iPhone Xを待てずに今更iPhone SEを買ってみた。

こんばんは!

 

Apple製品に毒されてるSHOWです。
今現役で使ってるApple製品は

 

PC
①iMac 27inch Retina 5Kディスプレイ(2014)
②iMac 21.5inch Retina 4Kディスプレイ(2015)
③iMac 21.5inch(2009)
④MacBook Air 13inch(2015)

 

タブレット
①iPad mini(2013) 

②iPad Air(2013) 
③iPad Air2(2014) 

 

スマホ
①iPhone 5s(2013)

 

他にも業務端末でiPhone 6sもあったりするので、まぁまぁ定期的に貢いでいる。

 

という具合にこの数年でなんだかんだでりんごマークのついた製品を
買っては長い事使い続けてるんだけども、
ついに約4年間愛用してきたiPhone 5sが不調をきたし、
今年の初めから騙し騙し使ってはいたが、
さすがにバッテリーの充電も怪しい感じでというタイミングで、
iPhone8だのiPhone Xの発表があった。

 

さて、業務用端末で2年前にiPhone 6sを買ってはみたがそのデカさに使いづらいなと思っていたので、その延長的進化のiPhone 7iPhone 8には全くワクワクしなかったが、先進的なスペックのような気がするiPhone Xにはちょっと心踊った。

 

まぁ、発売を待ってdocomoショップで予約はしたが当然の如く、
発売日の11月上旬には手に入らず、おいおい俺のiPhone 5sの命の灯火が
もう尽きようというのにまだiPhone Xは来ないのかと待ちわびていたのだが、
店頭でデモ機を持ってみた結果、

 

『デカ。なにこのサイズ感。iPhone 7より大きいのかよ。しかも重くね?』

 

確かにiPhone 7より一回り大きいだけなのに、ディスプレイは比にならないぐらい
大きいので、全部画面というインパクトは感じられるのだけど、
俺の手のサイズでは右手で持った時に親指が画面対角の端っこまで届かないんですよ。

 

iPhone 5sなら全ての角に指が届くのにそれが一つ許せない。
という事で、店員さんに
『iPhone SEってもうないんですかね?
Appleホームページ見る限りはまだラインナップされてるみたいですけど〜。』
と問うと
『もうdocomoとしては新たに入荷はしてないので、
在庫限りですね、チェックしてみます。』
そして待つ事数分、
『ありましたよ、最後の1台。iPhone SE 32GBのローズゴールド色!』

 

『おっ?マジか。しかも俺の為に存在しているようなローズゴールド色が
残ってるとは。これは買えという事か。
目の前にiPhone Xのデモ機を見つめつつ、iPhone 5sと同じサイズのこの機体。
素晴らしい使い勝手なので最悪、いざという時の予備機に
ストックしておいても良いな。』

 

という事で即決。

 

iPhone SEの手頃感がすごい。
docomoは割賦だと本体割引が効くので実質2万円程で手に入る。

 

iPhone Xは割賦割引効いても実質6万円以上する事を考えると
なんつー高い端末だと思うね。

 

いくら先端技術とセンサーの塊とはいえ、消費者としては単純に携帯端末に
対して支払う金額じゃねえだろ?と感じる。

 

流石はApple価格。

 

まぁ、実質2万円で購入できるiPhone SEは手頃感抜群なので、
これならiPhone 5sをバッテリー交換とかメンテして使い続けるよりいいじゃん。

 

で、購入してiPhone SEの安定感抜群の使い心地が素晴らしくて
ホクホクの喜びを感じてから1週間後。

 

docomoから『iPhone Xを入荷したから取りに来い』と。
あらま、もっと待つのかと思ってたけど意外に早かったな。

すぐ行く。待ってて。




さて、iPhone X。期待に応えてくれるのか?

 

そしてiPhone X 64GB スペースグレイを購入。
どうやら256GBのiPhone Xは入荷が遅れているらしく、今回は64GB予約者のみ購入に至ったらしい。

ここ何年も何かの商品を予約して待ちわびて購入するという経験をしていなかったから、ちょっと新鮮な体験だった。

 

もう俺には昔のようにゲームやオモチャの発売日を待ちわびる感情がなくなってしまったかとちょっとオトナになってしまって残念な気分だったがちゃんと、そんなトキめく感情を忘れておらずに安心した。

 

そうか、ただ単に早く手元に置きたいと感情を揺さぶるような
面白い商品が世の中になくなってしまっただけかと。
僕の使ってるMacBook Airが128GBの容量に対して
携帯端末で64GBもあるってスゲェな。
バックアップ取ったら一撃で半分の記憶容量を奪われるとかないわ。
まぁ、そんな時はiMacの1TBに当然ぶつけるけど、
出先ではMacBook Airに頼らざるを得ないので最初から256GBなんて選択の余地なし。

