こんにちは!

今日から12月です!
クリスマスも近づきパワー全開になるSHOWでございます。

2017年も終わりですね!

 

思えば今年は20歳代最後の年という事で色々とやってみました。

 

春先にプライベートで娘が産まれるにあたり、
その前に西日本を旅してこなきゃという事でガチプライベートで、
娘を身籠った臨月の嫁様をおいて1人車で西日本を四国やら九州やら弾丸ツアーしてきたり、
19歳の時以来の10年ぶりにトレードマークのツンツンヘアーからパーマを
かけてみたり、口座差し押さえられてみたり、裁判所から訴状が届いてみたり、
イベントが盛り沢山で日々、飽きずに毎日をエンジョイしております。

 

さてさて、毎年去年の同日と同じ事はしていたくないというスタンスにより、
起業するまでも毎年違う会社にいたり、住まいも更新する前に引っ越したりと
常々環境を変化させておくのが当たり前になっているのを、
起業してからはさらに加速させてきた感じでやりたいようにやっております。

 

むしろ、自分で経営する事で仕事の内容もいつもやってるものだけでなく、
違う新しいものにチャレンジしてみたりと飽きない仕組みにしています。

 

そして大事なのが仕事を通じて多くの人に出会い、
客観的に他人の人生を見たり、
仕事を通じて様々な土地に移動する事で、
わざわざ休日だから遠出するみたいな
くだらないノリにならず、空いてる期間中にその行きたいエリアで
仕事を発生させて、行って楽しむというのを日常にしたいと考えていたので、
とりあえず考えたイメージ通りにはなってます。

 

暇を持て余すと本当にどこにでも自由に行ってしまい、
落ち着きがなくなってしまうので、一応家族を持ち、
ちゃんと労働はするようにしていますが、その敢えて制約を設ける中で最大限、
己の思い描くライフスタイルを構築して楽しんでいますが、これが実に面白い。

 

時間もカネもいくらでもある状態とは違い、頭を使い、身体を使い、工夫しながら、
今ある環境をいかに楽しむか、楽しめる感受性豊かな己で在る事ができるかを
人生観の主軸においているので、基本つまらない、なんか面白い事ないかなーって
暇になる事はないですね。
常にやりたい事で満ち溢れてるので、今の所、世界の崩壊を望んだり、
暗黒魔界の王になりたいなとかはないですね。




... "起業してから5年。あと3ヶ月で30歳。さて次の10年は?" を続けて読む

こんばんは。

つまらないのが嫌いで面白いのが好きなSHOWです。

 

基本的に面白くない人とは一緒にいないのが人生をより楽しく生きるコツだと
信じてやまないのですが、敢えてつまらない人間ともつき合ってみる時間を
作ってみるのも一興かなと20歳代は様々なタイプの人と時間を過ごしてみました。

 

さて、面白い人というのは一緒にいたり、話をしていて、
僕が知らない事や経験を聞かせてくれる人、
一緒に同じ目標に向かって語り合い、
不毛な話で終わらず実行に移す具体的な
キャッチボール的な会話、ラリーが続く人。

この時、会話のスピード、テンポが遅い人とはちょっと話が合わない。

 

というのは一つひとつの発言に考え込んで止まってしまう人だと、
もうリズム感がなくて厳しい。会話にはタイミングやリズムがある、
そこを外してしまう、もしくは質問した事に何も応じないなどの
タイプの人間とは話をするだけ時間のムダになる。

 

時間のムダで済めば良いが、気分も害する可能性すらある。
当然、リズムは人それぞれ違うので合う合わないは当然ある。
気分を害するようなヤツと一緒にいる時間は極力減らそう。
我慢しちゃあいけない。

 

お前と一緒にいると反吐が出そうだと目で訴えかけて、
次回は無い!という顔をしてオサラバしよう。これで快適ライフが始まる。
問題はそんな合わない人と我慢して一緒にいて話を合わせなくてはならないのか?
という事であり、早い話が特段、長い人生において重要度、
優先度が低ければサクッと距離を置くのが良いのではないかと。

 

なんとなくのお付き合いや、惰性で何かの会合に参加し続けるのは
貴重な時間を失う可能性が高い。
起業あるあるなのだが、なんか『お仕事欲しいです』ムードで
異業種懇談会やら様々な商工団体の懇親会に参加しているケースについて疑問がある。






... "人生の時間は有限。人脈は広げるべきか、掘り下げるべきか。" を続けて読む

こんばんは!

