こんばんは!

3年半程前に、ちょっくらガチの手錠をかけてもらったSHOWです。

 

人生はエンジョイしなきゃ生きてる意味も価値もないという事で、
日々楽しい事を求めてる僕ですが、何も誰かに構って欲しい、
遊び方を教えて欲しい訳ではなく、自分が興味を持った事を
ただ真正面からやってみようというのが一つの醍醐味です。

 

日本人の9割以上の人は逮捕された経験がないので、つい逮捕状だの持って
私服警官が自宅にやってくるとびっくりしちゃう人が多いと思うのですが、
己の信念に基づき隠し事なく堂々と生きていれば恐れる事はありません。
警察官も人間であり、あくまで雇われているので、
自身の正義を貫く覚悟があるか否か
対象者に対しても正義と覚悟のレベルを推しはかりながら会話をしてきます。

 

僕と話をする場合、中途半端な理詰めでは逆に突っ込まれてしまいます。
最初はフレンドリーに聞き流してやってる事も、しつこいのは嫌いです。
なぜ嫌いかと言えばもちろん、しつこいのは時間の無駄で面白くないからです。

 

同じ話は二度しなくていいよってヤツで、一度聞けば言いたい事はわかるからであり、
『もう一度その話に戻すの?おバカなの?意味ないよ、同じ事答えるの?笑』
となるので頭の悪い公務員は嫌いです。
賢い公務員は好きです。国家公務員はランク訳されてるから頭の良さが判別しやすくて良いですよね、ただ会話の節々にインテリ感を出してくる人は損してると思う。

それにより一般人は賢そうな人に勝手に壁つくってるからね。

 

これは警察官でも消防士でも行政職員でも、国家公務員でも同じですよね、
相手の心理を読みつつ、自ら話したくなるように、聞き上手でなきゃいけない。

 

会話がキャッチボールのように、卓球のラリーのように意気揚々と
楽しみながら進むからです。

 

これは良い話だろうが悪い話だろうが、
重要なのは面白いか面白くないかなだけです。

なので、ユーモア溢れるトークセンスある実況検分とかはノリノリで
『サクッと終われせようぜ!時間は最長で30分でいいかな?』

という感じでこちらからリードしようとするのを
『いやいや、ここ警察署だからね、こっちが仕切るから。笑』
みたいな返しができる粋な警察官だと、最後はなんか良い感じに戦友な雰囲気出しつつ『また来るよ!』と言いたくなってしまうんですよね。

 

下手なヤツと話していると、こいつマジで女性にモテないんだろうなぁ〜
ただのマニュアル通りに動く、ロボットでも代わりの効く将棋の『歩』キャラか。
前進だけなら特にマイコンとか積まずともモーター駆動だけで事足りちゃうぞ。
『いいのか?君。前進だけで本当にいいのか?笑』と聞いてみたらちょっと困ってた。

 

せいぜい、『と金』になれるようにひたすら言われた通りに
黙ってコツコツと前進していれば良いのだが、

『俺の前には現れないでくれ、君と話している時間はないんだ。』

とつい言ってしまうので、たじたじになりながら長年やってきたベテラン警官がやってきて、これでようやく序章が始まる。
物語にはプレオープニングがあった方が盛り上がる。






... "めっちゃポジティブで前向きな『逮捕』を経験して視える事。" を続けて読む

こんばんは!

 

24歳の時に個人事業から創業して、
その1年半後、株式会社に法人化して今に至るSHOWです!

