こんばんは!

3年半程前に、ちょっくらガチの手錠をかけてもらったSHOWです。

 

人生はエンジョイしなきゃ生きてる意味も価値もないという事で、
日々楽しい事を求めてる僕ですが、何も誰かに構って欲しい、
遊び方を教えて欲しい訳ではなく、自分が興味を持った事を
ただ真正面からやってみようというのが一つの醍醐味です。

 

日本人の9割以上の人は逮捕された経験がないので、つい逮捕状だの持って
私服警官が自宅にやってくるとびっくりしちゃう人が多いと思うのですが、
己の信念に基づき隠し事なく堂々と生きていれば恐れる事はありません。
警察官も人間であり、あくまで雇われているので、
自身の正義を貫く覚悟があるか否か
対象者に対しても正義と覚悟のレベルを推しはかりながら会話をしてきます。

 

僕と話をする場合、中途半端な理詰めでは逆に突っ込まれてしまいます。
最初はフレンドリーに聞き流してやってる事も、しつこいのは嫌いです。
なぜ嫌いかと言えばもちろん、しつこいのは時間の無駄で面白くないからです。

 

同じ話は二度しなくていいよってヤツで、一度聞けば言いたい事はわかるからであり、
『もう一度その話に戻すの?おバカなの?意味ないよ、同じ事答えるの?笑』
となるので頭の悪い公務員は嫌いです。
賢い公務員は好きです。国家公務員はランク訳されてるから頭の良さが判別しやすくて良いですよね、ただ会話の節々にインテリ感を出してくる人は損してると思う。

それにより一般人は賢そうな人に勝手に壁つくってるからね。

 

これは警察官でも消防士でも行政職員でも、国家公務員でも同じですよね、
相手の心理を読みつつ、自ら話したくなるように、聞き上手でなきゃいけない。

 

会話がキャッチボールのように、卓球のラリーのように意気揚々と
楽しみながら進むからです。

 

これは良い話だろうが悪い話だろうが、
重要なのは面白いか面白くないかなだけです。

なので、ユーモア溢れるトークセンスある実況検分とかはノリノリで
『サクッと終われせようぜ!時間は最長で30分でいいかな?』

という感じでこちらからリードしようとするのを
『いやいや、ここ警察署だからね、こっちが仕切るから。笑』
みたいな返しができる粋な警察官だと、最後はなんか良い感じに戦友な雰囲気出しつつ『また来るよ!』と言いたくなってしまうんですよね。

 

下手なヤツと話していると、こいつマジで女性にモテないんだろうなぁ〜
ただのマニュアル通りに動く、ロボットでも代わりの効く将棋の『歩』キャラか。
前進だけなら特にマイコンとか積まずともモーター駆動だけで事足りちゃうぞ。
『いいのか?君。前進だけで本当にいいのか?笑』と聞いてみたらちょっと困ってた。

 

せいぜい、『と金』になれるようにひたすら言われた通りに
黙ってコツコツと前進していれば良いのだが、

『俺の前には現れないでくれ、君と話している時間はないんだ。』

とつい言ってしまうので、たじたじになりながら長年やってきたベテラン警官がやってきて、これでようやく序章が始まる。
物語にはプレオープニングがあった方が盛り上がる。






... "めっちゃポジティブで前向きな『逮捕』を経験して視える事。" を続けて読む

こんばんは。

つまらないのが嫌いで面白いのが好きなSHOWです。

 

基本的に面白くない人とは一緒にいないのが人生をより楽しく生きるコツだと
信じてやまないのですが、敢えてつまらない人間ともつき合ってみる時間を
作ってみるのも一興かなと20歳代は様々なタイプの人と時間を過ごしてみました。

 

さて、面白い人というのは一緒にいたり、話をしていて、
僕が知らない事や経験を聞かせてくれる人、
一緒に同じ目標に向かって語り合い、
不毛な話で終わらず実行に移す具体的な
キャッチボール的な会話、ラリーが続く人。

この時、会話のスピード、テンポが遅い人とはちょっと話が合わない。

 

というのは一つひとつの発言に考え込んで止まってしまう人だと、
もうリズム感がなくて厳しい。会話にはタイミングやリズムがある、
そこを外してしまう、もしくは質問した事に何も応じないなどの
タイプの人間とは話をするだけ時間のムダになる。

 

時間のムダで済めば良いが、気分も害する可能性すらある。
当然、リズムは人それぞれ違うので合う合わないは当然ある。
気分を害するようなヤツと一緒にいる時間は極力減らそう。
我慢しちゃあいけない。

