こんばんは!

 

24歳の時に個人事業から創業して、
その1年半後、株式会社に法人化して今に至るSHOWです!

 

さてさて、起業だ創業だベンチャーだ、スタートアップだと昨今、
日本は廃業率に対して創業・開業率が低下していて、
この先どんどん企業の総数が減っちゃうぜ、
雇用が減っちゃうぜと全国どこもかしこも起業支援ブームですね。

 

小中高じゃなぜか、ビジネスや経営の授業がないのが不思議なんだけど、
なぜみんなサラリーマンになる事を前提で『商い』の学習がないのですかね。

 

だって、昔の日本ってサラリーマンの方が少なかったはずでしょ。
武士とかみたいな雇われじゃない限り、
みんな何かしら自分でモノやサービス売ったりしてたのになぁ。

 

・銀行に行ったらこうやって事業融資を受けるんよ。
・請求書っていうのはこうやって作るんよ。
・仕事してもすぐにお金が入ってこないビジネスをやる時には
キャッシュフローに気をつけて、資金繰りを考えて営業しないと黒字倒産するんだよ。となんで、ただの1年でも教えてくれないんですかね。

 

大人になってから急に起業支援とか言われても、
ほとんどの人がどうやって起業するのよ的で、
もうめちゃくちゃ下調べした上で結局自信ないし、
失敗したら首吊らなきゃならないからやらないという考えで、
結果起業って実はそれほど増えてないんだよね。

 

で、そんな中で、起業セミナーとか今じゃ全国の自治体の商工会や商工会議所とか
外部の民間団体とかでもやってるけども、そんじょそこらじゃ教えてくれない
起業の面白いリアルトークをしてみよう。

 

みなさま、このブログを読んでらっしゃる方はそろそろお気づきかと思いますが、
知っての通り、中学、高校時代から『女のコの裸とバイクと起業』の事
しか考えてなかった俺としては、高校卒業と同時の2006年に会社法ってのが変わって『株式会社』を資本金1円で作れるようになっただけでもナイスタイミング!
日本で起業するには追い風じゃないか!と。

 

株式会社って1000万円の資本金が必要だったからね、稼いで貯めるか、
どっかでカネ持ちのオッサン探して出資してもらうしか作れないじゃんよって
高校時代どうしよーって思ってたけど。

 

(有限会社なら300万円で作れるけど、じゃあ個人事業でもいいかなーとかね。
でも法人じゃないとなんか会社感ないなぁーってカタチにこだわりたかった。)

 

起業ブーム再燃か!?と思ってワクワクしたもんですが、
そんな起業ブームを利用した悪魔のビジネスがたくさんあるのをその後に知る事になるのである!!ドドンッ!




... "起業すると色んな悪いヤツらが寄ってくるッ?!" を続けて読む