ニンゲンはそもそもなぜ自殺願望を抱くのか。

こんばんは!

SHOWです!

 

最近、自殺願望者をまとめてエグゼキュートしたサイコパスが
神奈川県の座間市にいた事件
が起きて、マジで詳細が明らかになる程、
気持ち悪さが増すので知り合いの中にはそのニュース情報でかなりグロッキーになってたりと社会を震撼させてますよね。

 

まぁ、Twitterなんか見ているとFacebookなどのSNSとは違い、
自分の趣味嗜好の人間をツイート検索して見つけてフォローしたりしているので、
悪用しようと思えば結構できちゃいます。

 

何せ、情報弱者が他人のツイートに影響されまくってくれるワケで、
顔も素性も明かさないユーザーに対して、教えを乞うような形で、
先生や救世主扱いしてるんだから。

 

ちょっと発信力があったり、バシッと己の意見を持ってるユーザーが
それっぽい事をツイートしまくって、そこそこのフォロワーがいれば、
素人の情報弱者からしたら、それだけで信用に足る、
教えを乞う存在として崇めてしまうよな。

 

そもそも、俺は自殺、自死願望がまるでないので1人で自ら死に場所を
探すなんて事はない為、まるで自殺願望者に対して共感力ゼロなんだけども。

 

誰かと一緒に死にたい感じなの?
誰かに殺して欲しい感じなの?

 

なぜわざわざツイート見て、ダイレクトメッセージ送って、
死に方聞いたり、死に場所教えてもらって、会いに行くのかな。

 

不謹慎な話、もう死ぬ気であったなら特に現世に未練などないから、本望だったのか。
逆に恐怖を感じて殺される直前に生きたいと思ったのかはもはや誰にもわからない。

 

しかし、この事件の重要な事は、今この時に死にたいと思っている自殺願望者
とやらが、Twitterで死に方聞いてホイホイついて行ってしまうとバラバラに
されてヒトの形を残さずに誰が殺されたのかも特定できない状態でこの世から
消されてしまうから気をつけろや。って事であり、自殺願望者のその願望は
利用しようと思えば、サイコパスにとっては絶好のカモであり実験台と
見えたのではないのかと思う。

 

僕は福島県に住んでいるから、福島県の女子高生までが被害者になっている
可能性があるとちょっとマジかという親近感めいたものがあって、
余計に気持ち悪いんだけどさ、群馬だの福島から女子高生がわざわざ
神奈川の座間まで行くって余程だよ。もうガチで死ぬ気だとしか思えないけどね。
たとえ殺されなくても、相手が男だとわかっていたならレイプぐらいは
されて山に捨てられるだろうと言う想像力はあるだろうに。

 




バカなのは誰なのか。親か。子どもか。犯人か。社会か。

 

ちょっと親を心配させようと言う浅はかな考えで、
家出感覚で300kmも離れた土地の男に会いに行くってんなら、
最初から命など捨てたも同然と駆け落ちの気で向かっているのか。

 

サイコパス犯に同情などする余地は微塵もないが、
同じように被害者である自殺願望者にも可哀想という感情が
生まれにくい事件だと思うね。

 

これも殺したいという欲望に対して、そのニーズを満たす商品があったような、
マッチングができてしまっている事が問題でもあり、たまたまそのプラットフォームとなったのが外向きのSNSであるTwitterであったという話だけであり、内向きのSNSのFacebookであったならここまで次々とマッチングする事はなかったんじゃないかと。

 

もしもの話は人生において意味がなく、とてもつまらないから嫌いなのだが、
仮にこの世界にインターネットがなければ、この『サイコパス』と『自殺願望者』
は出会わず、サイコパスも犯罪者になる事はなかっただろう。

 

だが、自殺願望者は殺されずに自らリストカットや高所からの飛び降りで
死んでいただろう。
難しいのは結果、自殺願望者は『if』の世界でも死んでいる率が高まりそうな感じという事。
死を望む者は誰がどんなに止めても死のうとする。

 

スキあらば死ぬ。
見張りが必要になるし、その見張りが一瞬居眠りして、
そのスキに死なれたなんてなった方が、生き残った見張りは精神的ショックで
また自殺願望者になってしまうかもしれないという実に負のスパイラル。

 




死にたい奴は秒速で死ね。
本気なら愚痴ってる暇などないはず。

 

だから俺のスタンスとしては、死にに行く者と共に時間を歩まない。
勝手に逝け。
1人で逝け。
寂しがるな。
遅かれ早かれいずれ死ぬ。

 

甘いよ。
この世は生きる気のある者の為の世界だ。
生きたいと思う人間を優先して助けの手を伸ばす。
ハングリーさのない奴は一秒でも早く死んでいけ。
動物だって自分から死にに行くなんてバカな事はしない。
死にたい奴は諦めて誰かの肥やしになればよかろうて。
死が楽だと思うなら勝手に選べ。

 

生まれた瞬間から貴様の人生は貴様も物であり、
大切に使おうが雑に使おうが自由だ。

 

