みなさん、こんばんは!

基本的に創業日や法人設立日は特に意識しないSHOWです!

 

が、今回はちょっとした節目なので意識して振り返ってみようかと。
起業にまつわる物語の序章。

 

本日、12月1日は創業日。

 

2012年のこの日に創業した。前日の11月30日に最後のサラリーマン生活をやめた翌日。

 

元々、12月1日に創業するというのは決めていた。

 

我が父親の誕生日だ。その日は父親の46歳の誕生日であった。

 

9歳までは一緒に暮らしていたが、父親もサラリーマン気質ではなく
24歳で起業していたので、僕の幼少期から経営者であった為、
ほとんど家にいる事なく、仕事ばかりしているイメージだった。
だが、確実に面白そうだと感じていたので、社長業というのは一度はやってみようと、
一つの目標として20歳代前半の間に一度は起業するというのは中学生時代から決めていた。

 

そうなるとまず第一回目は24歳までにという事で動いていたが、
24歳になってすぐに結婚する事が決まっていたので、
結婚して新生活が始まるので起業の時期を半年ズラした。

 

基本的に全てに予定、計画をして、その上で最後は直感に頼り、
動いた先にある答えを見て修正していくスタンス。
ただ、自分の中には型やこだわりがあるので、数字や日付はこれだという日にする。

 

結婚記念日は5月5日
創業時の個人事業から株式会社へ
転換した法人設立日は7月7日

 

そして、この創業日は9歳以降一緒には暮らしていないが、その後も目標の1人である父親へのリスペクトの念もあり誕生日の12月1日にした。

 

基本的に風変わりな親子関係である為、事前に起業予定だとか、
嫁が妊娠してるなどの話は一切なく、起業した日や孫である息子や娘が生まれた日に、全て当日に『起業した』『産まれた』と常に『結果』だけを事後報告として
伝える事にしている。

 

そんな計画と予定調和と勢いで動いている僕はもちろん、名前にもこだわりがある。

 

なんとなくでは名づけない。
『名はその存在を示すものだ。ならば、それがもし【偽り】ならその存在も【偽り】という事なのかな?』
とは尊敬するギルバート・デュランダルの名台詞。


そんな訳で2003年頃から同名の企業が存在しないようにしようと、
独自の名前を与えよう。

その中でも俺は美しいモノが好きなので、自然界で一番美しいのは『花』






... "『アルストロメリア』を社名にしたのには理由がある。" を続けて読む

こんにちは!

今日から12月です!
クリスマスも近づきパワー全開になるSHOWでございます。

2017年も終わりですね!

 

思えば今年は20歳代最後の年という事で色々とやってみました。

 

春先にプライベートで娘が産まれるにあたり、
その前に西日本を旅してこなきゃという事でガチプライベートで、
娘を身籠った臨月の嫁様をおいて1人車で西日本を四国やら九州やら弾丸ツアーしてきたり、
19歳の時以来の10年ぶりにトレードマークのツンツンヘアーからパーマを
かけてみたり、口座差し押さえられてみたり、裁判所から訴状が届いてみたり、
イベントが盛り沢山で日々、飽きずに毎日をエンジョイしております。

 

さてさて、毎年去年の同日と同じ事はしていたくないというスタンスにより、
起業するまでも毎年違う会社にいたり、住まいも更新する前に引っ越したりと
常々環境を変化させておくのが当たり前になっているのを、
起業してからはさらに加速させてきた感じでやりたいようにやっております。

 

むしろ、自分で経営する事で仕事の内容もいつもやってるものだけでなく、
違う新しいものにチャレンジしてみたりと飽きない仕組みにしています。

 

そして大事なのが仕事を通じて多くの人に出会い、
客観的に他人の人生を見たり、
仕事を通じて様々な土地に移動する事で、
わざわざ休日だから遠出するみたいな
くだらないノリにならず、空いてる期間中にその行きたいエリアで
仕事を発生させて、行って楽しむというのを日常にしたいと考えていたので、
とりあえず考えたイメージ通りにはなってます。

