こんばんは!

 

Apple製品に毒されてるSHOWです。
今現役で使ってるApple製品は

 

PC
①iMac 27inch Retina 5Kディスプレイ(2014)
②iMac 21.5inch Retina 4Kディスプレイ(2015)
③iMac 21.5inch(2009)
④MacBook Air 13inch(2015)

 

タブレット
①iPad mini(2013) 

②iPad Air(2013) 
③iPad Air2(2014) 

 

スマホ
①iPhone 5s(2013)

 

他にも業務端末でiPhone 6sもあったりするので、まぁまぁ定期的に貢いでいる。

 

という具合にこの数年でなんだかんだでりんごマークのついた製品を
買っては長い事使い続けてるんだけども、
ついに約4年間愛用してきたiPhone 5sが不調をきたし、
今年の初めから騙し騙し使ってはいたが、
さすがにバッテリーの充電も怪しい感じでというタイミングで、
iPhone8だのiPhone Xの発表があった。

 

さて、業務用端末で2年前にiPhone 6sを買ってはみたがそのデカさに使いづらいなと思っていたので、その延長的進化のiPhone 7iPhone 8には全くワクワクしなかったが、先進的なスペックのような気がするiPhone Xにはちょっと心踊った。

 

まぁ、発売を待ってdocomoショップで予約はしたが当然の如く、
発売日の11月上旬には手に入らず、おいおい俺のiPhone 5sの命の灯火が
もう尽きようというのにまだiPhone Xは来ないのかと待ちわびていたのだが、
店頭でデモ機を持ってみた結果、

 

『デカ。なにこのサイズ感。iPhone 7より大きいのかよ。しかも重くね?』

 

確かにiPhone 7より一回り大きいだけなのに、ディスプレイは比にならないぐらい
大きいので、全部画面というインパクトは感じられるのだけど、
俺の手のサイズでは右手で持った時に親指が画面対角の端っこまで届かないんですよ。

 

iPhone 5sなら全ての角に指が届くのにそれが一つ許せない。
という事で、店員さんに
『iPhone SEってもうないんですかね?
Appleホームページ見る限りはまだラインナップされてるみたいですけど〜。』
と問うと
『もうdocomoとしては新たに入荷はしてないので、
在庫限りですね、チェックしてみます。』
そして待つ事数分、
『ありましたよ、最後の1台。iPhone SE 32GBのローズゴールド色!』

 

『おっ?マジか。しかも俺の為に存在しているようなローズゴールド色が
残ってるとは。これは買えという事か。
目の前にiPhone Xのデモ機を見つめつつ、iPhone 5sと同じサイズのこの機体。
素晴らしい使い勝手なので最悪、いざという時の予備機に
ストックしておいても良いな。』

 

という事で即決。

 

iPhone SEの手頃感がすごい。
docomoは割賦だと本体割引が効くので実質2万円程で手に入る。

 

iPhone Xは割賦割引効いても実質6万円以上する事を考えると
なんつー高い端末だと思うね。

 

いくら先端技術とセンサーの塊とはいえ、消費者としては単純に携帯端末に
対して支払う金額じゃねえだろ?と感じる。

 

流石はApple価格。

 

まぁ、実質2万円で購入できるiPhone SEは手頃感抜群なので、
これならiPhone 5sをバッテリー交換とかメンテして使い続けるよりいいじゃん。

 

で、購入してiPhone SEの安定感抜群の使い心地が素晴らしくて
ホクホクの喜びを感じてから1週間後。

 

docomoから『iPhone Xを入荷したから取りに来い』と。
あらま、もっと待つのかと思ってたけど意外に早かったな。

すぐ行く。待ってて。




... "iPhone Xを待てずに今更iPhone SEを買ってみた。" を続けて読む

こんばんは!

綾野剛が悪役やってるとつい観たくなってしまうSHOWです!

