こんばんは!

 

主に邦楽が好きでNO MUSIC NO LIFEのSHOWです!
弾いたりはしない、聴く専門ですね。

 

さてさて、あのLINEが10月頃からめっちゃPRしまくって売ろうと
しているであろうスマートスピーカーの『Clova WAVE』
そもそもスマートスピーカーってなんだよ?って話だよね。
どの辺がスマートなのかと。

 

今回はLINE Payを使って買うとお買い得なのがさらにお買い得っぽいという事で、
サクッと購入してみました。
すぐに届いた。

 

まだ、市場開拓期であまり売れてないような感じだね。
俺のような未来を体験したいモノ好きが買う程度か。

 

それは『Clova』という名のAI(人工知能)が搭載されてて、
人間が話しかけてお願いすると質問に答えてくれたり、
人間の代わりにネット接続して調べて教えてくれるんですね。

 

要は手足のついてない動かない『不動のコンシェルジュ』みたいな感じ。
それでスピーカーの形を成してるだけ。
まぁ、一応音声を認識したり発したりするのにスピーカーやらマイクが
必要なのでこの形なのだろうけど、折角スピーカーなので
『LINE MUSIC』と連動していて、その中の楽曲4000万曲の中から
要望に応じた音楽をチョイスしてかけてくれるという。

 

ただ、毎度同じでなく、ちゃんと学習していってくるんで徐々に
ご主人様であるユーザーの嗜好に合わせて流す音楽をチョイスしてくれる
ようになったり、ちょっとわかりづらい言い回しでも何度か
コミュニケーション取る内に声を聞き取ってくれるというスゲェヤツ。

当然、そんな素晴らしいんじゃ値段も素晴らしいのでしょうね!
と言われそうですが、そんな事はない。
なんと、この『LINE Clova WAVE』は他の同類品である『Amazon Echo』『Google Home』より数千円安い!

 
さらにLINE STORE経由で買ったら期間限定で購入価格の20%をポイントバック。
さらにさらに1年分の『LINE MUSIC』聴き放題チケットがついてくるので、実質本体はタダになるっていう具合でこれってネタで買っても充分に元取れるねという先行者優遇処置が取られている。




... "『LINE』の『Clova WAVE』を買ってみた。シーマンとは全然違う。" を続けて読む

こんばんは!

 

超恋愛体質のSHOWです!
素敵な女性を見ると
『キレイだ』『可愛い』『好きだ!』
『愛してる』『僕にとって君は太陽だ』
『顔がタイプ過ぎてずっと見つめていたい』
『唇や目元が色っぽいね』
と言わずにはいられないタイプなので、
ついつい女性をいろんな意味で驚かせてしまう場合が多いです。

 

あとは目をじっと見つめるなど、男性は特に女性の目をしっかり
見つめてあげるだけで印象が変わる事が多く、
言葉以上に目から好意を伝える事は容易です。

言うのも、見つめるのもカネもかからないのに、とても幸福度が高まり
幸せオーラ全開になるので、エコで経済的でハートフルでビューティフルです。
基本的にシラフで酒の勢いなど必要とせず、大真面目に伝えるので
大抵の女性はテレるか、笑って茶化すか、どうしてイイかわからない顔したりして、
結構その仕草がまた可愛かったりして相手の恋愛経験レベルを測ったりできるし、
あとでそう言われた瞬間の感想など聞くと、
ほぉ〜女性はそう感じるのかー男性慣れしている女性でも
あまり男性が面と向かって言われた事なくて
新鮮に感じていたりと、いかに日本人男性がちゃんと好意を女性に
対して伝えていないかが見えてきます。

 
そんな中で、奥手な男性が多く、
実はチャラそうな男性でも案外ちゃんと
女性に好きだと伝えていないケースもあったりと、
なんだ表面は女遊びを派手にやってそうなアンちゃんも実は対して
口説き慣れていないなど草食系の実態が浮き彫りになってくるのです。

 

どうなってんだジャパニーズメンズ!!やる気あんのか?!






... "女性に告白してフラれた時に男性がすぐ立ち直る秘技。" を続けて読む

こんにちは!

 

いつもどうも!SHOWです。

 

最近、若い18〜24歳ぐらいまでの学生や社会人と話す機会が増えて、色々と感じるところがあるので、
ちょっと真面目に『コミュニケーション』について考えて今29歳の俺の考えをここに記そう。

 

まずその前に、俺が物心ついた幼少期から今に至るまで、
どのような性格であったか。
今のように誰とでも普通にフラットに、
時にふてぶてしく思われてしまうような堂々とした態度で、
スパッと断言、言い切る性格であったか。

 

それはまず違う。

 

俺の場合、2月17日の早生まれという事もあり、
小学生低学年ぐらいまでは常に同じ学年の友人より
物事や言葉の意味を理解するのが遅く、
身体のサイズだけは基本スペックとしてデカかったので、
ただの木偶の坊の頭の悪い少年に過ぎなかった。

