みなさん、こんばんは!

基本的に創業日や法人設立日は特に意識しないSHOWです!

 

が、今回はちょっとした節目なので意識して振り返ってみようかと。
起業にまつわる物語の序章。

 

本日、12月1日は創業日。

 

2012年のこの日に創業した。前日の11月30日に最後のサラリーマン生活をやめた翌日。

 

元々、12月1日に創業するというのは決めていた。

 

我が父親の誕生日だ。その日は父親の46歳の誕生日であった。

 

9歳までは一緒に暮らしていたが、父親もサラリーマン気質ではなく
24歳で起業していたので、僕の幼少期から経営者であった為、
ほとんど家にいる事なく、仕事ばかりしているイメージだった。
だが、確実に面白そうだと感じていたので、社長業というのは一度はやってみようと、
一つの目標として20歳代前半の間に一度は起業するというのは中学生時代から決めていた。

 

そうなるとまず第一回目は24歳までにという事で動いていたが、
24歳になってすぐに結婚する事が決まっていたので、
結婚して新生活が始まるので起業の時期を半年ズラした。

 

基本的に全てに予定、計画をして、その上で最後は直感に頼り、
動いた先にある答えを見て修正していくスタンス。
ただ、自分の中には型やこだわりがあるので、数字や日付はこれだという日にする。

 

結婚記念日は5月5日
創業時の個人事業から株式会社へ
転換した法人設立日は7月7日

 

そして、この創業日は9歳以降一緒には暮らしていないが、その後も目標の1人である父親へのリスペクトの念もあり誕生日の12月1日にした。

 

基本的に風変わりな親子関係である為、事前に起業予定だとか、
嫁が妊娠してるなどの話は一切なく、起業した日や孫である息子や娘が生まれた日に、全て当日に『起業した』『産まれた』と常に『結果』だけを事後報告として
伝える事にしている。

 

そんな計画と予定調和と勢いで動いている僕はもちろん、名前にもこだわりがある。

 

なんとなくでは名づけない。
『名はその存在を示すものだ。ならば、それがもし【偽り】ならその存在も【偽り】という事なのかな?』
とは尊敬するギルバート・デュランダルの名台詞。


そんな訳で2003年頃から同名の企業が存在しないようにしようと、
独自の名前を与えよう。

その中でも俺は美しいモノが好きなので、自然界で一番美しいのは『花』






... "『アルストロメリア』を社名にしたのには理由がある。" を続けて読む