 

お前と一緒にいると反吐が出そうだと目で訴えかけて、
次回は無い!という顔をしてオサラバしよう。これで快適ライフが始まる。
問題はそんな合わない人と我慢して一緒にいて話を合わせなくてはならないのか?
という事であり、早い話が特段、長い人生において重要度、
優先度が低ければサクッと距離を置くのが良いのではないかと。

 

なんとなくのお付き合いや、惰性で何かの会合に参加し続けるのは
貴重な時間を失う可能性が高い。
起業あるあるなのだが、なんか『お仕事欲しいです』ムードで
異業種懇談会やら様々な商工団体の懇親会に参加しているケースについて疑問がある。






... "人生の時間は有限。人脈は広げるべきか、掘り下げるべきか。" を続けて読む

こんばんは!

 

主に邦楽が好きでNO MUSIC NO LIFEのSHOWです!
弾いたりはしない、聴く専門ですね。

 

さてさて、あのLINEが10月頃からめっちゃPRしまくって売ろうと
しているであろうスマートスピーカーの『Clova WAVE』
そもそもスマートスピーカーってなんだよ?って話だよね。
どの辺がスマートなのかと。

 

今回はLINE Payを使って買うとお買い得なのがさらにお買い得っぽいという事で、
サクッと購入してみました。
すぐに届いた。

 

まだ、市場開拓期であまり売れてないような感じだね。
俺のような未来を体験したいモノ好きが買う程度か。

 

それは『Clova』という名のAI(人工知能)が搭載されてて、
人間が話しかけてお願いすると質問に答えてくれたり、
人間の代わりにネット接続して調べて教えてくれるんですね。

 

要は手足のついてない動かない『不動のコンシェルジュ』みたいな感じ。
それでスピーカーの形を成してるだけ。
まぁ、一応音声を認識したり発したりするのにスピーカーやらマイクが
必要なのでこの形なのだろうけど、折角スピーカーなので
『LINE MUSIC』と連動していて、その中の楽曲4000万曲の中から
要望に応じた音楽をチョイスしてかけてくれるという。

 

ただ、毎度同じでなく、ちゃんと学習していってくるんで徐々に
ご主人様であるユーザーの嗜好に合わせて流す音楽をチョイスしてくれる
ようになったり、ちょっとわかりづらい言い回しでも何度か
コミュニケーション取る内に声を聞き取ってくれるというスゲェヤツ。

当然、そんな素晴らしいんじゃ値段も素晴らしいのでしょうね!
と言われそうですが、そんな事はない。
なんと、この『LINE Clova WAVE』は他の同類品である『Amazon Echo』『Google Home』より数千円安い!

 
さらにLINE STORE経由で買ったら期間限定で購入価格の20%をポイントバック。
さらにさらに1年分の『LINE MUSIC』聴き放題チケットがついてくるので、実質本体はタダになるっていう具合でこれってネタで買っても充分に元取れるねという先行者優遇処置が取られている。




... "『LINE』の『Clova WAVE』を買ってみた。シーマンとは全然違う。" を続けて読む

こんばんは!

 

Apple製品に毒されてるSHOWです。
今現役で使ってるApple製品は

 

PC
①iMac 27inch Retina 5Kディスプレイ(2014)
②iMac 21.5inch Retina 4Kディスプレイ(2015)
③iMac 21.5inch(2009)
④MacBook Air 13inch(2015)

 

タブレット
①iPad mini(2013) 

②iPad Air(2013) 
③iPad Air2(2014) 

 

スマホ
①iPhone 5s(2013)

 

他にも業務端末でiPhone 6sもあったりするので、まぁまぁ定期的に貢いでいる。

 

という具合にこの数年でなんだかんだでりんごマークのついた製品を
買っては長い事使い続けてるんだけども、
ついに約4年間愛用してきたiPhone 5sが不調をきたし、
今年の初めから騙し騙し使ってはいたが、
さすがにバッテリーの充電も怪しい感じでというタイミングで、
iPhone8だのiPhone Xの発表があった。

 

さて、業務用端末で2年前にiPhone 6sを買ってはみたがそのデカさに使いづらいなと思っていたので、その延長的進化のiPhone 7iPhone 8には全くワクワクしなかったが、先進的なスペックのような気がするiPhone Xにはちょっと心踊った。

 