 

さてさて、起業だ創業だベンチャーだ、スタートアップだと昨今、
日本は廃業率に対して創業・開業率が低下していて、
この先どんどん企業の総数が減っちゃうぜ、
雇用が減っちゃうぜと全国どこもかしこも起業支援ブームですね。

 

小中高じゃなぜか、ビジネスや経営の授業がないのが不思議なんだけど、
なぜみんなサラリーマンになる事を前提で『商い』の学習がないのですかね。

 

だって、昔の日本ってサラリーマンの方が少なかったはずでしょ。
武士とかみたいな雇われじゃない限り、
みんな何かしら自分でモノやサービス売ったりしてたのになぁ。

 

・銀行に行ったらこうやって事業融資を受けるんよ。
・請求書っていうのはこうやって作るんよ。
・仕事してもすぐにお金が入ってこないビジネスをやる時には
キャッシュフローに気をつけて、資金繰りを考えて営業しないと黒字倒産するんだよ。となんで、ただの1年でも教えてくれないんですかね。

 

大人になってから急に起業支援とか言われても、
ほとんどの人がどうやって起業するのよ的で、
もうめちゃくちゃ下調べした上で結局自信ないし、
失敗したら首吊らなきゃならないからやらないという考えで、
結果起業って実はそれほど増えてないんだよね。

 

で、そんな中で、起業セミナーとか今じゃ全国の自治体の商工会や商工会議所とか
外部の民間団体とかでもやってるけども、そんじょそこらじゃ教えてくれない
起業の面白いリアルトークをしてみよう。

 

みなさま、このブログを読んでらっしゃる方はそろそろお気づきかと思いますが、
知っての通り、中学、高校時代から『女のコの裸とバイクと起業』の事
しか考えてなかった俺としては、高校卒業と同時の2006年に会社法ってのが変わって『株式会社』を資本金1円で作れるようになっただけでもナイスタイミング!
日本で起業するには追い風じゃないか!と。

 

株式会社って1000万円の資本金が必要だったからね、稼いで貯めるか、
どっかでカネ持ちのオッサン探して出資してもらうしか作れないじゃんよって
高校時代どうしよーって思ってたけど。

 

(有限会社なら300万円で作れるけど、じゃあ個人事業でもいいかなーとかね。
でも法人じゃないとなんか会社感ないなぁーってカタチにこだわりたかった。)

 

起業ブーム再燃か!?と思ってワクワクしたもんですが、
そんな起業ブームを利用した悪魔のビジネスがたくさんあるのをその後に知る事になるのである!!ドドンッ!




... "起業すると色んな悪いヤツらが寄ってくるッ?!" を続けて読む

こんばんは!

2017年も10月末ッ!
ハロウィーンですね!

今年はなんかあんま盛り上がってないようで、
日本人はちょっと無理してここ数年頑張って盛り上げてた感。
疲れちゃったからトーンダウンって雰囲気ですかね。笑
秋から年末のこの雰囲気が大好きなSHOWです!
今年もあと2ヶ月!!
一瞬です!

さて、今年は2年に一度の車の祭典、展示会。
東京モーターショーが開催される奇数年。

 

前回はこのモーターショーのプレビューデイのチケットを買ってみたよと言う記事でしたが、
今回は行ってみたよと言う感想を伝えつつ、これからの自動車業界に素人ながらクルマファンとして物申してみようと筆をとります!

さてさて、10月27日金曜日という事で一般公開の前日です。

 

一応、プレビューデイは2万人限定チケットという事で入場制限かかってる状態だから空いてて観覧しやすいよという話で通常の倍以上の価格である3500円なんですね。

 

さて、本当にそうなのか。
一般公開日は朝からオープンですが、このプレビューデイは12時30分からの入場という事で行ってみたら、もうね激混みです。

 

この青空の中、直射日光のもとで何分待たせるのかも教えてくれずに、
手荷物検査等で時間がかかりそうな雰囲気を滲ませてるので、
並ぶのはないわーという事で国際展示場駅方面にUターン!

 

いいや、1時間ぐらい経てばスムーズに入場できるっしょ、別に1番に入る必要もないんでカフェベローチェでお茶でもしますかと急遽ティータイムに変更ッ!

カフェベローチェでロイヤルミルクティーとピーナッツサンドと
苺ジャムサンドを堪能しながら、Twitterでモーターショーの
リアルタイム情報仕入れて、頃合いを見て13時過ぎに突入を決行ッ!