 

つい先日、平日夕方にちょっとスキマ時間があったので、その時近くにあった
『イオンシネマ福島』っていう映画館に行き、劇場予告観て面白そうだなーって
思っていた『亜人』を観てきた。

 

この作品は漫画原作なのだが、俺は全く知らず、先入観なし、
予備知識なしで観たが、まぁ、その世界観というか作風は最初の数分で理解し、
わかりやすいアクションエンタメとして楽しめた。

 

本作のキモは『死ぬ事がない』亜人によるバトル。

 

死なないので緊張感がない。というか、一応殺されても再生して動けるように
なるまで多少のタイムラグがあるので、その間に捕縛されたりする弱点もあるが、
死んで再生すれば他の怪我なども全回復って事、
知能戦的にその死なない能力を活かしたバトルが見所になっている。

 

悪役は綾野剛城田優

 

もうね、この悪役ありきの作品だと思って間違いない。

 

最高のスパイスになっていて、いかにこの悪党が微塵も同情価値がないような
徹底した悪になれてるかが重要なんだけど、ちゃんと綾野剛が主人公の佐藤健
食っちゃうぐらいにアクの強いキャラを演じている。

 

兎に角、主要男性陣がこれでもかというぐらいにイケメン揃いの本作。

 

玉山鉄二とかも久々に見たなーと思いつつ、よくよく考えたらみんな、昔の戦隊モノや仮面ライダーたちじゃないか!?と思ったりしてワクワクした。




... "映画『亜人』を原作知らず目線でレビューしてみた。" を続けて読む

どうも、SHOWです。

話題というか、

メディア側が第二の『君の名は。』を意識しまくって、ヒットを狙ってきてるなぁ、

市場側も『君の名は。』的な感動チックな青春アニメを期待してるなぁ、

という雰囲気ありありの『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を、

公開2日目にして、真昼間にイオンシネマにて、+500円の『GOLD CLASS』席でゆずジンジャーソーダを片手にソロ鑑賞してきましたッ!

 

さて、僕が鑑賞する前の段階で既に、Twitterや映画レビュー等ではかなりの酷評がされていたので、もうワクワクしながらどれだけ落胆させてくれるのか楽しみにしていたのですが、そんなでもなかったというのが僕の意見です。

 

まず、ストーリーの大筋は単調で、タイトル通り、『打ち上げ花火って爆発する時、丸いのか?平たいのか?』という中学生の素朴な疑問を検証する為に、この日の夜に行われる花火大会をみんなで観に行こうぜ。

 

検証する為に下から見るんじゃなく、灯台に登って横から見ようぜ!という話です。

その時に、この及川なずなというキャバ嬢風orビッチ風ヒロインが、
主人公の島田典道安曇祐介というクラスメイトの男子を誘うという事になります。

観ようか観るまいか迷ってる人はまず下記、一読あれッ!






... "『打ち上げ花火、横から見るか?下から見るか?』をドラマ・原作知らず目線でレビューしてみた。" を続けて読む

みなさん、こんにちは!

6月ももう下旬ですね!

4月クールのテレビドラマが最終回を迎え、あぁー終わってしまったねというロス現象
に見舞われているSHOWです!

さて、今回は『あなたのことはそれほど』『小さな巨人』『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『リバース』が初回から面白かったので欠かさずチェックしていたのだが、
どれも終わりが良かった。

『あなたのことはそれほど』は意外な面白さだった。

まず『あなたのことはそれほど』通称『あなそれ』

これは火曜10時ドラマという結構完成度の高いオトナ向けドラマを放送している枠だが、昨年末の『逃げるは恥だが役に立つ』の高視聴率、話題性ともに主役を演じる波瑠と東出昌大がなかなか癖のあるイヤーな役柄をステキに演じてくれたのと、ニューカマーバンドである『神様、僕は気づいてしまった』が歌う主題歌がとてもマッチしていて良い具合にカオス感を醸し出していた!






... "春クールのドラマは面白いのが多かった件をレビューしてみる。" を続けて読む