SHOWです!

 

最近、自殺願望者をまとめてエグゼキュートしたサイコパスが
神奈川県の座間市にいた事件
が起きて、マジで詳細が明らかになる程、
気持ち悪さが増すので知り合いの中にはそのニュース情報でかなりグロッキーになってたりと社会を震撼させてますよね。

 

まぁ、Twitterなんか見ているとFacebookなどのSNSとは違い、
自分の趣味嗜好の人間をツイート検索して見つけてフォローしたりしているので、
悪用しようと思えば結構できちゃいます。

 

何せ、情報弱者が他人のツイートに影響されまくってくれるワケで、
顔も素性も明かさないユーザーに対して、教えを乞うような形で、
先生や救世主扱いしてるんだから。

 

ちょっと発信力があったり、バシッと己の意見を持ってるユーザーが
それっぽい事をツイートしまくって、そこそこのフォロワーがいれば、
素人の情報弱者からしたら、それだけで信用に足る、
教えを乞う存在として崇めてしまうよな。

 

そもそも、俺は自殺、自死願望がまるでないので1人で自ら死に場所を
探すなんて事はない為、まるで自殺願望者に対して共感力ゼロなんだけども。

 

誰かと一緒に死にたい感じなの?
誰かに殺して欲しい感じなの?

 

なぜわざわざツイート見て、ダイレクトメッセージ送って、
死に方聞いたり、死に場所教えてもらって、会いに行くのかな。

 

不謹慎な話、もう死ぬ気であったなら特に現世に未練などないから、本望だったのか。
逆に恐怖を感じて殺される直前に生きたいと思ったのかはもはや誰にもわからない。

 

しかし、この事件の重要な事は、今この時に死にたいと思っている自殺願望者
とやらが、Twitterで死に方聞いてホイホイついて行ってしまうとバラバラに
されてヒトの形を残さずに誰が殺されたのかも特定できない状態でこの世から
消されてしまうから気をつけろや。って事であり、自殺願望者のその願望は
利用しようと思えば、サイコパスにとっては絶好のカモであり実験台と
見えたのではないのかと思う。

 

僕は福島県に住んでいるから、福島県の女子高生までが被害者になっている
可能性があるとちょっとマジかという親近感めいたものがあって、
余計に気持ち悪いんだけどさ、群馬だの福島から女子高生がわざわざ
神奈川の座間まで行くって余程だよ。もうガチで死ぬ気だとしか思えないけどね。
たとえ殺されなくても、相手が男だとわかっていたならレイプぐらいは
されて山に捨てられるだろうと言う想像力はあるだろうに。

 




... "ニンゲンはそもそもなぜ自殺願望を抱くのか。" を続けて読む

どうも。

 

いつも出だしが『こんばんは』で始まるからか、
なんだか夜行性みたいに思われてるSHOWです。

 

基本的に夜行性ではありません。
朝型です。モーニングです。イブニングでもアフタヌーンでもありません。
でも、10年ぐらい前までは結構夜更かしメインの生活してました。

 

小学校高学年ぐらいからは深夜アニメとか深夜のちょっとエッチな番組とか面白くて、
早くても深夜1時や2時の就寝というのが当たり前、中学生ぐらいでは結構なテレビゲーム好きでもあったので深夜3時とか4時とかまで毎晩夜更かしをしていたぐらいに夜の方がテンション上がるわ〜むしろ絶好調♪的なノリでした。

 

俺が中学1年生ぐらいまでは深夜0時を回ると途端にテレビ番組もエロ要素があったから夜のテレビはワクワクしていたのに中学2年生ぐらいになるとほとんどなくなった。
おっぱい好きを高々と論じていた俺としてはおっぱいを見る環境が極端に減ったなとガックリ。

 

しゃーないテレビじゃなく彼女つくってリアルで見るしかないかと方向転換したのもこの時期。

 

話は戻り、夜更かしって何が面白いかと言えば、
深夜って静かで集中力が増すんですね。

 

