原発事故被災地と東京都心部の温度差が面白い。

こんばんは!

 

東京出身、福島県に移住して数年経つSHOWです。

 

さてさて、福島と言えばフクシマやFUKUSHIMAとして世界的にも有名なエリアですよね。
僕はもともと東京の多摩地区の出身で、
普通に小中高と学生時代はどっぷり東京で育っているので、
当時は福島県ってあまり知りませんでした。

 

まぁ、高校時代にバイク旅をするようになってからは
『福島いいね、東京から近いじゃん、温泉あるし、スキーできるし、ツーリングにも良い道たくさんあるし、東京から日帰りできる田舎の中で、群馬よりも栃木よりも茨城よりも、長野よりも新潟よりも山梨よりも気に入ったわ』
という事で、いつかは福島と東京で暮らすかと思ってから
およそ8年ぐらいでそんな暮らしを実現しております。

ただ、8年経つ間に2011年3月の東日本大震災に伴う
福島第一原発事故が起きて、福島終ワタ、日本終ワタな雰囲気になったので

『ありゃー福島移住計画は無理かな』

と思ってたんだけども、その後、普通に福島県出身の嫁さんと結婚したので、
『丁度いいじゃないか、子育てもそのまま福島でしようぜ!』
と当時は周りの苦笑いな顔
『おいおい正気か?SHOW?どうしたってわざわざあんな放射能汚染のエリアで
子育てなんて子ども殺す気か?笑』とお褒めの言葉とブラックジョークを頂きつつ、
福島での暮らしを堪能している毎日です。

 

人間死ぬときゃ死にますからね。どこにいても死ぬ確率はそんな変わらんでしょ。
ちょっと寿命が縮まる可能性はあるけど、
ムダに長生きするより一瞬でも駆け抜けて死んだ方が意味がある。

 

まぁ、本当に福島にいたらダメだわ。
ここにいたらマジ、政府のモルモットだわと感じれば他の国に行くけど。

 

むしろ俺的には福島に住んでたら放射能の影響で遺伝子改変して
外宇宙でも行きていける皮膚や肺機能になったりしたら
カッコ良いなと思ってる。その可能性に賭けたい。

 

おぉーこれぞ獅子王凱のような『エヴォリュダー』みたいな。

100年後『イノベイター』と覚醒した旧・福島人は外宇宙進出の鍵になるかもしれないよね。
アレだよ。『木星蜥蜴』だか火星に住んでたアキトとユリカってそれで進化して
ディストーションフィールド無しの『生体ボソンジャンプ』に耐えられる肉体だったんじゃなかったけか。

まぁ、いつまでいるかわかりませんけどね。
飽きたら他の土地に行きます。

 

そもそも、一つの土地に根ざさなくてはならない理由ってないものね。
住宅ローンで縛られたら人生終わり、詰んだかなって思うから、
住宅ローンで縛られないでキャッシュ一撃で買うなり、
買うとしてもあくまで投資用に不動産融資で買うなりだなと。

 

まぁ、超低金利、ゼロ金利、マイナス金利時代ですからね、
ハイパーインフレ起こすの期待して、借金できるだけしまくって、
長期ローンを利回りで返済しながらさらなる
借り入れ起こす方が利口かもしれないけど。
そしたらインフレいつでも来いや!状態だろうね。笑

 

『実際、世の中、家なんて腐って捨てるほど余ってるんだし、
これからさらに余るんだぜ。わざわざ新品に35年も人生かけて買う必要あんの?
キミ達、ハロウィーンやバレンタインみたいに企業の商戦に
乗っかって勢いでカネ使ってるだけだよね?』

 

まぁ、コスプレ衣装やチョコレート代ぐらいの代償じゃ済まずに
35年フラットだから安心とかって、10年先も読めないグローバリズムの中で
35年先を読む先見性のある方々なのだと思うが実にリスクヘッジを考えず
よく高額な買い物するなと思う次第。






みんな、住宅ローンとか保険とか好きだよね。

 