 

あれだけいた人たちがほとんどいなくなっていて、
待つ事なくサクサクっとQRコードのチケットをスキャンしてもらって入場完了。

 

さて、ここからはリアルタイム中継ならぬ、ライブ配信をしながらスマホ片手に歩いて実況中継しながら行こうか!

という事で、『SHOWROOM』アプリを立ち上げて場内の所感を
そのままライブ感満載で1人語りながら歩き回る。




... "東京モーターショー2017 プレビューデイを楽しんできた。" を続けて読む

こんばんは!

綾野剛が悪役やってるとつい観たくなってしまうSHOWです!

 

つい先日、平日夕方にちょっとスキマ時間があったので、その時近くにあった
『イオンシネマ福島』っていう映画館に行き、劇場予告観て面白そうだなーって
思っていた『亜人』を観てきた。

 

この作品は漫画原作なのだが、俺は全く知らず、先入観なし、
予備知識なしで観たが、まぁ、その世界観というか作風は最初の数分で理解し、
わかりやすいアクションエンタメとして楽しめた。

 

本作のキモは『死ぬ事がない』亜人によるバトル。

 

死なないので緊張感がない。というか、一応殺されても再生して動けるように
なるまで多少のタイムラグがあるので、その間に捕縛されたりする弱点もあるが、
死んで再生すれば他の怪我なども全回復って事、
知能戦的にその死なない能力を活かしたバトルが見所になっている。

 

悪役は綾野剛城田優

 

もうね、この悪役ありきの作品だと思って間違いない。

 

最高のスパイスになっていて、いかにこの悪党が微塵も同情価値がないような
徹底した悪になれてるかが重要なんだけど、ちゃんと綾野剛が主人公の佐藤健
食っちゃうぐらいにアクの強いキャラを演じている。

 

兎に角、主要男性陣がこれでもかというぐらいにイケメン揃いの本作。

 

玉山鉄二とかも久々に見たなーと思いつつ、よくよく考えたらみんな、昔の戦隊モノや仮面ライダーたちじゃないか!?と思ったりしてワクワクした。




... "映画『亜人』を原作知らず目線でレビューしてみた。" を続けて読む

こんばんは!

90年代ソングがこの10年間ドライブミュージックのSHOWです。

 

段々と新曲に興味がなくなり、やっぱ90年代の歌が最高だよなぁ〜と
昔の歌ばかりチョイスしてる自分に気づく時、老いは始まっている!

 

2007年頃までは特に90年代の歌と言っても、
たった数年前まで90年代だからと言えたが、
流石に2017年にもなると20年近くも前の時代になり、
若い大学生ぐらいの年齢の人からするると、
そもそも90年代の歌なんて化石だよね。って扱いだろうと。

 

俺自身、10代の頃に70年代後半や80年代の曲を歌う親を見て、
随分と古い歌謡曲だなぁ〜なんて思っていたりもするけど、
実際ミーハーな親によって90年代の曲を聴かされまくって
脳内に刷り込まれた88年生まれとしては、幼稚園、小学生の時から
小室ソングに始まるavexのダンスミュージック系やDEENZARD
言ったビーイング系、その他ヴィジュアル系バンドやロックなどの
今でいう懐かしの名曲を選曲したくなる。

 

何より90年代は幅広く音を楽しめる時代でもあったし、アーティストのレベル、
プロモーションビデオのクオリティーなども含めてプロフェッショナル感と
テレビ等の業界がまだまだ世間一般からは遠くて夢のある
華やかな別世界感があった。

 

この90年代半ばに中学生、高校生だったであろう、
80〜84年生まれぐらいはまさにドンピシャ世代なんだろうという事で、
ちょっと年上ぐらいの層とカラオケに行けば、
それぞれが歌う曲がどれもいいねいいね状態だろう。

 

2000年代の歌ももちろん出てくるが、2007年ぐらいを境に
その先の曲がめっきり減ってくる。笑






... "カラオケでオジサン化してきたなと自覚するポイント。" を続けて読む

みなさん、こんばんはッ!

 

SHOWです!

