こんばんは!

SHOWです。
最近、とある不動産屋の営業マンが街を歩いてる我が妹君に対して、
アパート経営をしないかという話を持ちかけてきた際に、
妹君に対して『キャバ嬢?』『パパ活してます?』と急に問いかけるという
ぶっ飛んだ職質みたいな事をしたようで、そもそもパパ活ってどんな感じなのかと。

 

パパ活ってなんか響きは丸くて優しい感じで全然毒っ気ないから、
なんかスゲェ前向きな話題っぽく聞こえますよね。

 

『妊活』『婚活』『終活』と基本的に次に進む為に頑張る感じの流れで
『パパ活』もそんな感じかと思いきや、要は小娘のような若い女性がお金ないので、
スポンサーになってくれるオジさんにお金もらって
パパとムスメのような関係になってお互いWin-Winって話。

 

おやおや、これは90年代に絶好調でヒットした『援助交際』ってやつじゃねえの?笑

 

『援助交際』って僕が当時小学生だったので、『援助』って意味も、
『交際』って意味もよくわかっておらず、カネもらってセックスする女子高生と、
カネ払ってセックスしたがるオジサンがお互いの目的を達成する為に
その場限りでタッグを組むって認識していたのだけど
『若者の乱れた性』的なワードってどの時代もあるはずで、
その代名詞が毎度時代背景に合わせて変わってる
だけなのだと最近より躊躇に感じる。

 

そもそも、オジサンになった時にわざわざ女子高生とエッチしたいという願望が生まれるものなのか?と結構、小・中学生の時に疑問があった。

 

だって、大人であればわざわざ学生などとヤらずとももっと楽しい事あるだろうにと。

 

それを考えた時に、そうか『プロフェッショナル』ではなく『アマチュア』がいいのかという結論に行き着いた。
むしろ、たかだか数万円のカネの為に見知らぬオヤジに抱かれるとか
俺が女性だったらマジでイヤなのだが。

 

逆パターンを考えてみろよ、爽やかイケメンな学生であったとして、
いくらカネ積まれても超綺麗で容姿端麗な色気ムンムンなお姉様ならまだしも、
ただのオバサンに好き放題されるとかマジで寒いじゃないか。






... "今流行りの『パパ活』と昔の『援助交際』ってどう違うのか?" を続けて読む

こんばんは!

 

女心と秋の空。

移ろいやすく掴み所のない感情に振り回されてる男性諸君!
元気にクリスマスに向けて作戦を仕込み中かな?

 

という訳で、結婚したい女と結婚したくない男。

そんなテーマで先日、とある30歳代半ばの未婚の美しい女性たち
+40歳手前の未婚のハンサム男性と話をしていたSHOWです。

 

結婚ってしなきゃならんの?
とはキャリアウーマンの女性からの言葉で、親が孫の顔を見たいだの
なんだのうるさくてーという声が絶えない。
イケメンなのにこれまで結婚経験がないというのも、何かいわくつき物件?笑
という風に見えてしまうのだけど、聞けばこの年代は結婚のタイミングを
完全に逃して今に至るというじゃないか。

 

そう、20歳代前半に結婚しそうな雰囲気にはなっていたのに、
まだ結婚して落ち着きたくない、もうちょっと他の人も見てみたい、
遊びたいという事で今でいう所のラストチャンスを棒に振って、
冒険を進めてみたものの、その後に良い縁がなく、
そのうちに恋愛するのも面倒臭い、疲れる、忙しい、1人の方が楽しい。

 

今が楽しければそれで良いんじゃないか。という具合に考えが変わり
今に至るとの事で、現在20歳代の結婚できない・しないタイプとは違い、
今の30歳代は20代の若い頃はちゃんとハッチャケて恋愛したり
遊びまくった上で結婚していないという状況を選択しているようだ。

 

故に恋愛の仕方がわからないという草食的な理由ではなく、
なんか結婚ってそんな急ぐもんかねと言ってる間に年齢重ねてしまい、
今更結婚とかしなくても良いんじゃねえの?的な雰囲気になって、
次第に出逢いも減り、そもそも今現在付き合ってる人もいねえよと。

 

美しい女性であって、それとはなんともったいない!!!
そんな事、許されないだろ?