サブプライムローンみたいに払えなくなっても、
家を手放せばローンもチャラなら良いけどね、
日本のローンシステムはそんな都合になってない、
家を売ってもローンの残債がたっぷり残ると言う皮肉と愛がたっぷり効いてる。

『今、そんなに家賃払ってるなら絶対に一軒家や分譲マンションがお得ですよ』
なんてセールストークで
『マジか、家賃払ってるの馬鹿馬鹿し!買うわ!今すぐ買うわ!』
とか言ってる情報弱者の為に世の中の建売住宅はあるんだぜと。

空き家、古民家、激安アパートを改築するぐらいの方が面白いよ、
どうせ家と車は郊外だったり大衆車じゃ、買った瞬間に資産価値ガッツリ減るからね。

 

で、話を戻し、僕の場合、最初は東京と福島で二地域居住的にやってたのを、
この1年半ぐらいは特に完全に住まいを東京から引き払って、
福島に住んで必要な時に東京というスタイルなんだけども、
いやーこれが楽しいのなんのって。

何が楽しいかと言えば、ギャップです。

 

別に自然大好きウェーイ!って感じではなく、
意外とクールな僕としては、
『所詮自然などどこにでもあろうが!別に福島が滅びようと日本の他のエリアにも似たような、むしろもっとイイトコロはあろう!』
という考えや、特にもともと土地にこだわるタイプでも執着する訳でもないので、
簡単に言えば、布団や枕が変わってもすぐに寝付ける、肩凝ったりしないし。
最悪、布団や枕なくても床で寝れるし、むしろ立ったままでも寝れるし。

 

というドライな僕としては福島でなくても、
どこのエリアでもすんなりと馴染むので、
特に福島でなくてはならない理由はない。

 






日本の特区。いや、世界的実験エリア。福島。

 

そんな中でここにしかない場所と言えば原発事故『被災地』
これがなかなかもって激アツ案件。

 

国家予算もこの処理にたっぷり割かれてる。
事故から10年経っても福島の特別扱いは変わらない。

日本最大級に優遇される事が約束されたエリア。

 

今、東京では2020年のTOKYOオリンピックに向けて賑わってます。
外国人もめっちゃ多くて、もうね『東京メトロ銀座線』の沿線の駅なんかは半端なく
再開発中で面白い。

 

もうね、上野あたりから御徒町、秋葉原、神田、日本橋、
丸の内、銀座、新橋、虎ノ門あたりのたった8kmぐらいで徒歩2時間ぐらいで
街見ながら歩くだけでも充分に楽しめるコースなんだけど、
マジで東京スゲェわという気になる。
さて、これに比べて福島しかり、北関東甲信越、東北の田舎のつまらなさよ。

 

僕は月の半分ぐらいは福島におりません。
月の半分は東京かもしくはどこかの地方のど田舎にいます。
となると昨日は東京いたのに今日は限界集落、日本海が見えるトコロ、
太平洋が見えるトコロ、標高の高いトコロ、中途半端に都会気取ってる地方都市、
なんて感じで目にする風景が日々違う訳です。

 

さらに、インフラ関連の仕事柄、いろんな場所に行くのだけど、
公共施設である役所や普通のお店、
飲食店や商業施設、企業のオフィス、工場、メーカーの施設、企業の役員の自宅、
発電所や変電所、上下水道施設などのインフラ施設などなど、
シレーッとプロフェッショナルな顔していろんな施設の裏側に堂々と入る訳で、
そうするといろんな地域、いろんな人間、それこそ、サラリーマンやパート、アルバイト、個人事業の飲食店主から中小企業社長、上場企業役員、ベンチャーの成り上がりタワマン住まい社長なんて、いろんな立場の人間と話すと意見や今の日本についての考えなどを見聞きする、これがまた逸品。
これだから人々が手放せないインフラ関連の仕事はやめられない。
もう、みんな見えている視野が全然違う。
会話の質、人生観、日常で考えてる事すべて。






『福島』と言えば、だいたい質問は同じのがくーるー♪

 