まぁ、発売を待ってdocomoショップで予約はしたが当然の如く、
発売日の11月上旬には手に入らず、おいおい俺のiPhone 5sの命の灯火が
もう尽きようというのにまだiPhone Xは来ないのかと待ちわびていたのだが、
店頭でデモ機を持ってみた結果、

 

『デカ。なにこのサイズ感。iPhone 7より大きいのかよ。しかも重くね?』

 

確かにiPhone 7より一回り大きいだけなのに、ディスプレイは比にならないぐらい
大きいので、全部画面というインパクトは感じられるのだけど、
俺の手のサイズでは右手で持った時に親指が画面対角の端っこまで届かないんですよ。

 

iPhone 5sなら全ての角に指が届くのにそれが一つ許せない。
という事で、店員さんに
『iPhone SEってもうないんですかね?
Appleホームページ見る限りはまだラインナップされてるみたいですけど〜。』
と問うと
『もうdocomoとしては新たに入荷はしてないので、
在庫限りですね、チェックしてみます。』
そして待つ事数分、
『ありましたよ、最後の1台。iPhone SE 32GBのローズゴールド色!』

 

『おっ?マジか。しかも俺の為に存在しているようなローズゴールド色が
残ってるとは。これは買えという事か。
目の前にiPhone Xのデモ機を見つめつつ、iPhone 5sと同じサイズのこの機体。
素晴らしい使い勝手なので最悪、いざという時の予備機に
ストックしておいても良いな。』

 

という事で即決。

 

iPhone SEの手頃感がすごい。
docomoは割賦だと本体割引が効くので実質2万円程で手に入る。

 

iPhone Xは割賦割引効いても実質6万円以上する事を考えると
なんつー高い端末だと思うね。

 

いくら先端技術とセンサーの塊とはいえ、消費者としては単純に携帯端末に
対して支払う金額じゃねえだろ?と感じる。

 

流石はApple価格。

 

まぁ、実質2万円で購入できるiPhone SEは手頃感抜群なので、
これならiPhone 5sをバッテリー交換とかメンテして使い続けるよりいいじゃん。

 

で、購入してiPhone SEの安定感抜群の使い心地が素晴らしくて
ホクホクの喜びを感じてから1週間後。

 

docomoから『iPhone Xを入荷したから取りに来い』と。
あらま、もっと待つのかと思ってたけど意外に早かったな。

すぐ行く。待ってて。




... "iPhone Xを待てずに今更iPhone SEを買ってみた。" を続けて読む

こんばんは!

 

東京出身、福島県に移住して数年経つSHOWです。

 

さてさて、福島と言えばフクシマやFUKUSHIMAとして世界的にも有名なエリアですよね。
僕はもともと東京の多摩地区の出身で、
普通に小中高と学生時代はどっぷり東京で育っているので、
当時は福島県ってあまり知りませんでした。

 

まぁ、高校時代にバイク旅をするようになってからは
『福島いいね、東京から近いじゃん、温泉あるし、スキーできるし、ツーリングにも良い道たくさんあるし、東京から日帰りできる田舎の中で、群馬よりも栃木よりも茨城よりも、長野よりも新潟よりも山梨よりも気に入ったわ』
という事で、いつかは福島と東京で暮らすかと思ってから
およそ8年ぐらいでそんな暮らしを実現しております。

ただ、8年経つ間に2011年3月の東日本大震災に伴う
福島第一原発事故が起きて、福島終ワタ、日本終ワタな雰囲気になったので

『ありゃー福島移住計画は無理かな』

と思ってたんだけども、その後、普通に福島県出身の嫁さんと結婚したので、
『丁度いいじゃないか、子育てもそのまま福島でしようぜ!』
と当時は周りの苦笑いな顔
『おいおい正気か?SHOW?どうしたってわざわざあんな放射能汚染のエリアで
子育てなんて子ども殺す気か?笑』とお褒めの言葉とブラックジョークを頂きつつ、
福島での暮らしを堪能している毎日です。

 

人間死ぬときゃ死にますからね。どこにいても死ぬ確率はそんな変わらんでしょ。
ちょっと寿命が縮まる可能性はあるけど、
ムダに長生きするより一瞬でも駆け抜けて死んだ方が意味がある。

 

まぁ、本当に福島にいたらダメだわ。
ここにいたらマジ、政府のモルモットだわと感じれば他の国に行くけど。

 

むしろ俺的には福島に住んでたら放射能の影響で遺伝子改変して
外宇宙でも行きていける皮膚や肺機能になったりしたら
カッコ良いなと思ってる。その可能性に賭けたい。

 

