こんばんは!

SHOWです!

 

最近、自殺願望者をまとめてエグゼキュートしたサイコパスが
神奈川県の座間市にいた事件
が起きて、マジで詳細が明らかになる程、
気持ち悪さが増すので知り合いの中にはそのニュース情報でかなりグロッキーになってたりと社会を震撼させてますよね。

 

まぁ、Twitterなんか見ているとFacebookなどのSNSとは違い、
自分の趣味嗜好の人間をツイート検索して見つけてフォローしたりしているので、
悪用しようと思えば結構できちゃいます。

 

何せ、情報弱者が他人のツイートに影響されまくってくれるワケで、
顔も素性も明かさないユーザーに対して、教えを乞うような形で、
先生や救世主扱いしてるんだから。

 

ちょっと発信力があったり、バシッと己の意見を持ってるユーザーが
それっぽい事をツイートしまくって、そこそこのフォロワーがいれば、
素人の情報弱者からしたら、それだけで信用に足る、
教えを乞う存在として崇めてしまうよな。

 

そもそも、俺は自殺、自死願望がまるでないので1人で自ら死に場所を
探すなんて事はない為、まるで自殺願望者に対して共感力ゼロなんだけども。

 

誰かと一緒に死にたい感じなの?
誰かに殺して欲しい感じなの?

 

なぜわざわざツイート見て、ダイレクトメッセージ送って、
死に方聞いたり、死に場所教えてもらって、会いに行くのかな。

 

不謹慎な話、もう死ぬ気であったなら特に現世に未練などないから、本望だったのか。
逆に恐怖を感じて殺される直前に生きたいと思ったのかはもはや誰にもわからない。

 

しかし、この事件の重要な事は、今この時に死にたいと思っている自殺願望者
とやらが、Twitterで死に方聞いてホイホイついて行ってしまうとバラバラに
されてヒトの形を残さずに誰が殺されたのかも特定できない状態でこの世から
消されてしまうから気をつけろや。って事であり、自殺願望者のその願望は
利用しようと思えば、サイコパスにとっては絶好のカモであり実験台と
見えたのではないのかと思う。

 

僕は福島県に住んでいるから、福島県の女子高生までが被害者になっている
可能性があるとちょっとマジかという親近感めいたものがあって、
余計に気持ち悪いんだけどさ、群馬だの福島から女子高生がわざわざ
神奈川の座間まで行くって余程だよ。もうガチで死ぬ気だとしか思えないけどね。
たとえ殺されなくても、相手が男だとわかっていたならレイプぐらいは
されて山に捨てられるだろうと言う想像力はあるだろうに。

 




... "ニンゲンはそもそもなぜ自殺願望を抱くのか。" を続けて読む

こんにちは!

長女が産まれて丁度1週間。

友人、知人から出産祝いをもらえそうな雰囲気でちょっと何が届くのかワクワクしているSHOWです!

さて、女性目線であれば、出産祝いに送るものと言えば何となくイメージはつくのでしょうが、男性諸君だとどうしても赤ん坊に対するイメージがないので、一体何を買って贈ればいいのだろうかと悩んでしまいますね!


知人・友人の『赤ちゃん向けのお祝い品』って何を贈れば喜ばれるんだろうか?


そもそも、子どもの服のサイズって難しいですよね。

・子どもの成長は早いから、どのぐらいのサイズを贈れば使ってもらえるのか。

・はたまたファッションだから親御のセンスと合わなければ使ってもらえないのか。

・もしくは多くの人から同じタイミングで服を贈られるから同じサイズばかりだと困るのか。






 

... "知人・友人の子どもが産まれた時に贈ると喜ばれる無難な出産祝い。" を続けて読む

みなさん、こんばんは。

SHOWです!

今回は『地方移住』について考えるの巻です。

 

  • 移住って何?

 

昨今、地方創生という言葉や地方活性化など、やけに地方ワードが飛び交っていますよね。

そんな中で各地方自治体は人口減少に歯止めをかけるべく、様々な施策を打って、移住者を呼び込もうと躍起になっています。

 

『知らないと損する全国自治体支援制度8496』(2016年版)

 

わかりますか?

全国で8496個もの支援策を用意していて、移住者をカネで釣ろうとしているのです。

もともと、地方には財源がありませんね、なので一市町村でそんなに多くの補助金など用意できるはずもないのですが、近年、国による地方創生交付金なるものが全国で1000億円も用意されているので、それを使って各自治体は若者を呼び込もうと慣れもしない制度を作っているんですね。








... "移住して何やるか。" を続けて読む

こんにちは!

本日は珍しく夕方には家に戻って子どもとゆっくり遊んでいるSHOWです!

 

 

20歳代で起業しようとする時、日本ではなかなか精神的ハードルがあるというか、その一歩を踏み出せない若者は多いのでは無いだろうか。

 

 

今勤めている会社はやりたい事では無いとか、待遇に不満があるとか、仕事にやりがいが感じられないとか様々な思いの中、勤め人をやり、
日々疲れ切った挙句に週末の休みは趣味に時間を費やすか、泥のように寝ている人も多いだろう。

で、実際20歳を超えると結婚する若者もそれなりの数いるはずだが、ここでいずれ自分で事業をやりたいとか、社長になりたいとかぼんやり考えている層に向けて、私の経験を共有したい。

 



 

それはなぜか。

 

 

大概の人間は弱いので言い訳をしたくなる。言い訳を探す。やらない理由を作ろうとする。

この点が非常に良くない。日本人的というか口だけで動かないタイプが実に世の中9割を占めるんだろうな。

 

そんな一般ピープルに教えたい心構えが3つある。






... "結婚と子育てしながら起業する20歳代に共有したい大事な心構え。" を続けて読む

みなさん、こんばんは!

いつも動いていないと死んでしまうマグロのような漢・SHOWです!

 

起業家として生きる。チャレンジャーとして突き進む。燃え尽きるまで走る。

 

はい、本日は事業を立ち上げたり、会社経営について個人的見解を書き記します。

僕の場合はもともと『起業』というモノはあまり特別な事とは考えていないタイプです。

というのも、父親も24歳の時に会社を立ち上げていたり、祖父も個人事業で縫製業をやっていたり、親戚も自らビジネスやっていたりと、
基本的にサラリーマンがいない環境に育ったのもあり、忙しそうだけど自由度が高く、自らの人生を自ら方向決めて突き進んでいるという『生き方』こそが
自主と自立という事だろうと考えていたから。




... "事業立ち上げや会社経営について" を続けて読む