どこに行っても最近では
『福島から来たの?おー大変でしょ?今、福島。どんな感じ?』
って聞いてくるのは福島県外の人。

まぁ、僕は毎度、
『いや普通ですよ、全然通常営業の日常です。見た目以上にハッピーですよ。ただ原発の被災地の方はもう残念極まりないですね、お世辞にも普通ではないですわ。笑』
と答えるようにしている。もはや定型文化してるね。
『福島県ってどこ?』とはならないから話早くて便利。
しかもすでに原発で終わったエリアとして認識されてるので、
基本的に意外に人も普通に住んでるのねチックにイメージの上方修正になるので
前向きな感じで終わる。

 

あ、勘違いされると福島想いの良い人感出ちゃうからアレだけど、
特にムリしてイメージを良くすると言う気は無く、
あくまでありのままの福島として、ポジとネガの評価があってしかるべきだと。

 

最近の福島県や電通の広報戦略が気持ち悪過ぎて、
もう別次元の異世界『FUKUSHIMA』みたいなパラレルワールドチック
になってるからチャンチャラおかしい。
ディスる気は無いが、誇張表現しすぎ。普通にしてくれ。

無理やり良い場所よ的なイメージを前面に出し過ぎて、
逆に被災地感が払拭されないよね。
なんかマズイ事を隠す為の『政府広報』なんじゃ無いかって思われるぜ、
時代は双方向発信ですから。
一方的に語られても若者は信用しない。
大人たちが嘘つきで若者を騙し搾取しようとしている真実を知ってしまった。






福島の認知で一番バズったのって
『福島第一原発事故』だよね。

 

SNSで自然と拡散しないのは誰も興味も共感もない証拠。
要するにコンテンツとしてはバズる要素がないのです。
その点『福島原発事故』と言うのは世界的なバズワードな訳で。

 

福島に暮らす人々のほとんどが普通の人。
一部、活動家的な人もいるけど、俺は福島に暮らすまで、
福島県というのは活動家だらけなのかと思って、みんな熱き魂に駆り立てられた侍か戦士のような行動派な県民性だと驚いたが、実際は普通に日常に抗う事なく流されて悠久の時を過ごしている平穏な人々ばかりで、原発だの復興だのを語る人間の方が県内にも少ない。

 

要は誰かが何とかしてくれる。
下手に目立つな。

目立つと村八分よ。
という事なのだろう。

あとは東京じゃヒットできない、二流、三下たちが
ちょっと有名になりたいならこの地は利用しやすいという具合。

 

福島発の東京でヒットしてる人を見ないので、
やはり東京でヒットしてから福島に戻ったディーン・フジオカ氏はうまい。

 

地方営業ってやつです。
芸人とかも一発テレビで当てて知名度向上すれば、
地方営業だけで数千万の年収ぐらい稼げるんです。

 

という事は時代遅れで、もう流行ってないものでも
地方に持っていくと充分に価値があるというビジネス。
東京ではテレビから消えたら、宴会に現れてももう喜ばれないからね。
喜ばれるのはリアルタイムで流行っている時のみ。

 

まぁ、福島の事や僕の事をどう思おうと勝手だし、
どう思われても何も気にしないので興味もない。






東京電力も生かさず殺さずの刑でションボリしてる。

 

で、最近この7月ぐらいから、福島原発の対応にあたる最前線基地が
『Jヴィレッジ』から大熊町ってとこの原野っぽいトコにできた
新しい廃炉拠点基地に移ったんだよね。
今はもう東京電力って言わないのか。『東京パワーテクノロジー』

仕事の関係で普通にその施設の中へ入ると、そりゃまぁ凄い数の東電の
協力会社や東電社員が数百人、数千人いるんです。

 

みなさん、最前線で頑張ってます。
もうね、建物も安ーく安ーく作ってます。
新しいけど簡素です。
東電も補償云々でお金ないから資産売却しまくったり
節約中なのねとその懐事情が見えてくるけど、社員さんみんな言います。

『今、お金ないから場所の選定や設備についても安いもの、流用できるものでなんとかやりくりしてる』と。
素敵です。

 