 

ただ、小学校低学年ぐらいまではそこそこイケメンだったので、
周りにチヤホヤしてくれる女子たちが色々と教えてくれたり、
助けてくれたので、クラスで公文式に通ってるような
ちょっとデキる小賢しい男子児童にはいじめれる事もあった。

 

ちょっと漢字が書けない、算数がわからないだけで相当嫌味を言われたりもしたが、
この女子達と仲良くしているからが原因だとはその時はわからなかった。

要は全くいわれはない、悪気はないのになぜか嫉妬されてると。

 

もちろん、そのいじめてくる男子児童たちよりも、
俺自身が常に高身長で圧倒的にイケメンであった事は、
当時の頭の悪い俺でも理解していたので、
そうかこれが嫉妬の原因かという心理的な部分を推し量る能力は
徐々に開花していったのを記憶している。

 

当然、考えを綺麗に言葉で伝える能力はまだなかったので、
言葉足らずで誤解される事も多く、むしろ相手をさらに怒らせる
天才的才能も秘めていた。

 

ブスでデブな女子児童を泣かせるのはお手のもので、
バカな男子児童の罵倒ぐらいでは傷つかない怯まない女子児童も、
俺の一言で泣きじゃくり怒り狂う様は何度かあった。




... "コミュニケーションの難しさを痛烈に感じて悩む若者たち。" を続けて読む

みなさん、こんばんは!

夏ですね!
2017年も8月ですよ!
テンション上がりますよね!

冬の寒い期間が長い東北では貴重な暑さでございます。
来たれサマー!
サマーと言えばサマーランドだ!
(東京近郊出身者にしか伝わらない。)

という事で相変わらずのSHOWでございます。

冬場からこの時期を遠い目で待ち望んでおりました!
いやね、思います。
寒いと人の心は狭くなり、どうしても殻に閉じこもるようになってしまいます。

オープンではなくクローズ。
解放ではなく束縛。
排他的な雰囲気になり、内側に固着してしまうのは無理もない事でしょう。

さて、そんな本日のお題は『恋愛できない男』たちの言い訳を『挽歌』と皮肉り、
心のオシャレ小箱にしまっておくのもムダなのでオープンソース化しましょ!

僕の周りには昔から一定数必ずと言って良い程、女性に興味あるけど何かと言い訳してなんのアクションも起こさず、ムラムラが止まらない真面目なフリした変態男子がおりました。






... "恋愛ができない男たちの挽歌。" を続けて読む

みなさん、おはようございます!

いつの間にか梅雨も明けてしまいましたね!

今年の夏も暑そうですが甘酒を大量に飲んで頑張るSHOWです!

 

と言っても、結構暑さには強いので、この季節でも長袖二枚着、
スーツ姿でも普通にジャケットにネクタイもというウォームビズスタイルです!

 

さてさて、そんなこんなであっという間に7月も最終週に突入して、
月末はどこもかしこも夏の風物詩である花火大会が全国各地で開催されますね!

 

 

こうゆう夏のイベントは基本的にアウトドアだから、彼女を夜に外へ連れ出す口実になって、学生時代はドキドキワクワクしながらスケジュールを考えたものですね。

中学、高校なんてのはチャリンコか良くてもバイクでしょう。

大学生や社会人になって当たり前のように車などオトナなビークルに乗って移動できない分、様々な制約の中で工夫して遠出したりしますよね。

そんな恋トキメク季節ではありますが、僕は1988年の早生まれ(水瓶座)の87世代でございまして、今年度末には30歳になってしまう身です。






... "彼女いない歴=実年齢の人が真に求めているものとは?" を続けて読む

2

みなさん、こんばんは!
今日も楽しく1日を生きたSHOWです!

さて、世の中には急に連絡が取れなくなったり、姿を見せなくなる人が一定数います。

高校生や大学生のアルバイトなどでも、決められた出勤シフト表通りに無断で来なくなったと思えば、そのまま無言でフェードアウトしていき困った経験をしたり記憶にありませんか?
学生時代も委員会や部活などを急にバックれて来なくなってしまったまま、登校もしなくなり、卒業まで顔を見なくなった人とか。

これが社会人になっても、このようなバックレ、音信不通、蒸発といったクセが抜けていないタイプは組織的な動きをする中では大変困った人材となりますね。

日常生活をそつなくこなすビジネスパーソンにとってはとても理解しがたい事だと思いますが、なぜ音信不通という手段になるのでしょうか。

言葉や文章にて相手に何かしらの意思表示をして伝える手段は数多くあるはずです。

なのにそのような方法は取らず電話に出ない、居留守を使うという手段を選ぶ人が現代では少なくありません。






... "音信不通になる人。蒸発する人の心理を理解する必要があるのか。" を続けて読む