 

むしろ、それだけの容量の中にフルに詰め込んだ矢先に紛失などしたら
失うものが多過ぎる。

 

docomoのブランドコピーに『手のひらに、明日をのせて』
とあるが、手のひらに情報を集めたはいいけど、
その膨大なデータを端末ごと紛失した時に
『明日がなくなる人間』が確実にいる事も懸念されてきたよね。

 




iPhone 5sが使い易すぎて離れられなかったが。

 

これまでiPhone 5sでは16GBでやってきていた。

 

流石にこれで充分とは言い難く、かなり写真の整理や音楽の整理などを
やりくりしていたので倍の32GBは欲しいと思っていたので
iPhone SEの32GBが丁度良い感じ。

 

いつもiPad Air2の64GBを持ち歩いているけど、
その64GBすらも使い切った事はない。

 

という事でiPhone X 64GBにしたがまるっとiTunesで、
iPhone SEからギニュー隊長のようにボディーチェーンジして容量確認して見ると、
案の定、使い切る事はないだろうというぐらいのストレージの空きグラフ。

 

にしても、最近の機種変更は楽だね。iTunesがアプリの設定やパスワード、
メールとかも全てまるっとコピーしてくれて、
全く同じ端末を30分かからずに作れちゃうのだから。
人間もいつか攻殻機動隊の世界みたいに電脳化したらこうなるんですかね。

『ちょっとこのボディーの目が老眼っぽくてモノが見えづらいから
今度ヤマダ電機で新しいボディー見てくるかな。
その場でボディーチェンジしてくるわ。次のボディーは目からクラス1の
ビームが撃てるのがいいな。ハエとか害虫が飛んできたら瞬時に焼き払えるの。笑』

みたいな。
さて、表裏がガラスという仕様で側面はラウンドしたステンレス。

 

思った以上で、高級感は抜群だが、日常的に触れる機会や出番の
多いガジェットとしては
スマホ史上最高の硬度のガラスなんて使ってくれるなよと。

 

『硬い』事は『割れない』事ではない。
『傷つきにくい』ことに過ぎない。
まるでダイソンの掃除機のような危険なキャッチコピーだよね。

 

『世界で唯一吸引力の変わらない掃除機』というのは『最高の吸引力を持ってる』訳ではないのと同じで消費者が勝手に勘違いして誤解してくれる有難い売り文句。



話題の顔認証。やっぱこれが未来でしょ?

 
という訳で、このiPhone Xにしかない機能といえば『Face ID』

 

これはまず体験したいじゃないかというのがあったので、早速やってみた。

 

初期設定が超絶簡単でこれは指紋認証の何度も指タッチして指紋を記憶させる動作より数倍早くて楽だ。iPhone Xを見つめて指示の通り、ラジオ体操時の首回しの要領で顔をグルッと回すだけ。
それを2セット。
はい、おしまい。

 

これはスゴい。新しい体験。
どうやってるの?マジで。
このスピード感。
確かに変装したりして、どこまで認識できるのか試してみたくなるレベル。

 

これによって様々なパス入力時にFace IDでサクッと進めるので、
ホームボタンに指を乗せるという動作する不要になった。

 

マジで早い。顔認証に関わる時間も指紋認証とほぼ同じ。
iPhone 5sの時の指紋認証速度が遅かったのもあるけど、
この顔認証は全く違和感ないスピードで認証する。

 

今の所、認証してくれなくてパスワードを入力せざるを得なくなるという事はない。

 

ノーマル顔はもちろんだが、風呂上がりでも寝起きでも
キメ顔でも変顔でも髪型を変えてもちゃんと認証する。

普段、帽子やマスクはしないので顔を隠す的な要素は試していない。
顔認証である以上は顔隠しちゃ普通は認証しないだろと思うのだけど、
現代の消費者はそれすらも認証しろ!と小難しいようで、
そのような未来を否定する我儘な人にはiPhone Xはオススメできない。

 

単純に次世代型というかこれからの未来の在り方、
ライフスタイルを感じさせてくれるガジェットを使って生活する体験を取り入れる、
受け入れる事ができずにいつまでも昔の価値観で新しいモノやサービスを
否定するタイプにはマッチしないアイテムだ。

 

ニュータイプコーディネイター真のイノベイターでないと許容できない世界観。
オールドタイプナチュラルイノベイドではちょっと厳しい。

 

とりあえず恐れをなしてしまうだろう、こんな工業製品が人間の知能とスペックを
超えるなんて危険だ!と。

 