 

暇を持て余すと本当にどこにでも自由に行ってしまい、
落ち着きがなくなってしまうので、一応家族を持ち、
ちゃんと労働はするようにしていますが、その敢えて制約を設ける中で最大限、
己の思い描くライフスタイルを構築して楽しんでいますが、これが実に面白い。

 

時間もカネもいくらでもある状態とは違い、頭を使い、身体を使い、工夫しながら、
今ある環境をいかに楽しむか、楽しめる感受性豊かな己で在る事ができるかを
人生観の主軸においているので、基本つまらない、なんか面白い事ないかなーって
暇になる事はないですね。
常にやりたい事で満ち溢れてるので、今の所、世界の崩壊を望んだり、
暗黒魔界の王になりたいなとかはないですね。




... "起業してから5年。あと3ヶ月で30歳。さて次の10年は?" を続けて読む

こんばんは。

夜遊びはほぼしない、飲み歩きもしないゆとり世代のSHOWです!

 

さて、夜の世界と言えば、飲食業界から風俗業界など様々ですが、
昨今飲食店で働く人が減っている、というより働きたがらない人が増えているようですね。

 

要は飲食業界に人気がない、過酷な労働環境、低賃金という事なのでしょうか。
そんな夜の業界の中でも特殊なのがやはりキャバクラやスナック、
ヘルスなどの娯楽、接待、風俗に関わるナイトワーク。

 

このあたりは常々、求人に対して一定の応募があって働く人が多いです。

 

単純に夜の世界、特に『女性』である事を売りにしている業界は単純に報酬が高い
働く時間や勤務日数の自由度が高いなど、魅力が多いから働きたがる
女のコがいる訳ですよね。

 

結構、面白い業界というか、その環境って一般的な企業であったら
完全に労働基準法に引っかかるし、むしろ税務署や労働基準監督署に
突かれたら終わるな。とか特殊で謎めく雰囲気のある
キャバクラというナイトワークで例をあげてみよう。

 

キャバクラで働く女性は基本的に美女が多い。

 

要は容姿淡麗故に、女のコである事と美しい事に価値がある。

 

さらにトークスキルや場を盛り上げる、話を聞いて癒すなど接客業としての
価値もある中で、他の一般的サービスと大きく違う部分がある。
それは価格だ。

 






... "ナイトワーク業界はブラック企業とは言わない?" を続けて読む

こんばんは!

ブラック企業や色々と制度が整わない零細、中小企業経験のあるSHOWです!

という訳で、昨今テレビなど報道ではブラック企業をガンガン鬼の首を取るかの如く取り上げて血祭りに上げてくれるわ状態ですよね。

 

まぁ、実際従業員が自殺しちゃったりと人の命に関わる問題に発展するこの劣悪な労働環境を提供している企業=悪の居城的な感覚が世間一般に広まってきている今日この頃。

 

さて、以前にもブラック企業と一人で戦え!味方はいないが戦法はある!とブラック企業に勤めるとこうゆうのしょっちゅうあるよね?!笑ってのを書いたが、実際問題勤める前にわかるものと、勤めてからわかるものがあるのが本当のところ。

 

重要なのは今いるここはブラック企業なのでは?!と思った時にどう動くか。

 

そもそも世の中にそんな聖人君子でまるで『ママレードボーイ』のような甘くてほろ苦いというみんなハッピーハートフルなホワイト企業がどれほどあるんだよ?笑

 

という半分現実を突きつけた中で、その中で競争力のある一個人として
どれだけ企業に価値提供できるかどうかが資本主義及び先進国である
現代日本での生き方だと思うのだが。






... "バカとブラック企業は使いよう。互いが制御しあえれば問題ない。" を続けて読む

みなさん、こんばんは!

今日も昼間からちょっくらチャリンコに乗ってカフェに行ってきたSHOWです!