おぉーこれぞ獅子王凱のような『エヴォリュダー』みたいな。

100年後『イノベイター』と覚醒した旧・福島人は外宇宙進出の鍵になるかもしれないよね。
アレだよ。『木星蜥蜴』だか火星に住んでたアキトとユリカってそれで進化して
ディストーションフィールド無しの『生体ボソンジャンプ』に耐えられる肉体だったんじゃなかったけか。

まぁ、いつまでいるかわかりませんけどね。
飽きたら他の土地に行きます。

 

そもそも、一つの土地に根ざさなくてはならない理由ってないものね。
住宅ローンで縛られたら人生終わり、詰んだかなって思うから、
住宅ローンで縛られないでキャッシュ一撃で買うなり、
買うとしてもあくまで投資用に不動産融資で買うなりだなと。

 

まぁ、超低金利、ゼロ金利、マイナス金利時代ですからね、
ハイパーインフレ起こすの期待して、借金できるだけしまくって、
長期ローンを利回りで返済しながらさらなる
借り入れ起こす方が利口かもしれないけど。
そしたらインフレいつでも来いや!状態だろうね。笑

 

『実際、世の中、家なんて腐って捨てるほど余ってるんだし、
これからさらに余るんだぜ。わざわざ新品に35年も人生かけて買う必要あんの?
キミ達、ハロウィーンやバレンタインみたいに企業の商戦に
乗っかって勢いでカネ使ってるだけだよね?』

 

まぁ、コスプレ衣装やチョコレート代ぐらいの代償じゃ済まずに
35年フラットだから安心とかって、10年先も読めないグローバリズムの中で
35年先を読む先見性のある方々なのだと思うが実にリスクヘッジを考えず
よく高額な買い物するなと思う次第。






... "原発事故被災地と東京都心部の温度差が面白い。" を続けて読む

どうも。

 

いつも出だしが『こんばんは』で始まるからか、
なんだか夜行性みたいに思われてるSHOWです。

 

基本的に夜行性ではありません。
朝型です。モーニングです。イブニングでもアフタヌーンでもありません。
でも、10年ぐらい前までは結構夜更かしメインの生活してました。

 

小学校高学年ぐらいからは深夜アニメとか深夜のちょっとエッチな番組とか面白くて、
早くても深夜1時や2時の就寝というのが当たり前、中学生ぐらいでは結構なテレビゲーム好きでもあったので深夜3時とか4時とかまで毎晩夜更かしをしていたぐらいに夜の方がテンション上がるわ〜むしろ絶好調♪的なノリでした。

 

俺が中学1年生ぐらいまでは深夜0時を回ると途端にテレビ番組もエロ要素があったから夜のテレビはワクワクしていたのに中学2年生ぐらいになるとほとんどなくなった。
おっぱい好きを高々と論じていた俺としてはおっぱいを見る環境が極端に減ったなとガックリ。

 

しゃーないテレビじゃなく彼女つくってリアルで見るしかないかと方向転換したのもこの時期。

 

話は戻り、夜更かしって何が面白いかと言えば、
深夜って静かで集中力が増すんですね。

 

まぁ、それは早朝でも同じなので今では先に寝てから
早朝に起きて活動する方向に転換したのだけど。

 

兎に角、睡眠時間が短い事は素晴らしく、1日の時間をフルで使えて長く感じるわー
というのが当時の持論ではあったので、中学生〜20歳ぐらいまでは朝帰りとかが
普通だったが、やっぱり朝帰りしてから昼までガッツリ寝たりすると
超絶贅沢な気分で気持ち良い。

 

しかし、なんか昼から活動すると物凄い損した気分になって、
なんだかこれじゃ前日は長かったけど、今日は短いんじゃねえの?
それじゃプラマイゼロもしくはテンション的にはマイナスの方が
強くて損した気分になるなぁ〜となり、逆にサクッと寝ようと。

 

まぁ、16歳ぐらいからはテレビゲームやらアニメとも縁遠くなってしまったので、
夜更かしをする理由がガラッと変わり、しかも生活スタイルも学校が終わった後の
夕方5時から夜10時まではバイトを平日毎日していたから、
深夜からが遊びの時間だった訳で、当然その時間から普通に4〜5時間放課後
気分で遊んでいると、ちょっと夜が明けてくる時間になり、
よく担任教師と『1日ってなんで24時間しかないんですかねーおかげで睡眠時間が毎日3時間ぐらいだよー授業中眠っちゃうよね!テヘペロッ!』と雑談した事があった。

 

その時、担任の教師から言われたのは『俺もなんで1日48時間ねえんだろうなと思ってる、大人はもっと時間に追われてるぞ。お前の年齢の時はもっとちゃんと寝とけ。』と。

 

という事で、2003年当時ネットで調べた訳ですよ、
睡眠の質を向上させて短時間睡眠でエネルギーフルチャージできる方法を。

 





... "物言わぬマジョリティーになるか。物言うマイノリティーになるか。" を続けて読む

こんばんは!