死ぬといえば誰かが振り向いて構ってくれると思うなよゲス。
死にたいとかほざく前に死んでしまえばいい。
そうすれば死を止められる事もない。
本当は死にたくないけど、死にたいとか言ってるから、じゃあどっちなんだ?となる。

 

今回の事件のケースでは本当は死にたくないという話もあるようだが、
結果そこまで進んでしまったので引き返す事もできずにサイコパスの餌食に
なってるようだが、死にたいという願望は死を引き寄せる。

 

だから俺は今後、生半可に死にたいとか言ってる奴には
『あらあら、そんな事言ってると第二の白石さんに狙われて眠らされてバラバラにされて燃えるゴミに捨てられちまうよ。それでもいいのか?』
『童話オオカミ少年』のウソつき狼に食われちまうよと
同じノリで注意喚起してあげようと思う。

 

こうゆう事件はいかにタイムリーに使うかで信憑性が増して、
それはエライこっちゃと想像が働く。

 




サイコパスはなぜ生まれるのか。それは特殊なのか。

 

この手の犯罪は無くならない。
むしろ、今回のサイコパス白石のような残念なメンズって
今の時代、相当な数の予備軍が存在する。
街を歩いててもいっぱいいるでしょ。
ずっと下向いて歩いてる人。

 

前向いたり上向いたりしてない男性に対して
ガン見して目を合わせようとして、ようやくふと目が合うと
一瞬で目をそらす人が結構いるのだけど、
なぜそんな挙動不審なのかと。堂々とせいと思ってしまう。

 

無職、男性は基本的にヤバいというのが通説。

社会に害しか撒き散らさない存在なので、男は暇にしてはならない。
つまらない労働でもなんでもいいから前向き、
ポジティブになる事をさせておかなければならない。

 

これは社会的に絶対に公的資金を投じてでもやらないと、社会的損失が大き過ぎる。

 

貴重な若き女性たちが8人も抹消されてるんだぞ、子育て世代であり、
社会がようやく納税者として育て上げた矢先に
たった1人のサイコパスがまとめて死刑エグゼキュートしちゃうんだからね。

 




男の犯罪は常に陰湿。女の犯罪は豪快に容赦ない。
男は暇してると悪い事しか考えない。
これは直接的に悪い事をしようというよりも、
遊びの延長、理科の実験の延長みたいな感覚で、
悪ふざけが犯罪になる感覚をわかってない子どものような
無邪気さがあるから危険なのよ。

 

え?人殺したり怪我させちゃダメだったの?みたいなノリで、
解体してくれちゃうワケだ。

 

常人の感覚だったら、鳥や豚でもバラバラにする気にならないよ。
犬、猫なんてもっと無理。
人なんてさらにできない。
それを始めての犯行でサクッとやった後に、
次々にってもうコイツはニンゲンではない。

 

誰だそんな鬼畜を社会に放り出したのは?

 

それは社会だと思うのよ。

 

だいたい、このケースの場合、みんな親のせいにするんだろうが、
今の時代の親がそんな立派だと思うなよと。

 

現在60歳未満で親をやってる人なんて、
まともな人間育てられた奴がどれほどいたのか。

愛情も注がずにテキトーにカネかけて誰かに教育をさせてただけで、
自主と自律ができないガキをそのまま急に大人扱いにして
社会に放逐してしまっただけだろう。

 
ウチの子は絶対にそんな事ない!
と思っていたはずですよ、犯罪者の親になるまでは皆。

 
サイコパス白石に限らず、過去の猟奇的殺人者の親は
悪魔を産み育ててしまったとは最初から思ってないだろ。
これは社会の歪みであり、日本社会の癌なワケで、
このような犯罪者をただ避難しているだけでは
第二、第三のサイコパスは次から次に誕生する。

 




無差別殺人はなぜ起きるか。サイコパスは寂しがり屋。

 

秋葉原通り魔殺人事件のサイコパス加藤も人間性を否定するなら
一言でキモい野郎なワケだが、正直俺の周りの同級生には彼ぐらいに怪しい、
いつ覚醒してもおかしくない予備軍はいっぱいいる。

 

それは今でもだ。
むしろ、30歳を迎えるにあたって、自らの非力さに打ちひしがれ、
人生を好転させられずに20歳までの間に大人たちに言われた通り時間を投資しまくってきたのになぜ?と絶望しているからこそ、急に覚醒する可能性が高い。

 

覚醒しないまま、不発弾のまま人生を終えてくれれば良いが。

ほとんどの奴らは真面目なイイ子。
怒られた、叱られた事などほとんどない。
グレるとか、ヤンキーなんてのとは全く逆のベクトルで生きてきた聖者たちだ。

 

しかし、イイ子を演じてきたのに社会に裏切られた事に絶望して切れて、
どうにもならず、1人で死ぬ事もできず、自分より弱き者たちに対してナタを振るう。
 

こやつらの特性としては、絶対に社会的に自分より強い立場の者、
単純に腕力が強い者などには手を出さないし、逆らわない。
だから見ている方もまるで面白くない。

マジでカッコ悪い。ダサ過ぎて、イケてない。
もちろん、こいつらはほぼモテた事ない。

 

