こんばんは!

SHOWです!

 

最近、自殺願望者をまとめてエグゼキュートしたサイコパスが
神奈川県の座間市にいた事件
が起きて、マジで詳細が明らかになる程、
気持ち悪さが増すので知り合いの中にはそのニュース情報でかなりグロッキーになってたりと社会を震撼させてますよね。

 

まぁ、Twitterなんか見ているとFacebookなどのSNSとは違い、
自分の趣味嗜好の人間をツイート検索して見つけてフォローしたりしているので、
悪用しようと思えば結構できちゃいます。

 

何せ、情報弱者が他人のツイートに影響されまくってくれるワケで、
顔も素性も明かさないユーザーに対して、教えを乞うような形で、
先生や救世主扱いしてるんだから。

 

ちょっと発信力があったり、バシッと己の意見を持ってるユーザーが
それっぽい事をツイートしまくって、そこそこのフォロワーがいれば、
素人の情報弱者からしたら、それだけで信用に足る、
教えを乞う存在として崇めてしまうよな。

 

そもそも、俺は自殺、自死願望がまるでないので1人で自ら死に場所を
探すなんて事はない為、まるで自殺願望者に対して共感力ゼロなんだけども。

 

誰かと一緒に死にたい感じなの?
誰かに殺して欲しい感じなの?

 

なぜわざわざツイート見て、ダイレクトメッセージ送って、
死に方聞いたり、死に場所教えてもらって、会いに行くのかな。

 

不謹慎な話、もう死ぬ気であったなら特に現世に未練などないから、本望だったのか。
逆に恐怖を感じて殺される直前に生きたいと思ったのかはもはや誰にもわからない。

 

しかし、この事件の重要な事は、今この時に死にたいと思っている自殺願望者
とやらが、Twitterで死に方聞いてホイホイついて行ってしまうとバラバラに
されてヒトの形を残さずに誰が殺されたのかも特定できない状態でこの世から
消されてしまうから気をつけろや。って事であり、自殺願望者のその願望は
利用しようと思えば、サイコパスにとっては絶好のカモであり実験台と
見えたのではないのかと思う。

 

僕は福島県に住んでいるから、福島県の女子高生までが被害者になっている
可能性があるとちょっとマジかという親近感めいたものがあって、
余計に気持ち悪いんだけどさ、群馬だの福島から女子高生がわざわざ
神奈川の座間まで行くって余程だよ。もうガチで死ぬ気だとしか思えないけどね。
たとえ殺されなくても、相手が男だとわかっていたならレイプぐらいは
されて山に捨てられるだろうと言う想像力はあるだろうに。

 




... "ニンゲンはそもそもなぜ自殺願望を抱くのか。" を続けて読む

こんばんは!

 

工業高校卒業が最終学歴のSHOWです。

 

突然ですが僕は2003年の春に高校1年生になった87年世代です。
(正確には88年生まれですが、早生まれの2月なので。
あ、ちなみに天才肌の水瓶座です。
プリンセス・プリンセスの奥居香と同じ誕生日ですね!)
もうね、人と同じ事やってるのが無理な感じです。
『Diamonds』が似合うバブル真っ只中に生まれた世代です。

 

故にバブル期の日本の雰囲気を体感しておりません。
気づいた時には平成不況と就職氷河期と山一証券が潰れたという
ダーティーな話題ばかりの世紀末でしたね。笑

 

ノストラダムスの大預言とか結構良い感じに好きでした。
99年7月を結構楽しみに待っていたんですが何も起きませんでしたね。
で、社会人になったのが高校卒業した2006年春なんですがね、
まぁ普通に大学卒の人が当たり前のように多い訳ですね。

 

大学生活の話を聞けば、素敵なキャンパスライフを謳歌している人もいれば、
クソ虫のような堕落した時間の中を生きてもはや使い物にならないレベルまで
退化している人もいたりと色々ですので、特にいいなぁーというのはなく、
何を目的に大学に行ったのかというところが重要だと考えているタイプです。

 

俺が中学生3年生の時の2002年。
ここで最初の進路を大半の人が決めますよね。

 

大学進学を目指すのか、それとも高卒で就職するのかに分かれると思いますが、
大体の人はなんとなく親が大学までは行けと言ったから、
大学進学するのが当たり前だと思っているケースが目立ちます。

 






... "罪深い学歴至上主義の先にある若者のなれの果て。" を続けて読む

こんばんは!

 

2017年もお盆ですね。
夏が終わればあっという間に年末が訪れます!

 

皆さんは今年の目標の進捗状況はいかがでしょうか?!
予定通りに進んでますか?遅れてますか?
それとも予定は未定ですか?笑

 

さて、今回はたまたまお盆時期に仕事で東北巡業をしているので、
岩手県にある親父の実家である、要は俺からすると父方のじい様の家から、
お送りします!

 

なんだかんだで、この田舎にお盆シーズンに来るのは久々で20年ぶり。

 

1997年までは生まれてから毎年数回は必ず遊びに来る場所でしたが、
97年夏に妹と一緒に夏休みのお盆までの数週間この岩手県に預けられたのを最後に、
社会人になってからの2007年まで丸10年ブランクがありました。

 

2007年に来た後は2009年春、2010年秋、2011年正月、2012年晩夏、
2014年冬、2016年初夏、そして2017年夏の今回で、この10年で7回。

 

東北地方にはでっかい代表的なお祭りが8月上旬にある。

各地で多くの花火大会もありますが、今回はまさにその時期に来ていたので、
この田舎の敷地内から街で開催されてる小さな花火大会を観る事ができた。

 

懐かしいなぁーとノスタルジックな感じで田舎の匂いを感じながら夏らしく、
父親の兄貴やいとこと話をしながら花火観賞。

 

そう、21年前、普通の4人家族であった頃から、
突如、母親が出ていき一人暮らしを始めたところから、
我が家はもう通常の家庭ではないのだなと感じていた。




... "1997年8月、親父と家族として過ごした最後の夏と結婚とは何かを考えた。" を続けて読む

こんにちは!

長女が産まれて丁度1週間。

友人、知人から出産祝いをもらえそうな雰囲気でちょっと何が届くのかワクワクしているSHOWです!

さて、女性目線であれば、出産祝いに送るものと言えば何となくイメージはつくのでしょうが、男性諸君だとどうしても赤ん坊に対するイメージがないので、一体何を買って贈ればいいのだろうかと悩んでしまいますね!


知人・友人の『赤ちゃん向けのお祝い品』って何を贈れば喜ばれるんだろうか?


そもそも、子どもの服のサイズって難しいですよね。

・子どもの成長は早いから、どのぐらいのサイズを贈れば使ってもらえるのか。

・はたまたファッションだから親御のセンスと合わなければ使ってもらえないのか。

・もしくは多くの人から同じタイミングで服を贈られるから同じサイズばかりだと困るのか。






 

... "知人・友人の子どもが産まれた時に贈ると喜ばれる無難な出産祝い。" を続けて読む