さて、このエリア一帯にはまるで一般人がいません。
ゴーストタウンみたいな雰囲気。不気味。
田舎で人がいないのとは空気感が違う。






ドラクエのVやⅥあたりの『闇の世界』
みたいになってるよ。

 

なんかね、簡単に言うと戦場、戦地みたいなノリかな。
『あれ?ここって現代社会・日本だっけ?』と感じるよ、
特にこのエリアをもともと知らない都会人だったら間違いなく。笑

 

昨日は東京の銀座で仕事したり呑み歩いてたけど、
今日は大熊町か、見渡す限り雑草ボーボーの広大な土地、
呑み屋もない、買い物できる場所もない、荒れた自然たっぷりと
言うのは嬉しい事でないね。
事故った原発しかないって感じでその景色、人間の数、明かりの数、全部が違う。
何より可愛い女のコやOLが全然オシャレにランチしてたりしない。笑
東京の中心とは正反対の場所。

 

忘れられた土地。
もしくは誰ももともと知らなかった興味のない土地。
今でも興味のないエリアで、この先『原発事故もあったんだっけ?』
と忘れられる場所だと思う。
このギャップが面白い。
おそらくこのギャップを楽しんでる人って俺以外にどれぐらいいるかな?
ってぐらいに。敢えて、いろんなところを見比べてみると
日本の地方にそれほどポテンシャルはない。
一部分だけ。
ほとんどは投資に対して見返りが期待できない場所。

 





地方創生ワードは罪深い。政府は本気じゃない。
地方創生関連予算を見ろ。笑

 

いくらSNSでオシャレに発信してみようが、地方は流行らない。
一部のニッチなユーザーが訪問するだけ。
ほとんどの人は『人間が手入れしていない自然』に興味はない。

 

居心地良く手入れされてるから自然は価値がある。
要は人工物が好きなの。
シンメトリーが好きなの。笑
走ってる車はダンプカーや原発廃炉関係の作業車、
もしくはその関係の一般車両だけ。

 

夕方になるとみんな一斉に南にある『いわき市』方面に帰るので、
狭い田舎道が毎日大渋滞したりして、街路灯がないのに車両の
ヘッドライトとテールランプが長蛇の列になってて明るいのなんのって。
アレね。
ドローンとかで上空150mぐらいから撮影したらまるで
等間隔に設置された路肩の明かりがある高速道路みたいな雰囲気だぜ。

 

特にこだわりのない僕としては、原発反対とかそーゆーくだらない論にも
ならないが、むしろ最近感じるのは
霞が関あたりでも原発反対とかデモやってて、
またもや何もできない無力な人たちがヤジって罵倒してるわwww』
と思うぐらいで、別にどっちの味方でもなく、
ただただ面白いか面白くないかだけで
傍観決めてるんだけどな。

うーん、エンタメとしてはどうでしょーねーって。笑

 

少なくとも、最前線の東京パワーテクノロジーの廃炉基地周辺の様子を
見た感じだと、そんなに原発気に入らないなら現地行って見て、
廃炉作業に従事でもして来たらどうかな?と普通に思うのだが、どうなのかね。
なんか、友人からの話だと嘘か真か知らないが、
1日あたり日当8万円〜30万円とか言うのもあるらしいじゃないの。笑
一般ピープルだったら数日行けば生活成り立つんじゃねえか。
凄いね原発って。






東京オリンピックは東京人もあまり気にしてない。
むしろ恩恵に預かってる庶民が
少な過ぎるから話題にならん。

 

さすがに俺はこんな金額、そもそもカネの為に命削るとかは
つまらないので無いわーと言う感じではあるが、ちょっくら命削ってその目で見て、
身体と脳で体験してみたら、その反対運動の声にもリアリティーが出ると感じる。

 

で、TOKYOオリンピックなんかやってる場合か?!と言う人達もいるが、
いやいや、経済効果すごいよ、めっちゃ盛り上がってまっせ東京!
と、アベノミクスの円安効果と合わせて平成の世になって最大級に
激アツで楽しい雰囲気になってると思うんだけど、
どうかな僕と同じ昭和末期もしくは平成生まれ世代たち。

 

