こんばんは!

3年半程前に、ちょっくらガチの手錠をかけてもらったSHOWです。

 

人生はエンジョイしなきゃ生きてる意味も価値もないという事で、
日々楽しい事を求めてる僕ですが、何も誰かに構って欲しい、
遊び方を教えて欲しい訳ではなく、自分が興味を持った事を
ただ真正面からやってみようというのが一つの醍醐味です。

 

日本人の9割以上の人は逮捕された経験がないので、つい逮捕状だの持って
私服警官が自宅にやってくるとびっくりしちゃう人が多いと思うのですが、
己の信念に基づき隠し事なく堂々と生きていれば恐れる事はありません。
警察官も人間であり、あくまで雇われているので、
自身の正義を貫く覚悟があるか否か
対象者に対しても正義と覚悟のレベルを推しはかりながら会話をしてきます。

 

僕と話をする場合、中途半端な理詰めでは逆に突っ込まれてしまいます。
最初はフレンドリーに聞き流してやってる事も、しつこいのは嫌いです。
なぜ嫌いかと言えばもちろん、しつこいのは時間の無駄で面白くないからです。

 

同じ話は二度しなくていいよってヤツで、一度聞けば言いたい事はわかるからであり、
『もう一度その話に戻すの?おバカなの?意味ないよ、同じ事答えるの?笑』
となるので頭の悪い公務員は嫌いです。
賢い公務員は好きです。国家公務員はランク訳されてるから頭の良さが判別しやすくて良いですよね、ただ会話の節々にインテリ感を出してくる人は損してると思う。

それにより一般人は賢そうな人に勝手に壁つくってるからね。

 

これは警察官でも消防士でも行政職員でも、国家公務員でも同じですよね、
相手の心理を読みつつ、自ら話したくなるように、聞き上手でなきゃいけない。

 

会話がキャッチボールのように、卓球のラリーのように意気揚々と
楽しみながら進むからです。

 

これは良い話だろうが悪い話だろうが、
重要なのは面白いか面白くないかなだけです。

なので、ユーモア溢れるトークセンスある実況検分とかはノリノリで
『サクッと終われせようぜ!時間は最長で30分でいいかな?』

という感じでこちらからリードしようとするのを
『いやいや、ここ警察署だからね、こっちが仕切るから。笑』
みたいな返しができる粋な警察官だと、最後はなんか良い感じに戦友な雰囲気出しつつ『また来るよ!』と言いたくなってしまうんですよね。

 

下手なヤツと話していると、こいつマジで女性にモテないんだろうなぁ〜
ただのマニュアル通りに動く、ロボットでも代わりの効く将棋の『歩』キャラか。
前進だけなら特にマイコンとか積まずともモーター駆動だけで事足りちゃうぞ。
『いいのか?君。前進だけで本当にいいのか?笑』と聞いてみたらちょっと困ってた。

 

せいぜい、『と金』になれるようにひたすら言われた通りに
黙ってコツコツと前進していれば良いのだが、

『俺の前には現れないでくれ、君と話している時間はないんだ。』

とつい言ってしまうので、たじたじになりながら長年やってきたベテラン警官がやってきて、これでようやく序章が始まる。
物語にはプレオープニングがあった方が盛り上がる。






... "めっちゃポジティブで前向きな『逮捕』を経験して視える事。" を続けて読む

みなさん、こんばんは。

福島県に生活の拠点を移して丁度1年経ったSHOWです。

さて、今回は首都圏から地方に移住するとどうなのか?という疑問に対してお答えします。

この12ヶ月間、様々なチャレンジをしたり、失敗をしたりした経験をつらつらと客観的に書いてみましょう!

では早速、昨年4月より主に事業のメインを東北エリアにする事にし、IT事業として動かし始めていた『地方移住支援事業』を本格的に開始すると同時に、ベンチャー事業ではすぐには売上が立たず先行投資が必要な事から、ベースの事業である『電気設備工事業』と『広告代理業』を脇でちょいちょい動かしておりました。

せっかくなので、東北全域(福島県、宮城県、山形県、岩手県、秋田県、青森県)をガンガン移動したかったのもあり、4月早々から福島県や新潟県などで電気関連の仕事を受注し、行った事のない場所で仕事をするのを楽しみながら、スキマ時間で地方移住支援事業の方も牛歩ペースで動かしつつ、開発は首都圏にいる取締役プログラマに進めてもらう感じで。




それと同時に嫁様や息子との時間も増やす事を決めていたので、しっかりと週に1日はできる限り休日を設定して、さらには朝飯と夕飯は基本的に家で一緒に食べる事、息子と一緒に入る事など、これまで東京と福島を行ったり来たりの『二拠点居住』で家族と一緒にいる時間が少なかった事を反省しつつ、ライフスタイルの変革に努めていきました。

5月になると地方移住支援事業の方で、このままでは事業として進めるにあたり、予定している計画で進まない事が見え始め、どこか自治体としっかりグリップしながら話をせねばならんなと感じている矢先、福島県で2016年1月に出会った県の外郭団体所長のツテで、東日本大震災と原発事故の被災地・葛尾村を繋いでもらう事になる。

 



... "福島県へ移住してみて丸1年。移住者は語るの巻。" を続けて読む