〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

スポンサードリンク

恋愛

女性に告白してフラれた時に男性がすぐ立ち直る秘技。

更新日:

スポンサードリンク

こんばんは!

 

超恋愛体質のSHOWです!
素敵な女性を見ると
『キレイだ』『可愛い』『好きだ!』
『愛してる』『僕にとって君は太陽だ』
『顔がタイプ過ぎてずっと見つめていたい』
『唇や目元が色っぽいね』
と言わずにはいられないタイプなので、
ついつい女性をいろんな意味で驚かせてしまう場合が多いです。

 

あとは目をじっと見つめるなど、男性は特に女性の目をしっかり
見つめてあげるだけで印象が変わる事が多く、
言葉以上に目から好意を伝える事は容易です。

言うのも、見つめるのもカネもかからないのに、とても幸福度が高まり
幸せオーラ全開になるので、エコで経済的でハートフルでビューティフルです。
基本的にシラフで酒の勢いなど必要とせず、大真面目に伝えるので
大抵の女性はテレるか、笑って茶化すか、どうしてイイかわからない顔したりして、
結構その仕草がまた可愛かったりして相手の恋愛経験レベルを測ったりできるし、
あとでそう言われた瞬間の感想など聞くと、
ほぉ〜女性はそう感じるのかー男性慣れしている女性でも
あまり男性が面と向かって言われた事なくて
新鮮に感じていたりと、いかに日本人男性がちゃんと好意を女性に
対して伝えていないかが見えてきます。
そんな中で、奥手な男性が多く、
実はチャラそうな男性でも案外ちゃんと
女性に好きだと伝えていないケースもあったりと、
なんだ表面は女遊びを派手にやってそうなアンちゃんも実は対して
口説き慣れていないなど草食系の実態が浮き彫りになってくるのです。

 

どうなってんだジャパニーズメンズ!!やる気あんのか?!






恋愛は『好き』『惚れた』側が負けか?

 

さてさて、昨今男性からちゃんと『好き』だと好意を示された経験があまりなく、
好きという言葉に敏感になっている例もあるのですが、相談など色々聞いていると
年齢はあまり関係なく、どの世代であっても日本人男性はシャイで相手に
正直に己の気持ちを伝える事ができない生き物のようです。

 

さて、なんでシャイなのか。
そんなに恥ずかしいのか。
いえ、単純にプライドが高いだけなんですね。

 

日本人男性は格好つけようとし過ぎるあまり、
好きだと好意を伝えてフラれた時にいたたまれない気持ちになり、
それをダサいと思ってしまう。

 

故に『完全勝利』『絶対的ヴィクトリー』が約束されていない限り、
女性に対して好きだと思い切って言葉で伝える事をためらってしまう
訳で。

 

じゃあ、なんでそんな事で好意があるにも関わらずに我慢したり、
あまのじゃくのように『好きじゃねえよあんな女!』
みたいなヒネくれ態度を取るのかと言えば、
昨今の女性が強過ぎて、か弱い男性にとっては精神を
握り潰されてしまうような断り方をするからではないかと感じている次第。

 

繊細な男性のハートを鷲掴みにして
そのままブシャーっと握り潰すような事はやめてあげてください。笑

 






試しに『つき合ってみる』事で人間を知る事ができる。

 

基本的に僕も興味のない女性から好きと言われても、
全くその好意に応える事ができないメンクイタイプなので、
バッチリ好みの顔、容姿でない限りはたとえ可愛くても
美人でもオッケーして付き合いましょうという事はなく、
女性側から来られると何も燃えない、
むしろどんどん冷めていってしまうので、
スタイルとしては完全に追っかけ専門のハイエナです。

 

重要なのは断り方ですが、当然好きと言われて嫌な訳ではありません。
そりゃ好意を持ってくれてるなら、
可能な限りはイイ人として終わらせたいのだけど、
中途半端な優しさはさらに熱を高めてしまい、
再チャレンジなんてされてしまうと
厄介なので、やんわり押し返すと同時に天変地異が起きても
僕はあなたの事は好きにならないのでごめんなさい。
そして、好きと言ってくれた事に対しては最大限の敬意を払って
こちらも嬉しい、伝えてくれてありがとう。は伝えるようにしています。

 

中途半端に好意を利用して、じゃあワンナイトラブだけ楽しむかという
外道、下劣極まりない感じは僕の恋愛道に反するのと、
追っかけて捕まえた女性でないとまるで楽しめないので、
せっかく好意を持ってくれたんだし
一回ぐらいヤッとくかというのは、まずありません。

 






次のページへ >

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-恋愛
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.