『アルストロメリア』を社名にしたのには理由がある。

みなさん、こんばんは!

基本的に創業日や法人設立日は特に意識しないSHOWです!

 

が、今回はちょっとした節目なので意識して振り返ってみようかと。
起業にまつわる物語の序章。

 

本日、12月1日は創業日。

 

2012年のこの日に創業した。前日の11月30日に最後のサラリーマン生活をやめた翌日。

 

元々、12月1日に創業するというのは決めていた。

 

我が父親の誕生日だ。その日は父親の46歳の誕生日であった。

 

9歳までは一緒に暮らしていたが、父親もサラリーマン気質ではなく
24歳で起業していたので、僕の幼少期から経営者であった為、
ほとんど家にいる事なく、仕事ばかりしているイメージだった。
だが、確実に面白そうだと感じていたので、社長業というのは一度はやってみようと、
一つの目標として20歳代前半の間に一度は起業するというのは中学生時代から決めていた。

 

そうなるとまず第一回目は24歳までにという事で動いていたが、
24歳になってすぐに結婚する事が決まっていたので、
結婚して新生活が始まるので起業の時期を半年ズラした。

 

基本的に全てに予定、計画をして、その上で最後は直感に頼り、
動いた先にある答えを見て修正していくスタンス。
ただ、自分の中には型やこだわりがあるので、数字や日付はこれだという日にする。

 

結婚記念日は5月5日
創業時の個人事業から株式会社へ
転換した法人設立日は7月7日

 

そして、この創業日は9歳以降一緒には暮らしていないが、その後も目標の1人である父親へのリスペクトの念もあり誕生日の12月1日にした。

 

基本的に風変わりな親子関係である為、事前に起業予定だとか、
嫁が妊娠してるなどの話は一切なく、起業した日や孫である息子や娘が生まれた日に、全て当日に『起業した』『産まれた』と常に『結果』だけを事後報告として
伝える事にしている。

 

そんな計画と予定調和と勢いで動いている僕はもちろん、名前にもこだわりがある。

 

なんとなくでは名づけない。
『名はその存在を示すものだ。ならば、それがもし【偽り】ならその存在も【偽り】という事なのかな?』
とは尊敬するギルバート・デュランダルの名台詞。


そんな訳で2003年頃から同名の企業が存在しないようにしようと、
独自の名前を与えよう。

その中でも俺は美しいモノが好きなので、自然界で一番美しいのは『花』






花の名前はたくさんあるが、なぜこの『名』なのか。

 

咲いてる時も美しいが、枯れるその姿も悪くない。
花と聞いて悪いイメージは連想しないし、基本的にポジティブだ。
そして花には花言葉なる裏設定まで含める事ができる。

 

さらにア行から始まる名前で5文字以上。
発音した時の響きを聴いて、なんだろ?
文字で見て、どういう意味?
と思う言葉。だけど、知ってる人は知ってるという名前を探していた。

そんな時に思い出したのが『機動戦艦ナデシコ』

このロボットアニメでは主人公側の戦艦やロボットに『花』の名を冠し、
敵側の戦艦やロボットには『虫』の名を冠していた。

同じく『勇者王ガオガイガー』では登場人物の名前は皆、
動物の名が入っていたりと『自然界』に存在する生き物の名をモチーフにしていた。

 

企業である以上、永遠に続く事はない。
法人と言えどいずれ死ぬ。
むしろ、毎日数千、数万社が消えては産まれている。

誕生させる事も滅ぼす事も容易な法的な存在。
ただの器であり箱に過ぎない。

 

 

その箱に命があるかないかはそれを作る人間がどれだけ情熱も持って輪郭を作り、
そこに『ある』状態として存在感を出させるか。

 

実際、ペーパーカンパニーのようなゴースト企業は腐るほどある。
登記はされてるけど実体はなく、会社として活動していない。
あくまで銀行口座だけが動いているなど、マネーロンダリング用に
資金還流させる為の箱で、名前はあれど幽霊のような無色透明な存在。

 

これらと同じにならない。それでいて『投資会社』ではなく、
あくまで最初に立ち上げる会社は『事業会社』として存在させる事を決めていたので、この名前を聴いただけで創業者のこだわりが強い、
アクの強い、クセのある人間だと思わせる為の激しい名が必要だった。