さて、掲題の件についてちょっと考えてみました。

世間は4月から新年度。

となると、

高校を卒業した人。
大学や大学院を卒業した人。
専門学校や高専を卒業した人。

それぞれ社会人デビューした方も多いですよね!
(もちろん、進学という人もいるでしょうが。)

で、期待感溢れて社会人になった人もそうでない人も、4月の約1ヶ月間頑張ってちょっと一息つけるこのゴールデンウィーク。

慣れない環境に身を置いて、さらに新人研修などで新しい事を覚えなきゃいけなくて大変でしょう。

さて、そうなると約4週間通勤というものを経験している間に違和感を覚える人が出てきます。

『おや?社会って、企業ってこんななの?ちょっと思ってたのと違うぞ?』
と。




... "ゴールデンウィークを終えた新社会人が会社を辞めたくなったら。" を続けて読む

みなさん、こんにちは!

近くのスターバックスコーヒー郡山駅店のWi-Fiがダダ漏れで、
その真上の2FにあるサイゼリヤでそのWi-Fiを傍受してネット利用しているSHOWです。

早速ですが、春なので新生活を始める方が多い季節ですね!

学生も進級したり、進学したり、就職したり、
はたまた社会人も転職したり、引越したり、色々と環境が変わって面白い季節です。
当然、人の出会いと別れの季節でもありますね!

今回はまず就職や転職について、ライフスタイルの中の一つでしかない『仕事』の部分について、
主にうまくいかないビジネスマン、特に目標もなくダラダラ過ごして何したいかわからない学生さん向けに、
楽しく生きるコツをご紹介します!






... "動けない人の為のマインドセット" を続けて読む

1

こんにちは。

過去にブラック企業に勤めた経験のあるSHOWです!

昨今、有名になりつつブラック企業ですが、単純にブラックと言っても大手企業や中小企業、零細企業、ベンチャー企業という規模感によっても、そこで働く人が被る実害のレベルも違います。

自己防衛しないと知らぬ間にブラック企業で勤めてて辞められない状態に陥ってたなんて事にならないように!

最終手段としては自分で逃げましょう!
ヤバいと思ったら、逃げるしか方法はありません。
誰も気づいてくれませんので。






... "ブラック企業と一人で戦え!味方はいないが戦法はある!" を続けて読む

みなさん、こんばんは!

春の陽気に包まれているSHOWです。
花粉舞うこの季節、外を長時間歩いていると髪がバリバリにゴワついて嫌ですね!

ちょいとふと思い出したので、このテーマを記事にしてみようと思います。

『労働組合ってどうなの?』

 

今の若い人たちにとっては、大企業など有名企業なんかに行かないとあまり縁のない『労組(ろうそ)』
通常、労働組合ってやつですね。

 

よく賃上げ運動なんかを声高にやってたりするイメージがある方も多いかと思いますが、実際それって美味しいのレベルの認識しかない人も多いでしょう。

僕自身も以前、会社を立ち上げてたばかりの頃に電気設備工事業と広告代理業の2業種だったので、どちらかと言うと電気設備工事業は『建設業』に属し、建設業ってダンピングなんて言って、多重下請け構造になっていて『この建物を作ってくれ』と言う発注者がいて、それを『はい、かしこまりです!』と受注する元請けがいるんだけど、その元請けは基本的に何も作らず、下請けに回して、その下請けが今度は建物の箱を作る会社だったり、設備をつける会社だったりに細分化して仕事をさらに下請けに回して、その下請けはさらに別の企業に回してみたいな感じで、中抜きをして行くのが容易な構造なんですね。

建設業界は製造業と違って、基本的には職人が現地に行って物を作って完成させるのですが、中々危険な命がけ作業も多く、うっかりレベルで命を落とす事の多い業界です。

単純にガテン系と言えば、鳶職や大工職などが有名で、これらの職種は結構若手が多くて、どちらかと言えば元ヤンのように中卒だったりと義務教育を終えてすぐに働き始めて職人になる人が多いです。






... "労働組合って今ドキどうなんでしょ?" を続けて読む

みなさん、こんにちは!