人生のほとんどを、脇役で過ごした事が原因。
主役になった事がないので自分の立ち位置、キャラがわからない。
そう、恋愛においてちゃんと彼女がいた奴はこの考え方ならない。

 

誰の目標にも憧れにもなる事なく、
学生時代は成績良くてちやほやされたのに
社会に出たら仕事ができない落ちこぼれと言われてきたのだ。

 

やるなら絶対的権力に対して命がけて特攻したみたいな方が
ファンは増えるんだろうにと、なぜそんな無駄で意味のない命の使い方をするのかと。

 




サイコパスは女性や子どもなど弱者しか狙わない。

 

弱者が強者に対して、一矢報いた、それが次の弱者を立ち上がらせ、
次から次に強者に猛襲をかけて世界を変えたみたいなマンガチックな
ストーリー展開にならないから誰も共感しない。
共感するのは先述のサイコパス予備軍。

 

このサイコパス予備軍が目を覚ましたらとても危険。

 

『GTO』で有名な藤沢とおるの漫画の中で結構、
凡人にピストル送りつけると頭いかれて銃を街中でぶっ放しまくる
一般ピープルが描かれているが、
抑圧された人間にチカラを与えるとダメよ。
チカラがあると思わせちゃダメよ。

 

藤沢とおる作品に出てくるイかれた一般ピープルって皆、
目がイっちゃってるから、ホントこの漫画家うまいわーと好きなんだけどね。

SNSを始め、ネットやスマホってのはあくまでツールで、このツールに悪意はない。
結局、そのツールを悪い事に利用するも、良い事に活用するも人次第。

人も生まれながらに悪ではないはずだが、育つ環境の中で悪の心が芽生えるワケだ。

 

ついつい、子どもに携帯を持たせるからダメとか、
旧式で残念で時代遅れな否定をする他に言える事ないのかという
レベルの評論家気取りの凡人たち。

 




テレビゲームやパソコンも悪く言われていたように。

 

ネットやスマホのおかげでどれだけ社会が面白く、
豊かに良くなっているというメリットを差し置いて、
一部のエラーひとつでそのツールやインフラを失くせとは。

 

逆だろ。本来コミュニケーションを円滑するのが目的で、
円滑になったが故に人間が人間を見る目が衰えただけだろうに。
判断力がまるでない。
物事の本質をわかっていないバカが多過ぎる。
論点が違うぜと。

 

事件の悲惨さよりも、もう終わった事は正直仕方ない。
時間は戻らない。
被害者には申し訳ないが、遅かれ早かれいずれ死ぬ。
それが数十年、早かっただけと思うしかない。
それも『運命』という便利な言葉で綺麗に飾るしかない。
ならば、この事件はなぜ起きて、その原因は『子育ての失敗』という
全く建設的でなく低レベルな議論で片付けてはならんものでしょと。

 

親が自身の子どもに自殺願望を抱かせるような子育てをした。
親が自身の子どもに人殺しをしたいという感情を抱かせる子育てをした。

 

さて、親はこんな事まで子どもの日常、考えを知り尽くしているものでしょうか。

 

人格形成の根本的な部分での教育ミスは確かにあるだろう。
個性を認めなかった。
出来の悪い子どもだと自己肯定感を持たせずに
ネガティブ思考になるような思考能力に仕立てた。
自信をつけさせなかった。

 

あとは友人と学校環境が全てだろう。

 

となると、今度は学校の先生が悪いとなるんだろうが。笑
常に他人事だから見えてこない。問題は解決していかない。
社会なんてそんなもので、先手を打つ事はできない。
必ず後手周りになっているので、犯罪者が実行する方が先をゆく。

 




サイコパスや猟奇的殺人者を
社会に生み出さない為に必要なのは何か。

 

そんな不届きな事を考えてるパラサイトニートや社会に不満を持って
機会を伺ってるフリーター、引きこもりが着々と準備を進めているかと
思うと子育てをしている親の気分としては自分の身は自分で守れるように
しておけという事しかできないね。

 

親が干渉して直接的に守るだなんだとできるのは6歳ぐらいまででしょ。

友達だなんだと子どもが家の外を一歩出たら、そこには常に死のリスクが待っていると思うべき。
子どもが
『友達のところに遊びに行ってきます!』
という言葉が最後になる可能性はゼロじゃないのだから。
常に覚悟した状態で
『気をつけて行ってらっしゃい!』
と言うしかないし、そんな犯罪者の手に掛からない
ロジカルで合理的な考え方を身につけさせておけばいい。

 

日本ってそうゆう国ですよね。笑

 

忙しい人では考えない悪い事を、暇な人は考えるんです。
だから、まさかそんな!?となる。

 

無知は死ぬ。
これは犯罪に限らず、仕事でも遊びでも、死なない方法を選択できるかどうか。
選択するかは知識があるかどうか。

 

以上、今日のおもしろトピックについて考察してみた。

SHOWのYouTubeチャンネルもチェック!
チャンネル登録もよろしくお願いします!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です