『待って待って!彼氏いないっていつからよ?!』
と聞けば
『もう数年かなぁー最後は20歳代最後かな。』

とかで、

『30歳代前半で数年いないとかマジすか?!その美貌で?!なぜに?!』
というテンションで深掘り。

『そもそも、じゃあ数年セックスしてないの??!
もしくはセフレ的な異性はいるとか?』

と超弩級の直球ストレートで聞いてみると、

『セフレ?ハハハ、いないよ。そーゆーのはいらないし。
もうね、乾いちゃってるよね。笑』

『嘘ーッ!なんてもったいない!そんなバカな!
むしろセックスしてなくて、濡れてなくて、
なんでそんなフェロモン
出しまくってるんだよ。
絶対ヤッてなきゃ出せないオーラ出してるぞ!
なんなら俺が手と口で潤してあげようか?笑
今よりもっと美しくしてあげられる自信あるよ。ビシッ!』




... "『結婚』は誰の為にするのか?焦るとイイコトないその理由。" を続けて読む

こんばんは!

2017年も10月末ッ!
ハロウィーンですね!

今年はなんかあんま盛り上がってないようで、
日本人はちょっと無理してここ数年頑張って盛り上げてた感。
疲れちゃったからトーンダウンって雰囲気ですかね。笑
秋から年末のこの雰囲気が大好きなSHOWです!
今年もあと2ヶ月!!
一瞬です!

さて、今年は2年に一度の車の祭典、展示会。
東京モーターショーが開催される奇数年。

 

前回はこのモーターショーのプレビューデイのチケットを買ってみたよと言う記事でしたが、
今回は行ってみたよと言う感想を伝えつつ、これからの自動車業界に素人ながらクルマファンとして物申してみようと筆をとります!

さてさて、10月27日金曜日という事で一般公開の前日です。

 

一応、プレビューデイは2万人限定チケットという事で入場制限かかってる状態だから空いてて観覧しやすいよという話で通常の倍以上の価格である3500円なんですね。

 

さて、本当にそうなのか。
一般公開日は朝からオープンですが、このプレビューデイは12時30分からの入場という事で行ってみたら、もうね激混みです。

 

この青空の中、直射日光のもとで何分待たせるのかも教えてくれずに、
手荷物検査等で時間がかかりそうな雰囲気を滲ませてるので、
並ぶのはないわーという事で国際展示場駅方面にUターン!

 

いいや、1時間ぐらい経てばスムーズに入場できるっしょ、別に1番に入る必要もないんでカフェベローチェでお茶でもしますかと急遽ティータイムに変更ッ!

カフェベローチェでロイヤルミルクティーとピーナッツサンドと
苺ジャムサンドを堪能しながら、Twitterでモーターショーの
リアルタイム情報仕入れて、頃合いを見て13時過ぎに突入を決行ッ!

 

あれだけいた人たちがほとんどいなくなっていて、
待つ事なくサクサクっとQRコードのチケットをスキャンしてもらって入場完了。

 

さて、ここからはリアルタイム中継ならぬ、ライブ配信をしながらスマホ片手に歩いて実況中継しながら行こうか!

という事で、『SHOWROOM』アプリを立ち上げて場内の所感を
そのままライブ感満載で1人語りながら歩き回る。




... "東京モーターショー2017 プレビューデイを楽しんできた。" を続けて読む

こんばんは!

 

超恋愛体質のSHOWです!
素敵な女性を見ると
『キレイだ』『可愛い』『好きだ!』
『愛してる』『僕にとって君は太陽だ』
『顔がタイプ過ぎてずっと見つめていたい』
『唇や目元が色っぽいね』
と言わずにはいられないタイプなので、
ついつい女性をいろんな意味で驚かせてしまう場合が多いです。

 

あとは目をじっと見つめるなど、男性は特に女性の目をしっかり
見つめてあげるだけで印象が変わる事が多く、
言葉以上に目から好意を伝える事は容易です。

言うのも、見つめるのもカネもかからないのに、とても幸福度が高まり
幸せオーラ全開になるので、エコで経済的でハートフルでビューティフルです。
基本的にシラフで酒の勢いなど必要とせず、大真面目に伝えるので
大抵の女性はテレるか、笑って茶化すか、どうしてイイかわからない顔したりして、
結構その仕草がまた可愛かったりして相手の恋愛経験レベルを測ったりできるし、
あとでそう言われた瞬間の感想など聞くと、
ほぉ〜女性はそう感じるのかー男性慣れしている女性でも
あまり男性が面と向かって言われた事なくて
新鮮に感じていたりと、いかに日本人男性がちゃんと好意を女性に
対して伝えていないかが見えてきます。

 
そんな中で、奥手な男性が多く、
実はチャラそうな男性でも案外ちゃんと
女性に好きだと伝えていないケースもあったりと、
なんだ表面は女遊びを派手にやってそうなアンちゃんも実は対して
口説き慣れていないなど草食系の実態が浮き彫りになってくるのです。

 

どうなってんだジャパニーズメンズ!!やる気あんのか?!