間違いなく、今後僕が生きてる間にこれ以上に沸いた東京、
いや日本を見る事はないんじゃないかと確信している。
今後『日本人だけの日本』で今以上って事は有り得ないでしょ。
東京オリンピックが最後の晩餐みたいなもんよ。しっかり堪能しときや!って。
確実にもっと外国人と共存した社会にならない限り、
今より超絶つまらない国になるので早めに日本以外での遊び場もつくらないと。

 

東京23区内に行くとホント、地方とは全く違う空気が流れてると感じるし、
その人間の多さ、エネルギーを感じるよな。
ワクワクドキドキしちゃうよね。

 

確かに東京にいれば、何か夢が叶いそうな気にはなると思う。

 

だからこそ、高度成長期に地方からはるばる電車でみんな上京して
初めて降り立つ『上野駅』から東京生活を始めたワケだろ。
ここがTOKYOか〜♪どんな未来が待ってるんだろ!?って。

今もあるよそれ。
間違いなく。

 

地方にいて、くだらない視野の狭い大人たちの説教と
己の田舎者価値観を子どもに押しつける親の元なんかにいたら、
人生凡人のまま、何のドラマも起きずに終わってしまうからね、
マジで一度は東京で暮らして、働いてみるのが一番。

 

東京はドライだけど、単純に実力がモノを言うからわかりやすい。
根回し、コネ、バックボーンがなくても己の力を試せる場所。
余計な横の関係は欲しけりゃあるし、必要なきゃ無くても進める。
自分らしく生きるなら日本で一番暮らしやすいのが東京ではないかと、
両方で住んでみてよく感じる。

 

東京で1〜3年ぐらい、職を転々としてもいい。
いろんな仕事があるし、いろんな経験したいなら
密度濃く時間を有効に使って経験が積める。
田舎だとダラダラと働いて、時間ばっかり奪われる割に得られる
経験もスキルも大した事なくて、時間対効果の効率が非常に悪い。
東京でバイト掛け持ちとかして1日20時間ぐらい働く生活を1年もやれば、
相当な引き出しを持つ事ができる。
何もやる事ない、やりたい事もない、
時間は腐る程ある、体力もあるような若い世代だったら、
間違いなく、夜の世界とかイベント設営やテレビ業界のバイトとか
やってみると出会う人脈も仕事の中で見られる環境も
とても刺激的でビリビリくるよ。生きてるわー楽しいわーって。
身体めっちゃ悲鳴あげてるけど、超絶眠い時に眠るの最高に気持ち良いわーって。

 

刺激があり過ぎて面白いし、寝てるのが勿体ないぐらいに感じる。
するとなんか知らない間に小金が貯まっていたりする。

 

働きまくっているとカネを使う暇がないから、
意外に家賃とメシ代ぐらいにしかカネを使ってなくて貯まる。






東京は遊びに不自由しない。
いくらカネがあっても湯水のごとく
使い切れてしまう『アビス』

 

それを軍資金に起業したり、種銭にして投資に回すのもいいけど、
東京で稼いだカネは東京の『あらゆる遊び』で使ってみるのも、
遊びでしか得られない経験になって良い。

 

とにかく遊び歩いてカネを使ってナンボ。使ったら使ったなりに学びがあるし、
損得勘定もできるし、モノやサービスの価値、カネの使い方もわかってくる。

 

チマチマ貯金してるぐらいなら若いうちは経験と感情を動かすモノや
サービスに使った方が後々、違うカタチになって返ってくる。

 

特に東京はレジャー施設やイベント、ライブ、オシャレでカッコイイ、
イケてる飲食店とかあるからね、毎日のようにどこかで何かしら起きてる。

 

何もない日なんてない。

 

くだらないなんて思わず一度行けば経験として話題の引き出しも増えていいよ。
女のコ受け抜群。

都心部に新しい商業施設がオープンしたらちゃんと一度は行ってみると、今の日本の最先端の流行や嗜好がわかる。
地方ではそーゆーのがまず無い。
寂れたカスイベントばかりで子ども騙しばかりで大人のエンタメが無い。
刺激ゼロ。