 






佐藤竜雄監督や米たにヨシトモ監督の
作品への細かなこだわりに惚れる。

 

中学生時代までは大のテレビゲーム好きでもあった中で、たまたまその数年前の
アニメ作品である『劇場版 機動戦艦ナデシコ』がロボットシミュレーションゲームの『スーパーロボット大戦R』というゲームボーイアドバンスのソフトに1つの作品として登場していた。

この『劇場版 機動戦艦ナデシコ』にはロボット名が設定としてあるだけで、
劇中では名乗ったり呼ばれたりしない。
なので劇中に登場するロボットの名前は設定資料集を読まないと知ることはない。

 

その中で月臣 元一朗という裏切り者が乗る機体があり、
劇中にほんの数秒しか登場しないロボットがある。
この機体の名が、実在する花の名前でもある『アルストロメリア』

いずれ『株式会社アルストロメリア』をつくると2003年時点で確定していたので、
同名の企業で存在しないかネットで定期的に検索していた。

 

少なくとも2010年頃までは存在していなかったが、その頃に他社が先に使用していた。先を越された。が、英語表記のスペルが違う。

 

本来は花の名前なので学名であると『alstroemeria』なのだが、
前述のロボット名のアルストロメリアの場合は『alstromeria』なのだ。

 

先に存在していた株式会社アルストロメリアは花の名前の
『alstroemeria』だったので問題なくドメインも取得できた。

 

最初は個人事業だったので、co.jpが取得できず、
alstroemeria.jpだったが、法人にしたと同時にalstroemeria.co.jpを
取得できたので、一安心したもの。

 

今では僕の経営する『株式会社アルストロメリア』とは別に2つほど存在するようだ。






女性へのプレゼントは花に限る。
現物として残るモノは別れた時にダルい。

そんな事で学生時代からこの名前にこだわり、
実際のアルストロメリアの花言葉も素晴らしかった。

 

『未来への憧れ』など前向きな言葉もあるが、存在感を表す『エキゾチック』
なんてのもあり、一番良いのは『持続』だ。

企業の名にして不足なし。
(実際、この5年間、
『アルストロメリアってどういう意味ですか?
何かの言葉ですか?』
から話が広がる事が相当数あり、毎度同じ説明をするのもそろそろ
大変になってきたので、ブログ読めばわかるから読んでみてと言えるようにしたい。)

 

いずれ会社を事業ごとに分社化するなどを構想した時に、
グループ会社として全て花の名前で統一しよう。

 

意外にこんな『こだわり』が成功者と呼ばれる人たちには皆あるようで、
この話をすると嬉々として聞いてくれる人が多い。

 

法人設立日や名前などにこだわった事でマイナスに働いた試しはない。
基本的に全く興味なしスルーか、ガッツリ興味あって好感を抱かれるぐらいだ。

 

それも全て百合系の花でというところまでは考えており、
次はこの花、その次はこの花の名と、
高校生時代のスーパーのレジ打ちのアルバイト中に
切り花の管理もしていたのだが、
その際にアルストロメリア以外の花を見ながら、よく考えていた。

 






みんなと同じが嫌い。人と違う事を目指すとこうなる。

 

事業内容は決めていた。通信インフラがインターネットや携帯電話の普及と合わせて、
物理的に拡大させていく数年、十数年はまだまだ電気設備工事業や通信工事業は国としても企業としても設備投資すると。

 

ちょうど、バブル崩壊後に建設需要は減って、箱を作る建設業界は
ダメダメな状態だったのにも関わらず、箱の中の設備の改修や更新、
メンテナンスは一向に減らない。

 

むしろ需要が増えていくのに対して、停滞感のある建設業界に
若手の電気技師が少ないときた。

 

ただ、電気技師は国家資格が必要なので、普通の技能職とはちょっと違う。
故に建設業界の中でもちょっとお利口な雰囲気のあるタイプが多く、
繊細な仕事をしているイメージだった。

 

若手からすると電気なんて見えないもので小難しい上に数学も
得意じゃないと厳しい職種を選ばない。同じ建設業の中でも
もっと大工や鳶職などイメージしやすく、カッコ良さそうな代名詞的職があるから。