まぁ、それは早朝でも同じなので今では先に寝てから
早朝に起きて活動する方向に転換したのだけど。

 

兎に角、睡眠時間が短い事は素晴らしく、1日の時間をフルで使えて長く感じるわー
というのが当時の持論ではあったので、中学生〜20歳ぐらいまでは朝帰りとかが
普通だったが、やっぱり朝帰りしてから昼までガッツリ寝たりすると
超絶贅沢な気分で気持ち良い。

 

しかし、なんか昼から活動すると物凄い損した気分になって、
なんだかこれじゃ前日は長かったけど、今日は短いんじゃねえの?
それじゃプラマイゼロもしくはテンション的にはマイナスの方が
強くて損した気分になるなぁ〜となり、逆にサクッと寝ようと。

 

まぁ、16歳ぐらいからはテレビゲームやらアニメとも縁遠くなってしまったので、
夜更かしをする理由がガラッと変わり、しかも生活スタイルも学校が終わった後の
夕方5時から夜10時まではバイトを平日毎日していたから、
深夜からが遊びの時間だった訳で、当然その時間から普通に4〜5時間放課後
気分で遊んでいると、ちょっと夜が明けてくる時間になり、
よく担任教師と『1日ってなんで24時間しかないんですかねーおかげで睡眠時間が毎日3時間ぐらいだよー授業中眠っちゃうよね!テヘペロッ!』と雑談した事があった。

 

その時、担任の教師から言われたのは『俺もなんで1日48時間ねえんだろうなと思ってる、大人はもっと時間に追われてるぞ。お前の年齢の時はもっとちゃんと寝とけ。』と。

 

という事で、2003年当時ネットで調べた訳ですよ、
睡眠の質を向上させて短時間睡眠でエネルギーフルチャージできる方法を。

 





... "物言わぬマジョリティーになるか。物言うマイノリティーになるか。" を続けて読む

こんばんは!

 

綺麗で可愛い女のコとあんな事いいな!できたらいいな!
と毎日豊かな妄想にふけってるSHOWですッ!

 

日々ラブ&ピース、な気分で絶好調ですね!
さて、この10年ちょっと社会人生活をしていて、
よくよく思うのは世の中の男たちの軟弱ぶりがひどい件について。

 

僕の昔からの同級生にも多いので、もはや世の中どれだけ疲れちゃってんだよ、
大丈夫かお前さん!生きる気はあるのか!?という気分にさせてくれる
若者多いぞという点についてまとめてみよう。

 

中学、高校、大学時代はあんなにイケててイケイケだった奴も、
そうでない奴も、社会人になってからすっかり牙を抜かれて意気消沈して、
久々に会えば飲みの席で愚痴ばかりになってきた30歳前後。

 

愚痴る時間は人生において無駄の極み。

 

なので、この手の連中とはここ数年話が合わなくなってきているので、
一緒にいても超つまらないので段々と会う機会も減ってきたのだが、
やはり歳を重ねる毎にやる気を失ってる奴が多くなってきた!

 

10代の頃にふんわりゆるく思い描いていた未来の自分像に近づいてない事に対して、もはや諦めと絶望に打ちひしがれている様で、もはや僕の超ミラクルポジティブ論とか話している『自分がダメ人間に見えてくるよ』と勝手に鬱展開に流れていくのでもはやフォローのしようもない。

 

『なら死ねばいいのに。笑』と言ってあげる事だけが
救いになればと強烈に言ってあげるんだけど、それもない。

 

前にも進めず、後ろにも戻れず、人生詰んだ顔した30歳前後の希望のない
表情を見ていると実に不愉快なので、もう死ぬ気でやってみろやという話を
論じたところで、全く気合いもやる気もなく、それはすなわちちゃんと
己の人生を自らの足で歩む気もなく、なんとなく流れに身を任せていたい、
頑張りたくない、面倒臭いというオーラが見え見えなので近くにいると
その腐れマインドが周囲に移るのでやめていただきたい。
と伝えるとキレる始末。

 

もはや嫉妬なのか己への怒りなのかもわからないレベルで
彷徨う抜け殻の様になっていたりする。






... "男性より女性の方が強い。男の軟弱ぶりが露呈する。" を続けて読む

こんばんは!

