みなさん、こんばんは!

基本的に創業日や法人設立日は特に意識しないSHOWです!

 

が、今回はちょっとした節目なので意識して振り返ってみようかと。
起業にまつわる物語の序章。

 

本日、12月1日は創業日。

 

2012年のこの日に創業した。前日の11月30日に最後のサラリーマン生活をやめた翌日。

 

元々、12月1日に創業するというのは決めていた。

 

我が父親の誕生日だ。その日は父親の46歳の誕生日であった。

 

9歳までは一緒に暮らしていたが、父親もサラリーマン気質ではなく
24歳で起業していたので、僕の幼少期から経営者であった為、
ほとんど家にいる事なく、仕事ばかりしているイメージだった。
だが、確実に面白そうだと感じていたので、社長業というのは一度はやってみようと、
一つの目標として20歳代前半の間に一度は起業するというのは中学生時代から決めていた。

 

そうなるとまず第一回目は24歳までにという事で動いていたが、
24歳になってすぐに結婚する事が決まっていたので、
結婚して新生活が始まるので起業の時期を半年ズラした。

 

基本的に全てに予定、計画をして、その上で最後は直感に頼り、
動いた先にある答えを見て修正していくスタンス。
ただ、自分の中には型やこだわりがあるので、数字や日付はこれだという日にする。

 

結婚記念日は5月5日
創業時の個人事業から株式会社へ
転換した法人設立日は7月7日

 

そして、この創業日は9歳以降一緒には暮らしていないが、その後も目標の1人である父親へのリスペクトの念もあり誕生日の12月1日にした。

 

基本的に風変わりな親子関係である為、事前に起業予定だとか、
嫁が妊娠してるなどの話は一切なく、起業した日や孫である息子や娘が生まれた日に、全て当日に『起業した』『産まれた』と常に『結果』だけを事後報告として
伝える事にしている。

 

そんな計画と予定調和と勢いで動いている僕はもちろん、名前にもこだわりがある。

 

なんとなくでは名づけない。
『名はその存在を示すものだ。ならば、それがもし【偽り】ならその存在も【偽り】という事なのかな?』
とは尊敬するギルバート・デュランダルの名台詞。


そんな訳で2003年頃から同名の企業が存在しないようにしようと、
独自の名前を与えよう。

その中でも俺は美しいモノが好きなので、自然界で一番美しいのは『花』






... "『アルストロメリア』を社名にしたのには理由がある。" を続けて読む

こんばんは!

 

24歳の時に個人事業から創業して、
その1年半後、株式会社に法人化して今に至るSHOWです!

 

さてさて、起業だ創業だベンチャーだ、スタートアップだと昨今、
日本は廃業率に対して創業・開業率が低下していて、
この先どんどん企業の総数が減っちゃうぜ、
雇用が減っちゃうぜと全国どこもかしこも起業支援ブームですね。

 

小中高じゃなぜか、ビジネスや経営の授業がないのが不思議なんだけど、
なぜみんなサラリーマンになる事を前提で『商い』の学習がないのですかね。

 

だって、昔の日本ってサラリーマンの方が少なかったはずでしょ。
武士とかみたいな雇われじゃない限り、
みんな何かしら自分でモノやサービス売ったりしてたのになぁ。

 

・銀行に行ったらこうやって事業融資を受けるんよ。
・請求書っていうのはこうやって作るんよ。
・仕事してもすぐにお金が入ってこないビジネスをやる時には
キャッシュフローに気をつけて、資金繰りを考えて営業しないと黒字倒産するんだよ。となんで、ただの1年でも教えてくれないんですかね。

 

大人になってから急に起業支援とか言われても、
ほとんどの人がどうやって起業するのよ的で、
もうめちゃくちゃ下調べした上で結局自信ないし、
失敗したら首吊らなきゃならないからやらないという考えで、
結果起業って実はそれほど増えてないんだよね。

 

で、そんな中で、起業セミナーとか今じゃ全国の自治体の商工会や商工会議所とか
外部の民間団体とかでもやってるけども、そんじょそこらじゃ教えてくれない
起業の面白いリアルトークをしてみよう。

 

みなさま、このブログを読んでらっしゃる方はそろそろお気づきかと思いますが、
知っての通り、中学、高校時代から『女のコの裸とバイクと起業』の事
しか考えてなかった俺としては、高校卒業と同時の2006年に会社法ってのが変わって『株式会社』を資本金1円で作れるようになっただけでもナイスタイミング!
日本で起業するには追い風じゃないか!と。