 

(でも実は電気技術者は体力勝負でないので高齢になっても知識と経験ノウハウで十分に現役世代の若者とも一緒に仕事ができる良い職種だったりする。
ガテン系は体力勝負で年老いたら老害扱いされるのかと思っていたが、
そうならない。

 

そして作業服がスタイリッシュでカッコイイ。戦闘服チックだったり、
腰道具で装備する工具がまた多種多様でカスタマイズ性が高いのが魅力的。
仕事中に着る服はモチベーションが上がったり士気を高めるので重要なパーツ。)






旧体質な業界だからこそ
ちょっと変わった事をやると目立ちやすい。

さらに、旧体質で技術革新の起こらない、しようとしない建設業では、
当分の間は建設現場でのモノづくりをオートメーション化や
ロボットでやるというのはないだろう。

 

なら、いずれ業界として若手は減るし、技術の継承も難しくなる。

 

電気設備工事の場合は建設現場以外でも、イベントや展示会、祭りなどでも仮設電源や音響・映像機材の為の電源供給など常々、あらゆる需要があり、
一般家庭のようにアンテナやエアコン、照明、コンセント、スイッチなど消耗していく
電気設備更新もある。

 

スモールビジネスをやる上で確実に儲かる事が分かっていたので、
最初の事業はこれだと、工業高校の電気科に進学。

 

年収1億円のサラリーマンになるのは難しいが、
年収1億円の起業家、創業者は大変だけど無理ではない、
届かない距離ではないと感じていた。
都立高校だから学費も安い、カネもかからない。母子家庭には丁度良い。

 






費用時間対効果において大学はリスクしかないと判断。

 

何より大学へ行くとなると時間とカネの初期投資が多い割に回収に時間がかかる。
それに比べて19歳から社会人が始められる高卒なら初期投資も少なくて、
すぐに稼げる上に起業後も回収しやすい。

 

もともと、電気通信設備業や広告業からスタートした後は当時のITバブル後
ではあったが、ネット企業が盛り上がっていたのもあり、
ITサービス業に移行するつもりだったので、ITに移行して先行投資で
失敗する事もあるだろう、その時に再起しやすいのは
現金ビジネスである電気技師として小銭を稼げば良いし、
どんなに腐ってもサラリーマンとしても需要がある。となるとリスクがない。
なので再起しやすいように特殊技能は身につけておくという事で、
サラリーマンを数年やってみたが、いきなり起業も全然良いが、
社会人経験が活きている部分が多くあった。

 

ダラダラとキャンパスライフなどせずに、仕事をしながら社会に出て働いている
レディーたちと遊ぶ方が、車もカネもあって面白いはずだという考えもある。
実際、大学は行く必要性を感じてもいなかったので、
後から必要だと思えば行けば良い程度。

 

必要性を感じていないのに、なんとなく惰性で、行った方が先が安心とかいう謎の理論で大学へ行っても、本当に必要な事を自ら見つけて学ぶ奴などほとんどいない。

 

一度、社会経験を積んで、自らの力及ばず、この分野でさらなる学びが必要だと明確に、必要性を感じた時に行く事でしか意味はない。

 

性格上、官僚や地方公務員、大手企業、有名企業への就職など
全く魅力を感じていないので、自ら望むならまだしもわざわざ犬扱いされに
行きたいとは微塵も思わなかった故に大卒ルートの未来など描く事もない。





周囲の大卒でうまく行ってるのは10人に1人。
あとは卒業後、凡人か廃人になった。笑

 

大学へ行かねば就職もまともにできない奴とはそもそも戦う土俵も違うと、
高卒ルートの起業を目指す。
修行期間は最長で6年と設定。その間に遊びまくる、経験しまくる。
多くのいろんなタイプの大人と接して、いろんな業種、職種で一緒に仕事をしてみる。このプランを作った後は実行あるのみ。

 

実際、目標が明確なので、不要な事はバッサリ切り捨てた。
尊敬するに値しない上司との飲み会はキャンセル。
『平成生まれって新人類だな』と言われたが全然構わなかった。
昭和63年生まれであって、平成じゃねえけどな。
『高貴なる【ゆとり世代】って言ってくれたまえよ』と。
あなたたちが無責任に作り上げたこの暗黒社会が生み出した
ネクストジェネレーションだぞ。笑