いつもどうもSHOWですッ!

 

最近は生と死について色々と感じるお年頃の30歳間近と言う齢に達してきたので、
色々と過去の振り返りと己を己たらしめるエッセンスは何なのかを紐解く
自伝的な事を書き綴っていくシリーズものを来年あたり展開しようと目論む。

 

その為には一度己自身の棚卸という事で比較的、記憶力が良く、
その時々の人生のシナリオをリアルに思い出す事が出来るので、
一編一編書き起こしていくところからスタートしている。

 

さて、そんな中で29歳という年齢で初めて近しい親類を亡くす体験をした。

 

ちょっと家庭環境が複雑なのもあり、自身の父方の祖父の死を、
亡くなって1ヶ月経過した後に知るという展開がつい昨日あったのだが、
まぁ、81歳まで生きたという爺様に対して線香をあげる事だけしてきた。

 

よくよく考えてみれば、この亡くなった父方の祖父と一体、
人生の中で何日間同じ刻を過ごしたものかと振り返るとおそらく
通算60日程度なんじゃないかと。

 

だが、遺伝とはすごい。
爺様のクチの悪さはちゃんと代々受け継がれており、
親父も俺も超絶に毒づく。
男性にしてはかなりおしゃべりなタイプだろうと言うぐらいに口が達者だ。
女性と仲良くなりやすいが、嫌われる時はトコトン嫌われるとも言える。

 

人生良くて80年ぐらいだろうと考えた時、孫の存在がどれほどの影響を
与えるのかと思えば、実際60日やそこらでは孫という認識、
意識もあまり感じない、おそらく他人に近い感じじゃないかとすら思う。

 

もともと、父方母方の両親は健在で、今回の父方の祖父以外は80歳を超えてもなお元気であり、通常で考えた場合、共に過ごせる時間が両親よりも短くなるであろう祖父や祖母との時間は多く取ろうと考えて生きてきた。

 

ただ、父方が岩手県の出身である事で田舎が遠かったり、
両親の離婚により9歳以降は19歳になるまで空白の10年間があったりするので、
極端に父方の祖父祖母と過ごした時間は短く、孫であるが、
他人チックな雰囲気は否めない。




... "みんな真面目なフリするのやめよう。本当のあなたはどれ?" を続けて読む

こんばんは!

 

工業高校卒業が最終学歴のSHOWです。

 

突然ですが僕は2003年の春に高校1年生になった87年世代です。
(正確には88年生まれですが、早生まれの2月なので。
あ、ちなみに天才肌の水瓶座です。
プリンセス・プリンセスの奥居香と同じ誕生日ですね!)
もうね、人と同じ事やってるのが無理な感じです。
『Diamonds』が似合うバブル真っ只中に生まれた世代です。

 

故にバブル期の日本の雰囲気を体感しておりません。
気づいた時には平成不況と就職氷河期と山一証券が潰れたという
ダーティーな話題ばかりの世紀末でしたね。笑

 

ノストラダムスの大預言とか結構良い感じに好きでした。
99年7月を結構楽しみに待っていたんですが何も起きませんでしたね。
で、社会人になったのが高校卒業した2006年春なんですがね、
まぁ普通に大学卒の人が当たり前のように多い訳ですね。

 

大学生活の話を聞けば、素敵なキャンパスライフを謳歌している人もいれば、
クソ虫のような堕落した時間の中を生きてもはや使い物にならないレベルまで
退化している人もいたりと色々ですので、特にいいなぁーというのはなく、
何を目的に大学に行ったのかというところが重要だと考えているタイプです。

 

俺が中学生3年生の時の2002年。
ここで最初の進路を大半の人が決めますよね。

 

大学進学を目指すのか、それとも高卒で就職するのかに分かれると思いますが、
大体の人はなんとなく親が大学までは行けと言ったから、
大学進学するのが当たり前だと思っているケースが目立ちます。

 






... "罪深い学歴至上主義の先にある若者のなれの果て。" を続けて読む

こんばんは!

ブラック企業や色々と制度が整わない零細、中小企業経験のあるSHOWです!

