〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

スポンサードリンク

アイテム エンタメ 未分類 自動車

リコール問題でSUBARUディーラーが瀕死になっててカオス。

投稿日:

スポンサードリンク

ディーラーてんやわんや。どんまいSUBARU。さぁ、次いこ次!

 

さて、この問題で一番とばっちりを受けているのは販売店であるディーラーだ。

 

僕は2014年にスバルでレヴォーグを購入したので、3ヶ月点検や半年点検、
1年点検など、新車購入すると都度、点検の為にディーラーに持って行く必要があった。
しかも僕の乗り方はシビアコンディションで年間に5万kmほど走るので、
新型車の初期型としては市場に出したサンプルとしては非常にデータ取り客として
有能に乗りまくったと自負しているし、実際にスバルのディーラーの営業マンやメカニックからは都度、
他のディーラーでもこの距離乗ったレヴォーグはありません。

ズバ抜けていると評価されたぐらいでした。

 

こんなにコスパの悪い乗り方はないなと思うほどに、結局は初回車検を半年残した2年半。

 

総走行距離95000km超えたところで売却したのですが、
中古車市場でも当時これほどの走行距離のレヴォーグは出回っていないので相場がない。
として値づけにかなり手間取っていたり、買取業車によってはその価格の幅がもの凄いあったりと、
新型車種を一気に乗りまくるとあまり良い事なさそうだなとはちょっとだけ思いました。
でもね、レヴォーグは間違いなくリセールバリューの良い車になると発売前のモーターショーで見た瞬間に思ったので、
最初から長期で乗って乗り潰す気はなく、そこそこの値が残る間に売却して現金化しようとは考えての事だったので、
時期的にも丁度良かったですね。

市場に中古レヴォーグが出回ってくると売却価格が当然下落するのですが、
まだ球数が少ない状況だったので、買取店もレヴォーグ欲しい欲しい状態でした。
すぐにでも売って欲しい的な事で価格交渉も結構やりやすかったですね。

 






激混みが常態化していた矢先の連チャンリコール。メカニック涙目。

 

そんなディーラーですが、レヴォーグを買った当時ですら、定期点検の予約が数週間先というのが普通でした。
それはなぜか?
急に売れ過ぎちゃったから、ディーラーの店舗数、ひいてはメカニックの数が大手メーカーに比べて圧倒的に少ないからです。

 

これって結構盲点なんですけど、そんな事ある?普通。と思うじゃないですか消費者感覚として。
言うてみれば車を作れるような企業ですからね、その後のアフターケアだって余裕でしょ?
と言う認識でいたら、あら大変。

ディーラーの工場は慢性的に混んでるのです。
基本的な車検対応、定期点検。これだけでそこにいるメカニックは総出で対応している状況。

 

この数年、インプレッサとXVとレヴォーグは毎月のようにアホのように売れていますから、
スバル車が出回り過ぎて、急に大きくなっちゃったもんだから、
顧客対応ができない状況が垣間見えていました。

 

 

事実、レヴォーグも何度かメーカー自主点検などでリコール未満の事がちょいちょいあり、
ハガキなどで通知きたら持ち込む前に工場が空いてるか予約するのですが、
数週間先まで予約いっぱい。なんでそんなに混んでるんです?と聞くと、
普通に『おかげさまで売れ過ぎちゃってまして、定期点検だけで毎日いっぱいになり、
そこに自主点検も入り、工場の処理力を超えてまして』みたいな事を答えてくれる。

 

嬉しい悲鳴だろうが、従来からのファンからしては面倒臭いメーカーになってしまったなと
ディーラーに備えられたコミック片手に無料のソフトドリンクをガブガブ飲んで、
客席から望めるメンテナンスエリアを見てはメカニック足りなさそうだなぁーと言う思いを感じていた。

 






さて、その事件後から1ヶ月のスバルディーラーを視察しに行ってみた。

 

そうして、僕がレヴォーグを売却した半年後に起きたのが今回の無資格検査というやつで、
タッチの差でスバル乗りでなくなったので今では無関係なのだけど、
2018年版のカレンダーは欲しかったので、年末にディーラーに『カレンダーだけください。できれば4つ!』と行ってきた!

 

すると、もうてんやわんやの営業マンとメカニックたち。

 

レヴォーグを僕に売ってくれた若い女のコ営業スタッフは寿退社で、
この問題が起きる直前に辞めてしまったのだが、
残った営業スタッフはもう顧客対応に追われている様子だった。

 

特に僕のタイプだと昔からスバルの車種を乗ってて、スバル車の故障のクセとか、
雰囲気等もわかっているので、アイサイトがなかろうが、
安全性を担保されてなかろうが、ちゃんと減速せず高速走行のままカーブに
突入してもステアリングを切れるあの安定感さえあれば良いわ!という気なのだが、
安心と走りのスバルとかいうイメージブランディングCMに踊らされて騙されて購入した新規層は激怒する奴も多いらしい。

 

正直、メーカーの不手際に販売店はどうしようもなく、詫びようが何しようが、
メカニックの数は決まってるし、メンテナンスエリアの広さも決まっているしで、
精神的に参ってしまう営業もいるだろうなと。

 

俺からすれば、いやいやスバルって元々こーゆー企業ですよ、
自分の命は自分のテクニックで守るしかないんですよ?笑
大丈夫です、アイサイトを稼動させてぐっすり眠ろうという気がないなら、
ちゃんと死ぬ直前までステアリングを握ってましょうと。

 

アイサイトはホント快適過ぎて、高速道路で眠くなっちゃうんですよね。
よくできてますよ。まぁ、ステレオカメラで制御してるんでフロントガラスが曇ったり、
雪が積もったりしたら、人間の目と同じなので無力化されますけどね。

ミノフスキー粒子が濃いぞ!と思う程にレーダーが働きません。
艦長!目をやられました!と言いたくなります。





次のページへ >

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-アイテム, エンタメ, 未分類, 自動車
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.