 

昨年、とある限界集落の村長選挙に出馬する動きに出てから
早くももう1年も経つので、当時の様子を客観的&主観的にまとめると同時に、
主にこの選挙システムの不完全さについて考察してみようと思います。

 

今だから言えるあんな事、こんな事。
必殺技は一番『効果はバツグンだ』になるポイントで使う事で
本当の威力を発揮できるものです。
(初代ポケモンの時はエスパータイプ最強説があったのも、
この効果がバツグンになる決定打なる技がなかったからだもんね。)

 

さて、それでは当時の新聞記事を見てみましょう。

 

2016年9月17日『新人・篠木氏と高橋氏が出馬表明 葛尾村長選、説明会に出席』(福島民友)

 

2016年10月13日『「葛尾村長選」無投票か 13日告示、高橋氏が出馬取りやめ』(福島民友)

他にも『葛尾村長選挙 髙橋翔』などネットで検索して調べると色々出てくるので詳しく何してるか興味ある場合にはワード検索してみると良いですね。

 

さて、2016年9月16日に福島県の葛尾村という小さな自治体では
『村長選挙立候補予定者説明会』があり、この数日前に前村長が任期を
終えて次期出馬はしないという意思を表示していたので、
次期候補の選挙は新人戦になるコトが想定されていました。

 

ちょっくら村の話題作りと滅びゆく限界集落の悪しき習慣を破壊する為、
他のやる気のある候補者がどれだけいるのか、
この自治体は生きる気があるのか確認したいなと参加してきたんですね。

 

当然、誰にも言わずに突如として立候補予定者として朝一番でやる気満々で
乗り込んでみたら、他の候補者はおらず俺一人。






... "地方の選挙システムの実態と選挙出馬の現場裏を語る。" を続けて読む

1

こんばんは。

幼少期から戦隊モノやロボット、怪獣には興味なく、
ミニカーや自動車にしか興味なかったSHOWです!

 

さてさて、隔年開催されている東京モーターショーについて今回は雑感を。

 

今回の『東京モーターショー2017』は10月27日から開催されるという事で、ゆったり鑑賞する為に、とりあえず27日のプレビューデーのチケットを購入してみた。

一般公開日で混んでる時に行くの嫌だから空いてて、
写真も取りやすい、じっくり見られる環境がいいからな。

 

前々回の2013年の『東京モーターショー2011』から幕張メッセではなく、
東京ビッグサイトに開催施設が変更されたが、確かにアクセスは良くなった。

 

メリット、デメリットはある。

メリットで言えば首都圏から近いので公共交通機関でのアクセスが楽という点。

逆にデメリットはやはり幕張メッセに比べて狭い。こじんまりした感じになる事。
どうしてもビッグサイトの東と西に会場が分かれてしまうので内部での
移動が面倒臭い。

 

幕張メッセのように横続きに歩いていける方が楽。

 

あとは公共交通機関ではなく車でのアクセスがとんでもなくダルい。
東京ビッグサイト周りの駐車場は軒並み激混み。

 

前回の時には、モノレール駅の隣駅のテレコムセンターに車を停めて、
モノレールでビッグサイトに向かうみたいな事をした。

何これ。めんどくさ。

もちろん、最初から公共交通機関で行けばいいのだが、
前回は都内を車で移動中、隙間時間ができたから直行したら、
案の定停めるとこなく1時間ほど、ビッグサイト周りをたらい回しになった。




... "東京モーターショー2017までもう少し。クルマって相棒か。ただのモノか。" を続けて読む

こんばんは!

今日から9月ですねー2017年も残す所4ヶ月!
暑い夏も終わりゆくと寂しくなるSHOWです!

そんな中、本日賑わうエンタメ話題として、
女優の武井咲氏とEXILEのTAKAHIRO氏が結婚するというニュース。
そりゃyahoo!トップやTwitterで上位にきますわ。

 

この手のカップルの中ではひときわ異質な驚きネタで、
芸能情報やゴシップネタが好きな人にとっては沸いたのでは?

