〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

スポンサードリンク

恋愛

彼女いない歴=実年齢の人が真に求めているものとは?

更新日:

スポンサードリンク

みなさん、おはようございます!

いつの間にか梅雨も明けてしまいましたね!

今年の夏も暑そうですが甘酒を大量に飲んで頑張るSHOWです!

 

と言っても、結構暑さには強いので、この季節でも長袖二枚着、
スーツ姿でも普通にジャケットにネクタイもというウォームビズスタイルです!

 

さてさて、そんなこんなであっという間に7月も最終週に突入して、
月末はどこもかしこも夏の風物詩である花火大会が全国各地で開催されますね!

 

 

こうゆう夏のイベントは基本的にアウトドアだから、彼女を夜に外へ連れ出す口実になって、
学生時代はドキドキワクワクしながらスケジュールを考えたものですね。

中学、高校なんてのはチャリンコか良くてもバイクでしょう。

大学生や社会人になって当たり前のように車などオトナなビークルに乗って移動できない分、様々な制約の中で工夫して遠出したりしますよね。

そんな恋トキメク季節ではありますが、僕は1988年の早生まれ(水瓶座)の87世代でございまして、今年度末には30歳になってしまう身です。






異性に対して興味がない人が増えた?否!そんな訳はない。

24歳の時に結婚して26歳の時に長男、29歳で長女がいる二児のパパでもありますが、基本的には親だ子だという年功序列的な考えは無いので、産まれたからには君も立派な人間様やで!というスタンスで、子どもたちから日々『人間とは本来こうあるモノだ!』という事を色々と学ばせてもらいながら、ダディとしての任務を忘れて一人フラーっと自由を満喫しております。

 

で、そんな事で、もう4月からこの3カ月ほどで、昔からの同級である友人、
知人はバシバシ30歳を迎えてるじゃねえかと。

 

さてさて、僕は東京都の片田舎の武蔵村山市というところが育っていまして、
まぁ、出身地としては日野自動車で有名な日野市なんですが、
基本的には学生時代は武蔵村山市が長かったんですね。

 

これまた両親がさぞかし自由な感じだったので、
家庭環境もフリーダムな雰囲気で、
3年間同じ環境にいた事がまず無いという少年青年時代だった為、
生活環境の変化は当たり前という感覚で育っているので、
不変である事の方が違和感ある性格です。

 

あれですよ『変わる世界と変わらぬ想い』ってやつです。
なんだっけ、『スターオーシャン』じゃなくて『ラジアータストーリーズ』か?

 

今と同じ事が来年の今日も、再来年の今日も維持できているはずは無い。
という概念です。それを前提にこの先を読み進めてくださいね。

一般的観点や思考で考えると理解不能で脳内処理できないですから。

世間の当たり前や常識を都合よく自分の解釈できる範囲で理解した気になっている人が多いので、そのマインドブロックがある中ではこの先のストーリーは楽しめません。笑






30歳を超えて只の『おじさん・おばさん』になる人とならない人の違い。

さて、話が逸れていますが、ここで戻して、30歳を迎える友人たち。
この30歳になる時、そう10年前にもあった訳ですよ、20歳になる時が。

 

20歳ってのは成人という事で、酒呑んで良いぞ、タバコ吸って良いぞって公式に認められるし、成人の日やら成人式やら一大イベントがあるので、ちょっとオトナの仲間入りした感があるけども、この時に10年先の30歳の己をイメージしていたか否かでだいぶ人生設計や進捗具合が変わっているなぁーと色々な人を見ていて思う今日この頃。

 

20歳っていうと、高卒で社会人になった人は会社員など2年勤めてちょっと慣れてきて戦力になるかならないかで、それなりに欲しいものは手に入るし楽しくなってきている時期、高校から大学や専門学校に進学した人は大学ライフを謳歌しているか、何の目標もなくダラダラと時間つぶしに大学行って、何となくバイトしてラーメン食って寝てるかの生活でザックリ言えば二極化してますね。
うちの会社の取締役である八ッ橋に言わせれば、

 

「何も考えずただ何かに流されてメシ食って排泄して寝てるだけの人って見事な『う◯こ製造機』と化してますね。笑」
というところで、なかなかセンスのある物言いで、アメリカンなブラックジョークをお互い笑いのツボとしているのでとても良くできた名言だと思うわ。

 

で、人間観察がそれなりの趣味だったり、ちょっと視界を疑似トランスファーしてみたりするとよくわかるんだけど、ボーッとしているようで考えている人と、考えているようで何も考えてない人と、考えていても何も動かないで変わらない人と、考えているうちに思考の迷宮に入ってループ症候群に陥る人と、様々いる。

 

特に高校から大学に行くか、行かないかについてちゃんと考えた知人や友人たちは、
ほぼ思うように己の人生を謳歌している。






次のページへ >

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-恋愛
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.