... "女性に告白してフラれた時に男性がすぐ立ち直る秘技。" を続けて読む

どうも。

 

いつも出だしが『こんばんは』で始まるからか、
なんだか夜行性みたいに思われてるSHOWです。

 

基本的に夜行性ではありません。
朝型です。モーニングです。イブニングでもアフタヌーンでもありません。
でも、10年ぐらい前までは結構夜更かしメインの生活してました。

 

小学校高学年ぐらいからは深夜アニメとか深夜のちょっとエッチな番組とか面白くて、
早くても深夜1時や2時の就寝というのが当たり前、中学生ぐらいでは結構なテレビゲーム好きでもあったので深夜3時とか4時とかまで毎晩夜更かしをしていたぐらいに夜の方がテンション上がるわ〜むしろ絶好調♪的なノリでした。

 

俺が中学1年生ぐらいまでは深夜0時を回ると途端にテレビ番組もエロ要素があったから夜のテレビはワクワクしていたのに中学2年生ぐらいになるとほとんどなくなった。
おっぱい好きを高々と論じていた俺としてはおっぱいを見る環境が極端に減ったなとガックリ。

 

しゃーないテレビじゃなく彼女つくってリアルで見るしかないかと方向転換したのもこの時期。

 

話は戻り、夜更かしって何が面白いかと言えば、
深夜って静かで集中力が増すんですね。

 

まぁ、それは早朝でも同じなので今では先に寝てから
早朝に起きて活動する方向に転換したのだけど。

 

兎に角、睡眠時間が短い事は素晴らしく、1日の時間をフルで使えて長く感じるわー
というのが当時の持論ではあったので、中学生〜20歳ぐらいまでは朝帰りとかが
普通だったが、やっぱり朝帰りしてから昼までガッツリ寝たりすると
超絶贅沢な気分で気持ち良い。

 

しかし、なんか昼から活動すると物凄い損した気分になって、
なんだかこれじゃ前日は長かったけど、今日は短いんじゃねえの?
それじゃプラマイゼロもしくはテンション的にはマイナスの方が
強くて損した気分になるなぁ〜となり、逆にサクッと寝ようと。

 

まぁ、16歳ぐらいからはテレビゲームやらアニメとも縁遠くなってしまったので、
夜更かしをする理由がガラッと変わり、しかも生活スタイルも学校が終わった後の
夕方5時から夜10時まではバイトを平日毎日していたから、
深夜からが遊びの時間だった訳で、当然その時間から普通に4〜5時間放課後
気分で遊んでいると、ちょっと夜が明けてくる時間になり、
よく担任教師と『1日ってなんで24時間しかないんですかねーおかげで睡眠時間が毎日3時間ぐらいだよー授業中眠っちゃうよね!テヘペロッ!』と雑談した事があった。

 

その時、担任の教師から言われたのは『俺もなんで1日48時間ねえんだろうなと思ってる、大人はもっと時間に追われてるぞ。お前の年齢の時はもっとちゃんと寝とけ。』と。

 

という事で、2003年当時ネットで調べた訳ですよ、
睡眠の質を向上させて短時間睡眠でエネルギーフルチャージできる方法を。

 





... "物言わぬマジョリティーになるか。物言うマイノリティーになるか。" を続けて読む

こんばんは!

綾野剛が悪役やってるとつい観たくなってしまうSHOWです!

