どうも!
SHOWです!

 

この3〜4年ぐらいBULK HOMME製品をいくつか愛用しているんだけども、
最近ノリにノッてる株式会社バルクオムがドンドン新商品を展開しているんで、
出ると一度は試そうという事でもはやリピーター化してとりあえず
バルクオムの商品なら大きくハズしはしないだろ?という信用の元に購入。

 

今回、つい先日登場した『BULK HOMME』のハンドクリーム『THE HAND JELLY』を試してみたので所感を。

 

実物はこんな感じにオシャレなプラケースのパッケージ。

 

 

パッケージから取り出すとセメダイン的な雰囲気。

 

先端のキャップに棘がついてるので、まさにセメダインのように
プシュッと刺せば、アルミの膜が破れて中身が出てくる。

 

アルミチューブはこの衛生的な感じは良いよね。新品です感。

 

まず、香り。

 

これは同じくバルクオムの『THE LOTION(乳液)』と同じ香り。
むしろ、中身の色の感じもほぼ同じ。

 

ただ硬さがしっかりゼリー状になってる
というだけの違い。

 

 

素人的所感だけど、ほぼ第一印象はみんなこう思うはず。

 

どうしてもアルミチューブパッケージで中身がイメージできないから、
どんなもんかなと思っていたけど、なんか予想外というか、
予測の範疇というか、安心感はある。

 

早速、手に取ってみると最初はしっかり固め。
体温で暖められると徐々に緩んできて液状化する。

 

余談だが、なんか、この色といい、最初はドロッとしてるのに時間経つと
水っぽくなる感じとか、ちょっと卑猥な液体を想像してしまうんだけど、
まぁ、ハンドクリームですからね。

想像しちゃうと使いづらいし、手に刷り込みたくなくなるのでやめておこう。




... "SHOWがBULK HOMME『THE HAND JELLY』のガチレビューする。" を続けて読む