そのぐらい5年ぐらい時代の先を感じさせてくれる端末だろう。



ちゃんと新しくなってもiPhoneしててくれるから安心。

 

まぁ、そのぐらいで実際には今まで通りのiPhoneの使い勝手で特に目新しさはない。
変えるところはガンガン変えるが、iPhoneらしさは変えてない。

 

ホームボタンがなくなった事で操作方法がだいぶ変わったけども、
まぁAppleらしい直感的にこうかな?ここかな?という具合に
イジっていればすぐに慣れる。

 

見た目的な要素でいえば、0LED(ゼロエルイーディー)ディスプレイという
『有機EL』を使用した画面なので確かにこれまでのLCDの『液晶画面』よりも繊細だと思う。CRTと呼ばれた『ブラウン管』とはもはや比にならない。

 

有機ELとブラウン管の差はヤムチャとフリーザ様ぐらいの格の違いがある。

 

最初のiMacがまだCRTだった時から20年程で、
Appleは倒産しそうなところから再建しただけでなく、
今では有機ELやら無接点充電規格Qi、あらゆる高額センサー機器を安価に
世界に普及させるところまで来ているとは。

 

肝心のみやすいかというディスプレイの感想としては、
色の再現性が高いというより変にLEDバックライトに
照らされてるような嫌な感じはない。

 

この辺りは正直、ただの機能好きやスペック好きを喜ばせるだけの要素に過ぎない。
一般ピープルからすれば、
『へーそうなんだ。有機ELって美味しいの?』
ってぐらいだろう。
一回聞いた後は二度と会話の中で登場しない、
一度限りお茶の間を賑わすワードかどうかも怪しい。

 

そしてこのApple渾身のiPhone用の新世代チップ『A11』
毎度世代が変わる毎に、デュアルコア化下から前の世代の倍の処理速度、
なのに消費電力は今までのまま的なスペックアピールでやってきた
その集大成的な『A11』
毎年のようにコアがこんなに進化するのか。終わりがねえのな。
常に過去最高を更新し続けるApple製品だが、いずれ頭打ちになったりするのかね?

 

確かにサクサク。
動画とかマルチタスクでまるで問題ない。
もうねMacBook Airがマジで手のひらサイズになった気がするよ。
スペックだけじゃなく値段的にも。

 

MacBook Airよりも定価で高い端末となったiPhone X。
だが、まだまだiPhone Xだけでは仕事をするにはキツい。

 

何がキツいかと言えば、それはマニピュレーターというか
キーボードがあるかないかがまだまだ大きい。

 

音声認証の精度も上がってきたがまだまだ機械相手に人間の意志を
伝えるのにはフリック入力よりキーボードを叩く方が馴染む。

 

特にかな文字とアルファベット文字、数字を交互に打たなければならない時
なんかは強く感じる。
まぁ、変換予測と事前によく使う単語を登録しておくだけでフリック入力のスピードは
格段に変わるし、効率的に文章を作れるのだけど。
かな文字だけであれば充分に女子高生打ちみたいなノリで
サクサクとスピーディーにブログぐらいは書けるが、
ExcelやWord、Adobeソフトなんかで何かを製作、処理するとなると
スマホではまだ無理だなと。
次のステージで頭で考えた事がリアルタイムにイメージスキャンしてくれたり
するようになれば、もはやキーボードなども不要だろうが、
あと数年〜10年ぐらいはそこに到達しないんじゃないかと。



落としたら絶対割れるだろう重量感。それがiPhone X!
という事で、このiPhone Xはちゃんと丁寧に扱わないと
落としたらマジで壊れちゃうと思う。

 

ブロークンハートのように堅そうなヤツほど失恋には脆く崩れ去るもの。
お前は失恋したんだ。潔く認めろ。と言わんばかりに粉々にしてやりましょう。
そしたら携帯補償で新しい端末に。笑
docomoだと月750円で年2回まで破壊しても12000円ぐらいで交換してくれるようだ。

ハナから手のひら型PCと思えば、そりゃ落としたらアウトでしょ。
というのは当たり前。

 

なのでちゃんとケースに入れないと怖い。
そうなると折角ボディーカラーを選択した意味がなくなるんだけどね。

 

スペースグレイ。良い色してるけど、
iPhone7のジェットブラックみたいにホントに真っ黒。
黒は高級感として重要。

 

『Mac Pro』『iMac Pro』も故に黒いのかね。
アウトドアブランドのSnowpeak製品も高級版はPro仕様で黒いもんな。

 

これまでのアルミボディーのメタリック的な色ではないから、
『アレ?俺、買った色間違えた?
ジェットブラックじゃなくてスペースグレイ頼んだけど』
と思う人続出するんじゃねえの?笑

