〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

スポンサードリンク

エンタメ カルチャー ライフスタイル

MEN'S TBCに行ってみたら売り込みにドン引きしたので共有してみる。

投稿日:

スポンサードリンク

こんにちは!

 

ついに2018年も5月に突入です!

 

今年は首都圏では3月下旬も早々にサクラが咲き誇ってくれたので、3月末には上野公園ですらもう散りまくっていたのですが、
福島県の標高高かったり、寒いエリアは丁度今が見頃ですかね!

 

さてさて、常日頃から人間の心理模様を観察するのが好きで敢えて怒らせてみたりカマかけたり、
陽動かけたりしながら『人間の感情』とは何かのデータを取っているSHOWです。

 

今回ターゲットとしたのは脱毛などのエステサロンを展開している『エステティックTBC』。
その中でも男性に特化した『MEN'S TBC』に行ってみたので面白おかしくレビューしてみる。

 

まず、30歳代になり、若干ながら髭剃りでカミソリ負けをする肌に成り下がってしまった僕の皮膚ですが、
流石に60歳まで生きたとして髭剃り業務を残り30年もやるのはちょっといただけないなという事を25歳ぐらいの頃から考えておりました。

 

でも、日々脱毛に通う友人や知人の女性たちに根掘り葉掘り、女子のムダ毛処理及び脱毛の真実を聞いてみると、
なんだかんだで結構なカネがかかるとか、何度も通い続けなきゃならんとか、予約が取れないとか、
もうマイナスなイメージしか出てこなかったので、強靭な肌を持つ僕としては、まぁいずれ必要に迫られたらやりますかぐらいで保留にしていた。

 

だがしかし、意外に首回りや喉仏あたりは剃り残しが出やすいので、入念に何度も刃を当てる事となり、
風呂上がりになんとなくヒリヒリ感が残るなぁーと感じ始めるようになったのが1年程前。

 

2〜3日に1回の頻度で剃るのだが、これがとても面倒でならない。昔は3ヶ月に1度で良かったのに。

 

そもそも、僕は高校生ぐらいまでは毛とはほぼ無縁の生活で、
アンダーヘアーも中学1年生ぐらい半ば頃まで生えてなかったぐらいに髪の毛は
フッサフサというか直毛なので硬く太く多くという感じで、
それ以外の毛は全く薄かったので、髭剃りなんかは自分で買って使い始めたのは20歳頃からだ。

 




ムダ毛処理という概念はなかったがモノは試しだ。いっちょチャレンジッ!

 

周りの友人たちが中学や高校時代に髭剃りでの肌荒れを気にしていた頃、
僕はほぼ顔に刃物を当てる事がなかったので、肌が綺麗とよく女性に言われます。

 

学生時代にニキビなどにも悩まされた事も無いしで、肌については当時は何も考えなかったが、
親からの遺伝なのか知らないがカネのかからない肌で良かったなと今では思う。

 

やはり成長期に肌に刃を当てない時間が長い方が、
20歳以降もそこそこのツルリン肌でいられるのだろうか。

 

歳を取ってからこそ、女性は特に男性の肌をよく見ているようで、
学生時代より25歳を超えたあたりから、余計に同世代や歳上の女性に
『肌綺麗だよね』とどこへ行っても言われるので、そうゆうもんかーと。

 

特に日焼け止めとかする訳でもないし、通常の夜の風呂での洗顔と風呂上がりというか
髭剃った日の保湿ぐらいしかしてないですけど。

 

実際、18歳頃から急にヒゲ以外の体毛がしっかり生え始め、
むしろ薄毛だったはずが、逆にアゴヒゲから胸毛からギャランデューまで
身体の正面に綺麗に一本、そして胸毛から乳首に向かって横に一本と『十字架』を描くかの如く
生えるに至ったので、人生何があるかわからない。

 

これは恐らく中学〜高校にかけてセックスのし過ぎで男性ホルモンが増加したかではないかと推察している。
それが一気に20歳前後にかけて『毛』として覚醒したとしか思えない。

 

だからヤベェなと。男性ホルモン増え過ぎて女性ホルモン減ると頭がハゲて、
マジで『絶倫ツルピカ野郎』になってしまうじゃねえかと20歳代に髪の毛の生命線を心配した。

 




脱毛サロンって今や多くの男性が利用している真実!?

 

そんな中、2〜3日に1回の髭剃りでもヒリヒリ感が出始め、
おやおや、僕の肌も30歳代を前にして弱体化してきましたか。

 

そろそろ頰や首回りは脱毛してしまうかのう。と考えていたが、さて脱毛サロンとやらは近年、
美意識の高い男性にとても流行っているらしく多くの店舗があるそうだが、技術力に差があるようで、
永久脱毛にならない場合もあるとネットレビューで書いてあるじゃねえの。

 

じゃあ、どこにすりゃ良いんだ!?って事で、やはり歴史の長さから技術力やその脱毛マシーンの開発力は
他を圧倒しているらしい脱毛サロン大手『TBC』系列の『MEN'S TBC』に体験入学ならぬ、
良くあるキャンペーンセールという名のいつもセール期間じゃねえのか?という公正取引委員会も
黙っちゃいないギリギリラインで、新規会員を獲得している体験コースに行ってみる事にした。

 




次のページへ >

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-エンタメ, カルチャー, ライフスタイル
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.