4月初めの日曜日昼間のガストは激混みですね!
ガストって普段こんなに混んでるなんて知らなかったですわ。
何事も普段経験しない事は前のめりで知りに行くのは大事です。

それでは前回に引き続き、2016年度の後半戦のSHOWの動きや考えを客観的に、また個人的な感想なども含めて書いていきましょう!

前回の終わりは福島県葛尾村の村長選挙への立候補云々という話で終わりましたね。丁度福島県を拠点に動き始めた4月から数えて半年程経過した頃です。

で、今回は後半の半年を書くつもりでしたが、結構選挙戦前後においての心境だの考えだの、動きだの知りたいという人が多く、都度言葉で説明すると3時間ぐらいかかって大変なので、ざっくり大枠を要点まとめて掲載。
主観も入れつつ、客観的にも見る感じで書いていきます。

さてさて、まず僕は基本的に『3ヶ月12週間1クール』として物事を考えていて、テレビ番組の改編期を目安に色々と計画を練っては次のクールの行動実行をします。

考え方としてはまず興味があるかないかで、興味がない事はまず手をつけません。
たまたまでも何かのキッカケで知り、それを深堀して情報を調べて、これは面白そう!であればGOです。

ただ、無計画に動くのは『2月生まれ・辰年・みずがめ座・A型』タイプの俺としては嫌なので、ある程度の道筋は頭の中で構築しておきます。

あとは日々、軌道修正しながら目標である着地点を目指す。手段はコロコロ変えても構わないという性格なので、この手がダメならあの手を使うというのは日常茶飯事です。

という訳で、村長選挙に立候補してみれば、最初は僕しか立候補者がいなかったので、大慌てで候補者を選出してギリギリで夜のテレビニュースに『地元出身者で議会議員まで務めた65歳の安パイ高齢者』と『首都圏出身で縁もゆかりもない28歳の若者』という異色の2名の出馬者が出ましたと『葛尾村役場』としての体裁は守れたようで。




... "福島県へ移住してみて丸1年。移住者は語るの巻。-ツヴァイ-" を続けて読む

みなさん、こんばんは。

福島県に生活の拠点を移して丁度1年経ったSHOWです。

さて、今回は首都圏から地方に移住するとどうなのか?という疑問に対してお答えします。

この12ヶ月間、様々なチャレンジをしたり、失敗をしたりした経験をつらつらと客観的に書いてみましょう!

では早速、昨年4月より主に事業のメインを東北エリアにする事にし、IT事業として動かし始めていた『地方移住支援事業』を本格的に開始すると同時に、ベンチャー事業ではすぐには売上が立たず先行投資が必要な事から、ベースの事業である『電気設備工事業』と『広告代理業』を脇でちょいちょい動かしておりました。

せっかくなので、東北全域(福島県、宮城県、山形県、岩手県、秋田県、青森県)をガンガン移動したかったのもあり、4月早々から福島県や新潟県などで電気関連の仕事を受注し、行った事のない場所で仕事をするのを楽しみながら、スキマ時間で地方移住支援事業の方も牛歩ペースで動かしつつ、開発は首都圏にいる取締役プログラマに進めてもらう感じで。




それと同時に嫁様や息子との時間も増やす事を決めていたので、しっかりと週に1日はできる限り休日を設定して、さらには朝飯と夕飯は基本的に家で一緒に食べる事、息子と一緒に入る事など、これまで東京と福島を行ったり来たりの『二拠点居住』で家族と一緒にいる時間が少なかった事を反省しつつ、ライフスタイルの変革に努めていきました。

5月になると地方移住支援事業の方で、このままでは事業として進めるにあたり、予定している計画で進まない事が見え始め、どこか自治体としっかりグリップしながら話をせねばならんなと感じている矢先、福島県で2016年1月に出会った県の外郭団体所長のツテで、東日本大震災と原発事故の被災地・葛尾村を繋いでもらう事になる。

 



... "福島県へ移住してみて丸1年。移住者は語るの巻。" を続けて読む