綾野剛が悪役やってるとつい観たくなってしまうSHOWです!

 

つい先日、平日夕方にちょっとスキマ時間があったので、その時近くにあった
『イオンシネマ福島』っていう映画館に行き、劇場予告観て面白そうだなーって
思っていた『亜人』を観てきた。

 

この作品は漫画原作なのだが、俺は全く知らず、先入観なし、
予備知識なしで観たが、まぁ、その世界観というか作風は最初の数分で理解し、
わかりやすいアクションエンタメとして楽しめた。

 

本作のキモは『死ぬ事がない』亜人によるバトル。

 

死なないので緊張感がない。というか、一応殺されても再生して動けるように
なるまで多少のタイムラグがあるので、その間に捕縛されたりする弱点もあるが、
死んで再生すれば他の怪我なども全回復って事、
知能戦的にその死なない能力を活かしたバトルが見所になっている。

 

悪役は綾野剛城田優

 

もうね、この悪役ありきの作品だと思って間違いない。

 

最高のスパイスになっていて、いかにこの悪党が微塵も同情価値がないような
徹底した悪になれてるかが重要なんだけど、ちゃんと綾野剛が主人公の佐藤健
食っちゃうぐらいにアクの強いキャラを演じている。

 

兎に角、主要男性陣がこれでもかというぐらいにイケメン揃いの本作。

 

玉山鉄二とかも久々に見たなーと思いつつ、よくよく考えたらみんな、昔の戦隊モノや仮面ライダーたちじゃないか!?と思ったりしてワクワクした。




... "映画『亜人』を原作知らず目線でレビューしてみた。" を続けて読む

こんばんは!

 

mixiにTwitterにfacebookと時代を追うごとに一応SNSを使っているSHOWです。

 

SNSって今では結構当たり前のように若者でもオジ様でもとりあえずアカウントぐらいは持ってるって時代になってきたが、
俺が高校生ぐらいの時は全然そんな事なかった。

 

あの頃は『グリー』『mixi』の国内SNSの2強が全盛期だったが、
実際当時はそんなに面白いかコレ?ぐらいのもので、
ユーザーも招待制だったりとまだまだマイナーな感があって、
2チャンネルとかみたいな掲示板と個人ブログやホームページの合いの子って
具合で、あんまり機能もなかったりと好きな人は好きだろうなぐらいに
しか感じていなかった。

 

そのあと『前略、プロフィール』とかのようにさらにごっそり機能を簡略化した
自己紹介ページ機能のみ有したサービスとかもあったりと、
ガラケー時代のSNSはまぁ学生の間では流行っていた中で、
2008年ぐらいからやけにラジオとかでも『Twitter』という言葉が出始め、
テレビでもリアルタイムでもつぶやきを掲載するような事が起き、
ラジオリスナーの投稿を携帯端末を通して気軽にやる面白さがあった。

 

世の中、ほとんどの人が自分自身の事を世間に露呈するのなんて
恥ずかしいわと思ってるので、友人や知人に勧められてアカウントだけは
作ってるけど、ほとんど見ない、もしくは自身の書き込みは無しで、
友人・知人が投稿している近況を見るぐらいという利用方法だろう。

 

そんな中でよく言っていたのが、SNSに書き込む際に、
文章力がないとかを気にしてやらないという人。
いや、そんなの気にすんなって。

 

文章力ない=頭悪そうと思われるのが嫌なだけでしょうが、
書きたいと思えば書けばいい。結構シンプルな話だろう。

なぜか物事を難しく考え過ぎる人にとってはSNSは苦痛の産物のようで。




... "俺がSNSを使い始めたタイミングと理由。" を続けて読む

こんばんは!

いつもどうもSHOWですッ!