 

Appleの無接点充電器である『Air Power』が来年発売されたら欲しい。

『Qi(チー)』という無接点充電規格を搭載した製品は
これまでPanasonic製品でポータブルバッテリーとかスマホで使った事があるが、
未だに流行っていない。

流石は日本。
Panasonicでは流行らす事ができない。

 

Qi対応のスマホを2012年に使っていたが、
その中に最初から無接点充電器が付属品入っていたが、
マジでオモチャみたいなんですよ。

 

スマホを置くとガチャガチャと充電器から音がするの、
おそらく接点の良いところを探してるんだろうけど、
普通に気になるぐらいに音がする。

 

おい、乳首当てゲームじゃねえんだぞ。一発でキメろと。
『あれ?ここじゃない、こっち?』みたいなノリを
機械がやってるのは見ていて不愉快。
もちろん男が女に酒飲んでやってるの脇で見るのも不愉快だが。

 

あれを見た瞬間に、日本ではこの規格は当分流行らないなぁーと思って5年。

 

ようやく日本人が大好きなiPhoneも対応したので、これから流行ると思う。
しかも、Apple製ならそんなガチャガチャダサい音出すようなアイテムで
ある事は許さないはず。




日本のメーカーでは4年間も使い続けたくなる
携帯端末をつくれない。

Panasonicもシャープもみんな、国内勢は人間の気持ち良いと思う
最適値をわかっていない。これをハズしてしまうとどんなにオシャレに
見繕って真似してもムリ。逆に昔の中国製品みたいに、
最近じゃ他国の製品を日本がパクリに行ってるように見えてきたよね。

 

今、面白いのはモノづくりベンチャーのアイテムだよ、ホントに。
大手メーカーに魅力がない。おそらく中で働き決裁権を握るヤツが相当に
人生つまらないヤツである事がわかる。

 

人生謳歌してるヤツがあんなダサくてつまらないモノをつくれるはずがない。

 

間違い無いのは、結婚しているが住宅ローンと子どもの進学金の為に
チャレンジできずにいる80年代のバブル期に入社した、
ちやほやされて全部『与えられる側』だったカスが良い年齢になって
『与える側』に回った途端に何を与えればいいかわからないパターンだろう。

 

Appleがスゴい所は細かい気になる部分を徹底的にこだわっている所だろう。
その上で新しい体験、使う楽しさが入り口となって、
次第にそれが『当たり前』になってくる。

 

Apple製品にハマる前はSONYが好きだった。
他と違うモノ、売れるかどうか、欲しい人がいるかどうかもわからないモノを
つくれる魂があるか、それを許容する遊びの延長で楽しみながら
開発できない環境はもはやモノづくりじゃない。

 

開発費を数億円かけたけど、全く売れませんでした。
みたいな時代の先を行き過ぎた製品を世に送り出せるメーカーこそが、
真のメーカーだと思うよね。

 

最初のXperiaのゴミ具合を見た瞬間にAppleって何作っても完璧なんだな
と感じてから、未だにSONYがそれ以上の製品を出してこないというか
二番煎じしか作ってないので、時間をかけようがカネをかけようが
日本製品に未来はないなと確信する。
マジで韓国製品とかのがお世辞抜きにカッコイイからね。
プロモーションが上手いのもあるだろうけど、
プロダクトデザインのエッジの利かせ方が違う。



もはや戦後ではない。つくれば売れる。ではない。

 

戦後、高度成長期じゃねえんだから、
とりあえずダサくても使えるだけでイイとか、
まだ持ってないから欲しいとかのレベルでなく、
カッコ良くてスタイリッシュで人生を豊かにしてくれそうなモノ
カネを使うのは当然だろ。
ホントに思うよ、スマホあれば素人でもいろんなWebサービス使って
カネを稼げるので、スマホ端末と通信契約するぐらいのコストは
すぐにペイできるよねと。
端末が高くても処理速度が速くて人間が手足動かすより時間を効率的に使えるなら、
初期投資として10数万円は決して高い買い物ではないですね。

 

あくまでエンタメ端末としてだったら高いよ。
娯楽というか新商品だからただ欲しいってんなら、ただのAppleのカモでしょう。

 

そんな事で購入初日のインスピレーションを熱い想いのまま解き放ってみた。
もしかしたら、使いづらい、重い、指が届かないからと数日後には保険の為に用意しておいたiPhone SEにSIM入れ替えて、iPhone Xは転売するかもしれないが。

SHOWのYouTubeチャンネルもチェック!
チャンネル登録もよろしくお願いします!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です