確実に夜の時間が空くという事です。
土日はまず授業はありません。

 

社会人生活でここまで徹底して時間が読める生活をするのは、
通常のサラリーマンや零細中小企業経営者では難しいでしょう。






この時間を消費するか、生産や投資に充てるか。

 

なので、

夜の時間は勉強など自己研鑽しても良し。

この就学期間中でビジネスの準備をするも良し。

YouTuberやブロガーを目指してひたすら毎日コンテンツ作りと配信をしても良し。

改めて立ち止まり、人生及び己を見つめなおすも良し。

なんです。

僕はこの時間はとても貴重で色々できました。

もちろん、年上女性と遊んだり年齢の近いオトコたちと遊んだりもしましたが、
そのほとんどは過去2年間社会人経験をして、猛烈に働きまくっていた生活から一転して改めて起業や20歳代をどう過ごすかについて考えたのもこの時でした。

やはり中学、高校時代に考えていた社会人生活と若干のギャップがあったり、意外に世の中のオトナたちは頭が良くないなと、かなり大人という存在を子どもと比べて優れて秀でていると美化して見ていたのですが、ここで下方修正する事にしたので、どう立ち回るかについて設計し直した頃でした。

 

なので、一度社会人を経験してみてから、
一つの日本社会にある大人の生き方として、
この職業訓練校を体験するのも良いと考えています。

 






幅広い年齢層。キャリアもバラバラ。話の内容が刺激的。
クラスメイトの年齢の幅は僕の時で19歳〜45歳までいました。
夜学でも行かない限り、なかなか体験できません。

 

また年齢だけでなく、そのキャリアが皆面白く、大変興味深い。
なぜ、30歳を超えてこの職業訓練校にいるのか、ここにいる人は超個性的です。
自分らしく生きてきた結果、一度立ち止まって次の展開を考えている面白い生き生きとした大人たちでした。
サラリーマン生活の中ではあまりこのような大人は見られない。

 

要は社会からはみ出さないように綺麗に丁寧に生きてきた
ノッペラボウのような、個性を殺した個人が多い中で、
完全にハミ出しまくってる感、強いて言えば社会不適合者(褒め言葉)の集まりです。

人格がおかしい人も中にはいますが、そのほとんどは自己の世界観、
価値観をしっかり持つ人ばかり。

 

自分の人生をちゃんと自分の足でリスクとって生きてる人ばかりでした。
故に、教員や講師たちはこの幅広い年齢層やキャリアの持ち主たちに同じように教えるのはかなりの難しさではないかと思っていたぐらい。

 






社会にはいろんな人がいる。世界は広い。
当たり前は己の価値観の押しつけに過ぎない。

 

そんな中で、強烈に人生観を変える大人たちがいました。
アンモナイトの化石を買い過ぎて多重債務者となり、首が回らなくなり自己破産をして、生活保護を受けながら学校に通う30歳代後半男性。
経歴だけでもヤバ過ぎて20歳の僕は衝撃を受けましたが、
ちゃんと彼女がいて、その彼女と同棲して、一緒に生活保護を受けている。

という事でこの国が潰れない限り、
これだけ自由にやっても死なない社会なのだと激震が走りました。

 
シングルマザー世帯で日々の生活が回らない貧困家庭も多くある中で、
アンモナイトという趣味が行き過ぎ理性がただ効かないくて
借金を増やしても破産すればチャラ。

 

さらには生活保護でアンモナイトも手元に残したまま、
普通にラブリーな生活が続けられる。

 

という日本の法律と制度をフル活用してエンジョイしている事が許されるのならば、
社会的大義ある起業をして負債や景気によって倒産、破産する経営者が首を吊ってるのが馬鹿らしいなと。

 

むしろ、上記を許すなら、起業失敗者とかベーシックインカムでも
なんでも特例にして誰にでも何度でもチャレンジさせたれよと。

社会的価値が高いのはどっちだ?と疑問もありました。

 

そんな事で逆に、日本でチャレンジして失敗して死ぬ事はないのであれば、
むしろチャレンジしない方がリスキーだなと改めて確信した。
何もしなくても、自分らしく生きられない。

 

何かすれば自分らしく生きられる上に、何か得られる可能性もある。
逆に失うものがない。
全ての失敗は『成功するまでの過程でしかない』という理論がこの日本では通じる。

まぁ、ハッキリ言って大義ある人間にとっては『死』は結果でしかなく、
本望だろう。

 

中途半端にグダグダ生きるぐらいならば、一気に咲かして散れよと。
その方が、その意志を誰か後に続く者もいたり、誰かの人生に影響を与えたり、強いては社会をより良い方向に進ませる死もあるだろう。






デザイン系だからか?特殊な経歴な大人ばかり。

 