どうせ、東京の原宿とか青山辺りの流行りの飲食店なんて
1年とかで話題になってバーッと売って
サクッと閉店するビジネスモデルでやってるんだから、
流行ってる時にワー面白そう!ぐらいの気で行ってみると楽しめるかも。
東京に住んでても、毎日自宅と会社の往復だけで、
東京にいる意味のない人も多いと思う。

 

折角、こんな刺激的なエリアにいるのに、それを堪能せずに
ただ労働して貯蓄して、高額な家賃払って、その為に土日は寝休日にしてとか、
お前らそんな人生でいいのか?!と思うが、意外に多い。

 

地方から来た若い子達の方が東京都心について詳しいもんね。
東京人が東京タワーに登った事ない、東京スカイツリーの
展望デッキに登った事ないって人多いでしょ。
東京という街に人生を搾取されている者が多い中で、
実は東京という街を使って多くの人の人生を搾取している人もいるんですね。笑

 

夜の街を歩いているといろんな業界、それなりの肩書きのある人間たちの
会合が至る所で起きていて、ワァー黒い黒い。とか思うけど、
それ以上の闇が実は地方のど田舎の方があったりと、
都会が悪くて、田舎が良いとか幻想だ。






地方は聖人君子で心が綺麗な人が多いのか?
それは否。闇の深さは東京や都会よりずっと深い。

 

地方は目立たないから、目立たないところで悪代官がコソコソ悪い事しちゃうんだよね、昨今の地方議員や首長たちの体たらくを見てごらんよ。
言っちゃ悪いが言わないと気づかないようなので言うけど『ゴミ』だよね。
俺が『神の力』を持っていたら、正義を気取って私腹を肥やしたゴミは
『虫けら』に転生させるけどね。
そして社会的弱者である人間に踏み潰させて最高の痛みを味わわせて殺す。
それを終わる事なく永遠に繰り返すエンドレス地獄を。

 

日本政治と官僚システムが戦前戦後、高度成長期以降腐ったのは
地方が腐ったからだと考えてるけど、その腐り具合は半端ないよ。
地方議員っていつから名誉職になったの?笑

普通に都会の方が人間関係もサッパリしててビジネスもやりやすくて、
カネさえあれば地方以上に楽しい場所よ。

 

地方はカネがなくても生活コスト安く
済むぐらいの利点であって、正直ドンと地方で暮らすより、
気軽に行き来する『二地域居住』がオススメ。

 

あんまり地方でべったりしない方がいい。
地方移住ってのはどっちつかずぐらいが楽しめる。
実際、都会から地方に移住して本当に充実して
楽しんでる人っていないよ。

 

アレは痩せ我慢ね。やっぱ都会、特に東京は圧倒的に違う。
比べられないよね。
いくら自然たっぷり、食べ物美味しい。
健康的とか言うけど、その感動って結構長続きしないんですよ。笑
でも、一度行くぞって決めて来ちゃった以上、戻るに戻れないし、
カッコ悪いから『この新天地の田舎を楽しんでます、リア充です』
って思い込んでおかなきゃやってられないだけですね。

 

もうね『魔女の宅急便』の最後にキキが親に手紙に書いたセリフと同じです。

何と無く私は元気です。
楽しくやってます。
気にしないで。
と。
またまたムリしちゃって。本当の事言ってごらんよ。涙目。

 

確かに中途半端な都会、例えば『宇都宮』とか『前橋・高崎』とか『水戸』
みたいな規模の場所からなら田舎と比べてもメリット・デメリットも
どっこいどっこいかもだけど。
東京と比べるとちょっとメリットが少なくて、デメリット多いよなってなる。

 

まぁ、今回書いた事は一つ一つのテーマ分けしても、
数記事になっちゃうぐらいのボリュームになるので、
後日切り分けて深掘りしていきます。

それでは、皆さん人生を楽しみましょう!
世の中はエンターテインメントだらけ!
it's SHOW time!!

SHOWのYouTubeチャンネルもチェック!
チャンネル登録もよろしくお願いします!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です