 

最近は生と死について色々と感じるお年頃の30歳間近と言う齢に達してきたので、
色々と過去の振り返りと己を己たらしめるエッセンスは何なのかを紐解く
自伝的な事を書き綴っていくシリーズものを来年あたり展開しようと目論む。

 

その為には一度己自身の棚卸という事で比較的、記憶力が良く、
その時々の人生のシナリオをリアルに思い出す事が出来るので、
一編一編書き起こしていくところからスタートしている。

 

さて、そんな中で29歳という年齢で初めて近しい親類を亡くす体験をした。

 

ちょっと家庭環境が複雑なのもあり、自身の父方の祖父の死を、
亡くなって1ヶ月経過した後に知るという展開がつい昨日あったのだが、
まぁ、81歳まで生きたという爺様に対して線香をあげる事だけしてきた。

 

よくよく考えてみれば、この亡くなった父方の祖父と一体、
人生の中で何日間同じ刻を過ごしたものかと振り返るとおそらく
通算60日程度なんじゃないかと。

 

だが、遺伝とはすごい。
爺様のクチの悪さはちゃんと代々受け継がれており、
親父も俺も超絶に毒づく。
男性にしてはかなりおしゃべりなタイプだろうと言うぐらいに口が達者だ。
女性と仲良くなりやすいが、嫌われる時はトコトン嫌われるとも言える。

 

人生良くて80年ぐらいだろうと考えた時、孫の存在がどれほどの影響を
与えるのかと思えば、実際60日やそこらでは孫という認識、
意識もあまり感じない、おそらく他人に近い感じじゃないかとすら思う。

 

もともと、父方母方の両親は健在で、今回の父方の祖父以外は80歳を超えてもなお元気であり、通常で考えた場合、共に過ごせる時間が両親よりも短くなるであろう祖父や祖母との時間は多く取ろうと考えて生きてきた。

 

ただ、父方が岩手県の出身である事で田舎が遠かったり、
両親の離婚により9歳以降は19歳になるまで空白の10年間があったりするので、
極端に父方の祖父祖母と過ごした時間は短く、孫であるが、
他人チックな雰囲気は否めない。




... "みんな真面目なフリするのやめよう。本当のあなたはどれ?" を続けて読む

1

こんばんは!

24歳の時に結婚しているSHOWです。

 

世間的には一般的な初婚年齢ですかね。

 

早過ぎもなく、遅過ぎもなく。
でも当時は突然の発表だっただけによく言われました。
もう売れちゃったの!?
もっと遅いと思ったのに!嘘でしょ!?と女性に残念がられましたが。
 

そんなもんです。
遊びの恋愛も長く続けていても時間の浪費です。

 
若さある時間とは有限ですからね、まだ早いとかもう少し大丈夫って
余裕こいてるうちにいつの間にか売り場がなくなってると言うコトも
考えると、失敗してもいいから一度は早めにしておこうと。

 

晩婚化だ、少子化だわと叫ばれ続けてもう10年ぐらい経ちますか。
実際、完全に二極化している訳でもなく、ザックリと早い人は飛びっきり
早く10代後半とかで結婚していたり、遅い人は30歳代後半とかで結婚するのが
目立ちやすいだけで、ちゃんと24〜29歳ぐらいでなんとか着地している
平均的な人もちゃんといる訳です。

 
世の中の雰囲気に流されてると自分が遅い早いというように比べてしまいがちで
焦ったり余計な感情が生まれますが、まぁこんなの人それぞれだろ?
というように出逢いやタイミングってのがあるので
他者と比べる事自体がナンセンスですね。

 

で、結婚が遅くなる事を気にするのは男性より女性の方が圧倒的に多い訳で、
その理由としてはやはり妊娠と出産を考えるとタイムリミットは必ずあるという観点からも、生涯に何人産みたいという考えがあれば、

出産→妊娠→結婚→付き合う→出逢い

と逆算していくと数年は余裕を見てとなるのが一般的かと。

 

もちろん、出逢い→妊娠→結婚→出産という順番でも全然オッケーな訳で、
むしろこっちの方が展開も早く、流れも作りやすい部分はあるので、
ウダウダ迷ってるなら既成事実作ってしまえばこっちのものという
打算的な手段もありですよね。

 

意外と女性はこのあたりドライで計画的にできちゃった婚を狙って出産と結婚を予定通りに進める人も多くいます。

 

男性からすると急に責任が発生するみたいなノリで焦る展開ですが、
ここで逃げるか、観念して全ての自由と引き換えに結婚生活という
幸せな牢獄を楽しむ気でノルかで人生変わってきます。






... "結婚と恋愛はどう違う?男性が女性に求めているもの。" を続けて読む