 

つい先日、平日夕方にちょっとスキマ時間があったので、その時近くにあった
『イオンシネマ福島』っていう映画館に行き、劇場予告観て面白そうだなーって
思っていた『亜人』を観てきた。

 

この作品は漫画原作なのだが、俺は全く知らず、先入観なし、
予備知識なしで観たが、まぁ、その世界観というか作風は最初の数分で理解し、
わかりやすいアクションエンタメとして楽しめた。

 

本作のキモは『死ぬ事がない』亜人によるバトル。

 

死なないので緊張感がない。というか、一応殺されても再生して動けるように
なるまで多少のタイムラグがあるので、その間に捕縛されたりする弱点もあるが、
死んで再生すれば他の怪我なども全回復って事、
知能戦的にその死なない能力を活かしたバトルが見所になっている。

 

悪役は綾野剛城田優

 

もうね、この悪役ありきの作品だと思って間違いない。

 

最高のスパイスになっていて、いかにこの悪党が微塵も同情価値がないような
徹底した悪になれてるかが重要なんだけど、ちゃんと綾野剛が主人公の佐藤健
食っちゃうぐらいにアクの強いキャラを演じている。

 

兎に角、主要男性陣がこれでもかというぐらいにイケメン揃いの本作。

 

玉山鉄二とかも久々に見たなーと思いつつ、よくよく考えたらみんな、昔の戦隊モノや仮面ライダーたちじゃないか!?と思ったりしてワクワクした。




... "映画『亜人』を原作知らず目線でレビューしてみた。" を続けて読む

こんにちは!

モータースポーツ大好きSHOWです!

 

6年前の東日本大震災があった2011年。

 

その震災から半年後の9月のシルバーウィークに俺は
北海道一周の旅を全日程野宿で敢行することにした。

 

まだまだ震災やら福島原発やらでのほとぼりが冷めない時期。

 

全国各地で震度4やら5の余震が次々と起こり、
北海道沖でもちょいちょい震度5弱強とかの余震があった頃だ。

 

東京の住まいから大型バイクである愛機・KAWASAKI GPZ1100に寝袋とバスタオルと下着、靴下と数枚の着替えだけをエナメルバッグに詰め込んでシルバーウィーク早々出発。

 

事前に予約しておいた茨城県の大洗港から夕方出港する
太平洋フェリー『さんふらわあ』に乗る為に、首都高を駆け抜け、
常磐道で大洗を目指した。

 

9月の下旬となると夕方にはバイクの走行風ですら若干身体が冷えてくる。

 

東京多摩地区から約2時間半程で到着して、時間に余裕を持って、
愛機と共にフェリーに乗り込む。

 

この大洗港から北海道の苫小牧港まで乗船時間は19時間。
ほぼ1日丸々船の中で船旅という訳だ。

 

気分はもはやRPGゲームの主人公さながらである。

さぁ、冒険の始まりだ。

 






... "2011年晩夏の命懸け北海道バイク野宿の旅が人生観を変える。" を続けて読む

こんばんは!

 

綺麗で可愛い女のコとあんな事いいな!できたらいいな!
と毎日豊かな妄想にふけってるSHOWですッ!

 

日々ラブ&ピース、な気分で絶好調ですね!
さて、この10年ちょっと社会人生活をしていて、
よくよく思うのは世の中の男たちの軟弱ぶりがひどい件について。

 

僕の昔からの同級生にも多いので、もはや世の中どれだけ疲れちゃってんだよ、
大丈夫かお前さん!生きる気はあるのか!?という気分にさせてくれる
若者多いぞという点についてまとめてみよう。

 

中学、高校、大学時代はあんなにイケててイケイケだった奴も、
そうでない奴も、社会人になってからすっかり牙を抜かれて意気消沈して、
久々に会えば飲みの席で愚痴ばかりになってきた30歳前後。

 

愚痴る時間は人生において無駄の極み。

 

なので、この手の連中とはここ数年話が合わなくなってきているので、
一緒にいても超つまらないので段々と会う機会も減ってきたのだが、
やはり歳を重ねる毎にやる気を失ってる奴が多くなってきた!

 

10代の頃にふんわりゆるく思い描いていた未来の自分像に近づいてない事に対して、もはや諦めと絶望に打ちひしがれている様で、もはや僕の超ミラクルポジティブ論とか話している『自分がダメ人間に見えてくるよ』と勝手に鬱展開に流れていくのでもはやフォローのしようもない。

 

『なら死ねばいいのに。笑』と言ってあげる事だけが
救いになればと強烈に言ってあげるんだけど、それもない。

 

前にも進めず、後ろにも戻れず、人生詰んだ顔した30歳前後の希望のない
表情を見ていると実に不愉快なので、もう死ぬ気でやってみろやという話を
論じたところで、全く気合いもやる気もなく、それはすなわちちゃんと
己の人生を自らの足で歩む気もなく、なんとなく流れに身を任せていたい、
頑張りたくない、面倒臭いというオーラが見え見えなので近くにいると
その腐れマインドが周囲に移るのでやめていただきたい。
と伝えるとキレる始末。

 

もはや嫉妬なのか己への怒りなのかもわからないレベルで
彷徨う抜け殻の様になっていたりする。






... "男性より女性の方が強い。男の軟弱ぶりが露呈する。" を続けて読む

こんばんは!

