こんにちは!

今日から12月です!
クリスマスも近づきパワー全開になるSHOWでございます。

2017年も終わりですね!

 

思えば今年は20歳代最後の年という事で色々とやってみました。

 

春先にプライベートで娘が産まれるにあたり、
その前に西日本を旅してこなきゃという事でガチプライベートで、
娘を身籠った臨月の嫁様をおいて1人車で西日本を四国やら九州やら弾丸ツアーしてきたり、
19歳の時以来の10年ぶりにトレードマークのツンツンヘアーからパーマを
かけてみたり、口座差し押さえられてみたり、裁判所から訴状が届いてみたり、
イベントが盛り沢山で日々、飽きずに毎日をエンジョイしております。

 

さてさて、毎年去年の同日と同じ事はしていたくないというスタンスにより、
起業するまでも毎年違う会社にいたり、住まいも更新する前に引っ越したりと
常々環境を変化させておくのが当たり前になっているのを、
起業してからはさらに加速させてきた感じでやりたいようにやっております。

 

むしろ、自分で経営する事で仕事の内容もいつもやってるものだけでなく、
違う新しいものにチャレンジしてみたりと飽きない仕組みにしています。

 

そして大事なのが仕事を通じて多くの人に出会い、
客観的に他人の人生を見たり、
仕事を通じて様々な土地に移動する事で、
わざわざ休日だから遠出するみたいな
くだらないノリにならず、空いてる期間中にその行きたいエリアで
仕事を発生させて、行って楽しむというのを日常にしたいと考えていたので、
とりあえず考えたイメージ通りにはなってます。

 

暇を持て余すと本当にどこにでも自由に行ってしまい、
落ち着きがなくなってしまうので、一応家族を持ち、
ちゃんと労働はするようにしていますが、その敢えて制約を設ける中で最大限、
己の思い描くライフスタイルを構築して楽しんでいますが、これが実に面白い。

 

時間もカネもいくらでもある状態とは違い、頭を使い、身体を使い、工夫しながら、
今ある環境をいかに楽しむか、楽しめる感受性豊かな己で在る事ができるかを
人生観の主軸においているので、基本つまらない、なんか面白い事ないかなーって
暇になる事はないですね。
常にやりたい事で満ち溢れてるので、今の所、世界の崩壊を望んだり、
暗黒魔界の王になりたいなとかはないですね。




... "起業してから5年。あと3ヶ月で30歳。さて次の10年は?" を続けて読む

こんばんは!

 

綺麗で可愛い女のコとあんな事いいな!できたらいいな!
と毎日豊かな妄想にふけってるSHOWですッ!

 

日々ラブ&ピース、な気分で絶好調ですね!
さて、この10年ちょっと社会人生活をしていて、
よくよく思うのは世の中の男たちの軟弱ぶりがひどい件について。

 

僕の昔からの同級生にも多いので、もはや世の中どれだけ疲れちゃってんだよ、
大丈夫かお前さん!生きる気はあるのか!?という気分にさせてくれる
若者多いぞという点についてまとめてみよう。

 

中学、高校、大学時代はあんなにイケててイケイケだった奴も、
そうでない奴も、社会人になってからすっかり牙を抜かれて意気消沈して、
久々に会えば飲みの席で愚痴ばかりになってきた30歳前後。

 

愚痴る時間は人生において無駄の極み。

 

なので、この手の連中とはここ数年話が合わなくなってきているので、
一緒にいても超つまらないので段々と会う機会も減ってきたのだが、
やはり歳を重ねる毎にやる気を失ってる奴が多くなってきた!

 

10代の頃にふんわりゆるく思い描いていた未来の自分像に近づいてない事に対して、もはや諦めと絶望に打ちひしがれている様で、もはや僕の超ミラクルポジティブ論とか話している『自分がダメ人間に見えてくるよ』と勝手に鬱展開に流れていくのでもはやフォローのしようもない。

 

『なら死ねばいいのに。笑』と言ってあげる事だけが
救いになればと強烈に言ってあげるんだけど、それもない。

 

前にも進めず、後ろにも戻れず、人生詰んだ顔した30歳前後の希望のない
表情を見ていると実に不愉快なので、もう死ぬ気でやってみろやという話を
論じたところで、全く気合いもやる気もなく、それはすなわちちゃんと
己の人生を自らの足で歩む気もなく、なんとなく流れに身を任せていたい、
頑張りたくない、面倒臭いというオーラが見え見えなので近くにいると
その腐れマインドが周囲に移るのでやめていただきたい。
と伝えるとキレる始末。

 

もはや嫉妬なのか己への怒りなのかもわからないレベルで
彷徨う抜け殻の様になっていたりする。






... "男性より女性の方が強い。男の軟弱ぶりが露呈する。" を続けて読む

こんばんは!

 

工業高校卒業が最終学歴のSHOWです。

 

突然ですが僕は2003年の春に高校1年生になった87年世代です。
(正確には88年生まれですが、早生まれの2月なので。
あ、ちなみに天才肌の水瓶座です。
プリンセス・プリンセスの奥居香と同じ誕生日ですね!)
もうね、人と同じ事やってるのが無理な感じです。
『Diamonds』が似合うバブル真っ只中に生まれた世代です。

 

故にバブル期の日本の雰囲気を体感しておりません。
気づいた時には平成不況と就職氷河期と山一証券が潰れたという
ダーティーな話題ばかりの世紀末でしたね。笑

 

ノストラダムスの大預言とか結構良い感じに好きでした。
99年7月を結構楽しみに待っていたんですが何も起きませんでしたね。
で、社会人になったのが高校卒業した2006年春なんですがね、
まぁ普通に大学卒の人が当たり前のように多い訳ですね。

 

大学生活の話を聞けば、素敵なキャンパスライフを謳歌している人もいれば、
クソ虫のような堕落した時間の中を生きてもはや使い物にならないレベルまで
退化している人もいたりと色々ですので、特にいいなぁーというのはなく、
何を目的に大学に行ったのかというところが重要だと考えているタイプです。

 

俺が中学生3年生の時の2002年。
ここで最初の進路を大半の人が決めますよね。

 

大学進学を目指すのか、それとも高卒で就職するのかに分かれると思いますが、
大体の人はなんとなく親が大学までは行けと言ったから、
大学進学するのが当たり前だと思っているケースが目立ちます。

 






... "罪深い学歴至上主義の先にある若者のなれの果て。" を続けて読む