 

武井咲氏といえば、この夏クールにて『黒革の手帖』で主演を務めて、
今までの清楚、良い人役と違うジャンルの悪女役にハマっているタイムリーな中で、
まさかの妊娠3ヶ月という美少女発掘の芸能事務所オスカープロモーションも
よく許したな系のネタ。

 

さてさて、そんなゴシップのネタにはそんなに興味がない俺としては、
むしろこの手の恋愛禁止系の昨今の若手アイドル、女優、タレントの
恋愛禁止宣言に違和感を覚えるという事で。






... "キャバクラにハマるのはどんなタイプの男?キャバ嬢の真実。" を続けて読む

どうも、SHOWです。

話題というか、

メディア側が第二の『君の名は。』を意識しまくって、ヒットを狙ってきてるなぁ、

市場側も『君の名は。』的な感動チックな青春アニメを期待してるなぁ、

という雰囲気ありありの『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を、

公開2日目にして、真昼間にイオンシネマにて、+500円の『GOLD CLASS』席でゆずジンジャーソーダを片手にソロ鑑賞してきましたッ!

 

さて、僕が鑑賞する前の段階で既に、Twitterや映画レビュー等ではかなりの酷評がされていたので、もうワクワクしながらどれだけ落胆させてくれるのか楽しみにしていたのですが、そんなでもなかったというのが僕の意見です。

 

まず、ストーリーの大筋は単調で、タイトル通り、『打ち上げ花火って爆発する時、丸いのか?平たいのか?』という中学生の素朴な疑問を検証する為に、この日の夜に行われる花火大会をみんなで観に行こうぜ。

 

検証する為に下から見るんじゃなく、灯台に登って横から見ようぜ!という話です。

その時に、この及川なずなというキャバ嬢風orビッチ風ヒロインが、
主人公の島田典道安曇祐介というクラスメイトの男子を誘うという事になります。

観ようか観るまいか迷ってる人はまず下記、一読あれッ!






... "『打ち上げ花火、横から見るか?下から見るか?』をドラマ・原作知らず目線でレビューしてみた。" を続けて読む

2

どうも、こんばんは!

 

いつも楽しく読んでいただけありがとうございます。

 

安定的にパフォーマンスを叩き出しております。
引き続き、SHOWのエンタメ地方移住譚の応援を宜しくお願いしますね!

 

そんな事で、本格的に梅雨になって、雨天や曇天が続くので、こんな日はブログでも書いて、脳内の情報整理でもしましょうというスタイルを貫くSHOWでございます!

 

それでは今回は、2017年4月に本ブログで『カシャカシャビジネス』について掲載した件で、カシャカシャビジネス運営会社からクレームとブログ削除依頼の連絡がサーバー会社を通じて来たという事についてお話しましょう!

 

 

まずはこのカシャカシャビジネス云々の件についてお初の情報だという方は下記リンクをクリックして、4月20日に自身で検証してみたので情報弱者な被害者が増えないようにする為、オープンソース化した記事ですので読んでからこの先をご覧ください。

カシャカシャビジネスという怪しいネット商材について調査してみた!

 

さて、4月20日に記事を公開した後、4月24日には早速、本ブログサーバー会社よりメールにて連絡が入りました。

通称『侵害情報の通知書 兼 送信防止措置について』ってやつです。

 

まぁ、僕の綴るブログが公開されると都合の悪い個人や企業・行政が多いという事です。

それだけオモシロ体験とノウハウが詰まっているという事なのですが、都合の悪い方々からすると邪魔な存在でしょう。

 

世の中、ブラックな事が多いワケですが、この程度のテキストでぶっ潰されてしまう脆弱性を孕んでる人や企業は滅んで当然だと思って、もっと誠実に生きる事をオススメしたいですな。

 

 

という事で、そのメールにはどう書かれていたか。
みなさんで見ていきましょうッ!!






... "カシャカシャビジネス運営会社が我がブログ記事の削除依頼してきたぞ!!の巻き。" を続けて読む