 

株式会社って1000万円の資本金が必要だったからね、稼いで貯めるか、
どっかでカネ持ちのオッサン探して出資してもらうしか作れないじゃんよって
高校時代どうしよーって思ってたけど。

 

(有限会社なら300万円で作れるけど、じゃあ個人事業でもいいかなーとかね。
でも法人じゃないとなんか会社感ないなぁーってカタチにこだわりたかった。)

 

起業ブーム再燃か!?と思ってワクワクしたもんですが、
そんな起業ブームを利用した悪魔のビジネスがたくさんあるのをその後に知る事になるのである!!ドドンッ!




... "起業すると色んな悪いヤツらが寄ってくるッ?!" を続けて読む

みなさん、こんばんは!

田植えの季節です。夜になると田んぼにはカエルがたくさん。鳴き声はもはや風物詩ですね!
そんなカエルの鳴き声を楽しみながら書いていきましょう!
さて、今回のお題は掲題の通り!
昨今、国や自治体も応援ムードになってきて、
サラリーマンから脱出しようかと流行り始めた『起業・創業』について、
誰も教えてくれない大切な事を具体的に公開します!

まず、多くの人が自分の得意な事や好きな事、もしくはこれまで勤めていた企業の
業務経験から延長して『独立』というカタチで創業しますよね。

全く縁のない事業をいきなり立ち上げるのは、なかなかハードルが高いので、それなりにその分野に詳しいとか経験があるからという事と、自分の城を持ちたいという野望があったり、今のままサラリーマンを続けていても幸せになれない!つまらない!など、起業する理由は様々でしょう。






... "サラリーマンから起業するなら、辞める前にこれだけはしておけ!" を続けて読む

みなさん、こんにちは。

春休みなのか、学生が多い昼間のスターバックスで、
学生に混じって『ゆずシトラスティー』ベンティサイズを飲んでるSHOWです!

さて、今回はスモールビジネスの創業やベンチャービジネスの起業をする際に、
自己資金や友人や身内からの借入以外の主に金融機関からの融資を
引っ張りたい時にやっておくと良いマメ知識をご紹介ッ!


さぁてと、事業資金はどうやって調達すっかな。そうだ。公庫に行こう。


貯金も何もないけど、会社辞めてきたよ!
明日から何しよう!
レバレッジ効かせてドーンと設備投資して始めようか!

と事業を始めて独立開業したい時、大体の人はまず『日本政策金融公庫』に足を運びますね。

通称・公庫というのは政府系の金融機関であり、この国の新規創業を増やし、経済を回し、雇用を生む為にやる気のある起業家、創業者におカネを貸してくれます。

通常の民間の金融機関である、銀行や信用金庫、信用組合では実績のない、貯金のない、全くゼロの人にはおカネを貸しません。
貸すとすればそれは、もし返せなくなったとした時に取り上げる『担保』を用意した時だけです。
担保というのは不動産が一番身近ですね。






... "起業する時に融資を受けるのに有利な手段!" を続けて読む

こんにちは!

本日は珍しく夕方には家に戻って子どもとゆっくり遊んでいるSHOWです!

 

 

20歳代で起業しようとする時、日本ではなかなか精神的ハードルがあるというか、その一歩を踏み出せない若者は多いのでは無いだろうか。

 

 

今勤めている会社はやりたい事では無いとか、待遇に不満があるとか、仕事にやりがいが感じられないとか様々な思いの中、勤め人をやり、
日々疲れ切った挙句に週末の休みは趣味に時間を費やすか、泥のように寝ている人も多いだろう。

で、実際20歳を超えると結婚する若者もそれなりの数いるはずだが、ここでいずれ自分で事業をやりたいとか、社長になりたいとかぼんやり考えている層に向けて、私の経験を共有したい。

 



 

それはなぜか。

 

 

大概の人間は弱いので言い訳をしたくなる。言い訳を探す。やらない理由を作ろうとする。

この点が非常に良くない。日本人的というか口だけで動かないタイプが実に世の中9割を占めるんだろうな。

 

そんな一般ピープルに教えたい心構えが3つある。






... "結婚と子育てしながら起業する20歳代に共有したい大事な心構え。" を続けて読む