こんばんは。

つまらないのが嫌いで面白いのが好きなSHOWです。

 

基本的に面白くない人とは一緒にいないのが人生をより楽しく生きるコツだと
信じてやまないのですが、敢えてつまらない人間ともつき合ってみる時間を
作ってみるのも一興かなと20歳代は様々なタイプの人と時間を過ごしてみました。

 

さて、面白い人というのは一緒にいたり、話をしていて、
僕が知らない事や経験を聞かせてくれる人、
一緒に同じ目標に向かって語り合い、
不毛な話で終わらず実行に移す具体的な
キャッチボール的な会話、ラリーが続く人。

この時、会話のスピード、テンポが遅い人とはちょっと話が合わない。

 

というのは一つひとつの発言に考え込んで止まってしまう人だと、
もうリズム感がなくて厳しい。会話にはタイミングやリズムがある、
そこを外してしまう、もしくは質問した事に何も応じないなどの
タイプの人間とは話をするだけ時間のムダになる。

 

時間のムダで済めば良いが、気分も害する可能性すらある。
当然、リズムは人それぞれ違うので合う合わないは当然ある。
気分を害するようなヤツと一緒にいる時間は極力減らそう。
我慢しちゃあいけない。

 

お前と一緒にいると反吐が出そうだと目で訴えかけて、
次回は無い!という顔をしてオサラバしよう。これで快適ライフが始まる。
問題はそんな合わない人と我慢して一緒にいて話を合わせなくてはならないのか?
という事であり、早い話が特段、長い人生において重要度、
優先度が低ければサクッと距離を置くのが良いのではないかと。

 

なんとなくのお付き合いや、惰性で何かの会合に参加し続けるのは
貴重な時間を失う可能性が高い。
起業あるあるなのだが、なんか『お仕事欲しいです』ムードで
異業種懇談会やら様々な商工団体の懇親会に参加しているケースについて疑問がある。






... "人生の時間は有限。人脈は広げるべきか、掘り下げるべきか。" を続けて読む