クラスメイトには、銀座クラブの元ママがお店を閉めて学校通っていたり、元外資系証券ディーラーがいたり、いろんな国を放浪している旅人がいたり、元風俗嬢のお姉さんとか、パティシエ男性とか、元バーテンダー、虚言癖おぼっちゃまとかとにかく30歳代の経験値の高さが20歳代のそれとは比べ物にならないぐらい話の引き出しが多くて、人間の深みを知ったものです。

 

いろんな業界の経験者がいて、遊びも仕事も大いに楽しみまくってきた人が多く、
それまでの過去2年の勤め時代に見てきた先輩たちや経営者、
幹部たちにもこんな『人生』をとことん楽しみ尽くしている人は
一人もいなかったなと。
皆、社会的責任とかに縛られて身動きが取れなくなっていた。

 

男も女も何かの情報やきっかけがあって、
この職業訓練校という場に集っていたが、
人生であまり経験できない貴重な時間を過ごせる場だと、
いろんな人にオススメしてきた。

 

実際、何人かは俺の勧めで、転職する際に職業訓練校に行った友人もいるし、
2度通っている強者友人もいる。

 

雇用保険を貯蓄しBMW購入費用に。

 

実家暮らしでまるまると雇用保険を毎月溜め込み、
1年間で新車が買えるぐらいの貯金をしていた友人は、
最終的にはBMWをその金で購入するに至っている。

雇用保険でBMWを買うなんてちょっとドリーミーな話じゃないか?!笑

 

 

そう、実家でも一人暮らしでも支給額は変わらない。
なのでパラサイトニートとかやっているなら、
是非とも頑張って1年ぐらいどっかで勤めてから、
この楽しい環境に身を置いてみろと。

 






日本は良い国。今のうちに利用して
次のステップの踏み台に。

 

日本という国があと何年持つかは定かではないが、
少なくとも国が、省庁が機能している間はこのような
わかりづらいセーフティネットがあり、
それを使える間に活用してエンジョイする人生も一つ。

 

基本的に、講師陣はその業界の中小企業の社長が勤めていて、業界のリアルな話やノウハウ、技術なども学べるので、実戦で使えない座学とは違うだろう。

 

何度も何度も職業訓練校に通う大人も結構いるみたいではあるが、
就職斡旋して就職させても1年足らずで辞めてまた舞い戻ってきて、
制度に寄生しているような大人も中にはいるのだろう。

 

それよりは若者たちに様々な原体験や大人の成れの果ての姿を見せる事で、
反面教師にしてもらったり、よりチャレンジングなマインドになってもらえれば、
その大人たちが職業訓練校に通っている事にとても意義が有る。

 

少なくとも前述の『アンモナイト破産ナマポ氏』は20歳の俺の中の日本社会と自由に慣れない箱の中の鳥状態の大人たちという価値観に大きな風穴を開けた。

 

こやつの存在が社会で許され守られるのなら、
世の中のチャレンジャーは何も恐れる事なく前だけ見て挑み続けられるなと。
この歪んだシステムをもっと利用して、もっと若きチャレンジャーを増やさないと
いけないと感じた次第。

 

という事で、天引きされる一生分の雇用保険料を1年で取り戻したSHOWでした。
約250万円ぐらいは厚労省から支給されてる計算。
まぁ、その後のサラリーマン期間を含めても、通算で6年分しか支払っていないので、完全にもらう方が圧倒的に多い。

 






特に綺麗どころの年上女性の扱いには注意せよ。
マジで亡き者にされる。

また、女性関係では丁度、年上女性に好みが変わりつつあった頃だったので、
キャバクラばりにお姉様魅力に乗じて色々お楽しみをしたところ、
年上女性は本気だから、結果的に裏切る形になったら恨まれて怖いわと
年上女性との関わり方も学べました。テへッ!

 

補足だが、同僚や大人の集団の中での恋愛があった場合、
たとえ親しい男性友人であっても、男の味方はしない。

 

その男の味方だと女性に思われては、その男性も死活問題であり、
全くの徳がないからだ。男性は女性に嫌われたくない。

 

当然、女性は女性の味方。
となると、いつの間にか完全悪に有る事無い事仕立て上げられ、
あった事さえも、なかった事になり、
危うく犯罪者に仕立て上げられそうになったりもする
完全にアウェイになるという事も覚えました!

 

だから、社内恋愛とかは生活動線の範囲内での色恋沙汰はリスキーですぞ。

良い時は全く円満なのに、一度男女関係がもつれた場合、
その場に男が残り続けるのはチタンハートの持ち主でない限り無理だろう。

 

そんな職業訓練校に通っていた2008年夏。

SHOWのYouTubeチャンネルもチェック!
チャンネル登録もよろしくお願いします!






スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 恋愛
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.