という訳で、昨今テレビなど報道ではブラック企業をガンガン鬼の首を取るかの如く取り上げて血祭りに上げてくれるわ状態ですよね。

 

まぁ、実際従業員が自殺しちゃったりと人の命に関わる問題に発展するこの劣悪な労働環境を提供している企業=悪の居城的な感覚が世間一般に広まってきている今日この頃。

 

さて、以前にもブラック企業と一人で戦え!味方はいないが戦法はある!とブラック企業に勤めるとこうゆうのしょっちゅうあるよね?!笑ってのを書いたが、実際問題勤める前にわかるものと、勤めてからわかるものがあるのが本当のところ。

 

重要なのは今いるここはブラック企業なのでは?!と思った時にどう動くか。

 

そもそも世の中にそんな聖人君子でまるで『ママレードボーイ』のような甘くてほろ苦いというみんなハッピーハートフルなホワイト企業がどれほどあるんだよ?笑

 

という半分現実を突きつけた中で、その中で競争力のある一個人として
どれだけ企業に価値提供できるかどうかが資本主義及び先進国である
現代日本での生き方だと思うのだが。






... "バカとブラック企業は使いよう。互いが制御しあえれば問題ない。" を続けて読む

みなさん、こんばんは。

金曜の夜ですね!
花金です。
仕事終わりはパーっと景気良くやってる方、
この時間帯でもバリバリ仕事中な方。

 

週末は混んで、指名嬢が取り合いになってしまうので、
むしろ空いている平日月曜火曜の夜に外に出るのが好きなタイプのSHOWです!

 

さて、今回のお題の通り、男性から見ても、

 

①つき合いたい女性
②つき合える女性
③つき合いたくない女性

 

がいますよね。もちろん逆の立場でも同じです。

 

今回は男性目線で行きましょう。

 

まず、ルックスを第一に気にするタイプの場合は、
芸能人だと誰がタイプでその人に似た人が好き、
これが絶対条件という方も多いでしょう。

 

僕はこのタイプです。

 

性格は後回しです。
なので、つきあってみたら性格がだいぶ予定と違うってのはあったりします。

 

俺の経験上の統計で言えば、

 

①A型と0型の女性がとても相性が良い。結構自然体で楽しめる。

 

②B型の女性は真っ向から意見が合わない。衝突。譲らない。お互いに消耗戦を繰り広げて不毛の地にして両者甚大な被害の末に別れる。

 

③AB型の女性は完全にこちらの行動は読まれている。超越者。大人しく手のひらで転がる事を楽しむ。






... "ミーハー心に火をつけろ!恋愛対象になり得る女性像。" を続けて読む

こんばんは!

 

2017年もお盆ですね。
夏が終わればあっという間に年末が訪れます!

 

皆さんは今年の目標の進捗状況はいかがでしょうか?!
予定通りに進んでますか?遅れてますか?
それとも予定は未定ですか?笑

 

さて、今回はたまたまお盆時期に仕事で東北巡業をしているので、
岩手県にある親父の実家である、要は俺からすると父方のじい様の家から、
お送りします!

 

なんだかんだで、この田舎にお盆シーズンに来るのは久々で20年ぶり。

 

1997年までは生まれてから毎年数回は必ず遊びに来る場所でしたが、
97年夏に妹と一緒に夏休みのお盆までの数週間この岩手県に預けられたのを最後に、
社会人になってからの2007年まで丸10年ブランクがありました。

 

2007年に来た後は2009年春、2010年秋、2011年正月、2012年晩夏、
2014年冬、2016年初夏、そして2017年夏の今回で、この10年で7回。

 

東北地方にはでっかい代表的なお祭りが8月上旬にある。

各地で多くの花火大会もありますが、今回はまさにその時期に来ていたので、
この田舎の敷地内から街で開催されてる小さな花火大会を観る事ができた。

 

懐かしいなぁーとノスタルジックな感じで田舎の匂いを感じながら夏らしく、
父親の兄貴やいとこと話をしながら花火観賞。

 

そう、21年前、普通の4人家族であった頃から、
突如、母親が出ていき一人暮らしを始めたところから、
我が家はもう通常の家庭ではないのだなと感じていた。




... "1997年8月、親父と家族として過ごした最後の夏と結婚とは何かを考えた。" を続けて読む