 

mixiにTwitterにfacebookと時代を追うごとに一応SNSを使っているSHOWです。

 

SNSって今では結構当たり前のように若者でもオジ様でもとりあえずアカウントぐらいは持ってるって時代になってきたが、
俺が高校生ぐらいの時は全然そんな事なかった。

 

あの頃は『グリー』『mixi』の国内SNSの2強が全盛期だったが、
実際当時はそんなに面白いかコレ?ぐらいのもので、
ユーザーも招待制だったりとまだまだマイナーな感があって、
2チャンネルとかみたいな掲示板と個人ブログやホームページの合いの子って
具合で、あんまり機能もなかったりと好きな人は好きだろうなぐらいに
しか感じていなかった。

 

そのあと『前略、プロフィール』とかのようにさらにごっそり機能を簡略化した
自己紹介ページ機能のみ有したサービスとかもあったりと、
ガラケー時代のSNSはまぁ学生の間では流行っていた中で、
2008年ぐらいからやけにラジオとかでも『Twitter』という言葉が出始め、
テレビでもリアルタイムでもつぶやきを掲載するような事が起き、
ラジオリスナーの投稿を携帯端末を通して気軽にやる面白さがあった。

 

世の中、ほとんどの人が自分自身の事を世間に露呈するのなんて
恥ずかしいわと思ってるので、友人や知人に勧められてアカウントだけは
作ってるけど、ほとんど見ない、もしくは自身の書き込みは無しで、
友人・知人が投稿している近況を見るぐらいという利用方法だろう。

 

そんな中でよく言っていたのが、SNSに書き込む際に、
文章力がないとかを気にしてやらないという人。
いや、そんなの気にすんなって。

 

文章力ない=頭悪そうと思われるのが嫌なだけでしょうが、
書きたいと思えば書けばいい。結構シンプルな話だろう。

なぜか物事を難しく考え過ぎる人にとってはSNSは苦痛の産物のようで。




... "俺がSNSを使い始めたタイミングと理由。" を続けて読む

こんばんは!

90年代ソングがこの10年間ドライブミュージックのSHOWです。

 

段々と新曲に興味がなくなり、やっぱ90年代の歌が最高だよなぁ〜と
昔の歌ばかりチョイスしてる自分に気づく時、老いは始まっている!

 

2007年頃までは特に90年代の歌と言っても、
たった数年前まで90年代だからと言えたが、
流石に2017年にもなると20年近くも前の時代になり、
若い大学生ぐらいの年齢の人からするると、
そもそも90年代の歌なんて化石だよね。って扱いだろうと。

 

俺自身、10代の頃に70年代後半や80年代の曲を歌う親を見て、
随分と古い歌謡曲だなぁ〜なんて思っていたりもするけど、
実際ミーハーな親によって90年代の曲を聴かされまくって
脳内に刷り込まれた88年生まれとしては、幼稚園、小学生の時から
小室ソングに始まるavexのダンスミュージック系やDEENZARD
言ったビーイング系、その他ヴィジュアル系バンドやロックなどの
今でいう懐かしの名曲を選曲したくなる。

 

何より90年代は幅広く音を楽しめる時代でもあったし、アーティストのレベル、
プロモーションビデオのクオリティーなども含めてプロフェッショナル感と
テレビ等の業界がまだまだ世間一般からは遠くて夢のある
華やかな別世界感があった。

 

この90年代半ばに中学生、高校生だったであろう、
80〜84年生まれぐらいはまさにドンピシャ世代なんだろうという事で、
ちょっと年上ぐらいの層とカラオケに行けば、
それぞれが歌う曲がどれもいいねいいね状態だろう。

 

2000年代の歌ももちろん出てくるが、2007年ぐらいを境に
その先の曲がめっきり減ってくる。笑






... "カラオケでオジサン化してきたなと自覚するポイント。" を続けて読む