 

そんな上司とも会社を辞めて昨年、10年ぶりぐらいに古巣の会社に顔を出したら、
印象に強く残っていたらしく、たった1年であっても様々なエピソードを語られた。
他の会社でも同様で、記憶に残っているのは良い事だ。

 

無色透明な存在ではその時々で全力で戦った意味がない。爪痕と傷跡を残した。
問題提起と物言う社員を演じていたので、その後、新しい俺のような
存在が入社してきた時の為に社内規則、規定を変更追加したという企業もある。

 

俺という存在が腐った旧体質中小企業に危機感を与え、
二代目SHOWが現れた時の為に対策を打ったようなのは褒め言葉だろう。

 

このように名前や日付にこだわりを持つ事で、会社を子どものように
愛着が沸いていたので、このような会社にするとコンセプトやビジョンがあった。




起業する為に仲間集め。
ワンピースのようなお涙頂戴物語は不要。
シンプルに口説く。やるか、やらないかのみ。

 

そこに必要な主要メンバーにはこの人を配置しようとして
探していたのが高校時代の親友。
今でも取締役として、高校時代のPCオタクぶりとブラックユーモアが好きで笑いのツボが同じだが、相反する考えを持つデカいのを参謀にすればうまく行くと確信。

 

シールドマシンのように掘り進めた後に岩盤を補強してくれる裏方が必要だったが、
おかげで地球に襲来してきた時のベジータとナッパのような雰囲気を醸し出す事ができた。
そんな事でアルストロメリアは創業から5年を迎え、6年目に突入したが、たまたま運良く事が進んだに過ぎない。実力もないがハッタリと雰囲気でやってきた感はあるが、このままではさらに面白くする事は不可能。

 

ゼロからイチを作るのが好きなので、
1から10にする過程や10から100にするのは
別の得意な人間に任せるのが良いと。

 

俺が俺のままでは3歩進んで2歩戻るという流れから脱出できなさそうなので、
色々と先人の知恵や力も借りつつ、この6年目は『アルストロメリア』という箱をより快適なビークルにしよう。

 

カタチにはこだわらない、柔軟に変化し、やる事、事業内容が変わっても別に良い。
だからこそ、下手に事業内容のイメージが固着する社名にしていないのもある。

なんとか電気やなんとかディスプレイ、〇〇企画とかでは業種イメージを縛られる。

 

アルストロメリアは俺自身の雰囲気を纏っている必要がある。
いずれは誰がやろうが良いが、あくまで車などの乗り物と同じ。

 

ファッショナブルな感じで企業をアクセサリーのように使いたい。
俺という存在が何かをやる時に、法人は使い勝手が良い。

 

プライベートカンパニーだから許されるが、
いずれパブリックカンパニーを目指す時には
そんな私物化もできなくなるので、そろそろ次のフェーズに移ろう。

 

この5年の経営で、日本で会社を経営する事のメリット、デメリットもわかった。






日本は本当に起業家支援をしているのか?

 

国はそうでも、現場は個々のリスクを取れずに自己保身に走る。
金融を司る者たちに裁きを与えない国の罪。

 

企業や経営者を取り巻く日本の環境はいい部分もあるが、
経営経験のない者たちがまだまだ行政や金融側に多く、
本来事業を推進する上で必要なカネを集めにくかったり、
法的な制約、コンプライアンスを重視する考えが強く動きづらかったりする。

 

また、経営者や役員というのは法人からすればあくまで役員報酬という
給与所得者であり、簡単にカネ持ちにさせない仕組みになっている。
法人としてカネを残すか、個人としてカネを残すか、
まぁ、現金で残す必要はないのだろうが、色々と税金や金利などとの戦い。

 

東京出身者はハングリーさがないような感じで、
実際地方出身者の方が東京で暴れまくってジャパニーズドリームを掴んでる訳で、
東京出身者としては地方出身者の優れた経営者である父親に負けるのもつまらない。

 

プライベートも仕事も若い頃からガッツリ遊び尽くし経験し尽くしている酸いも甘いもやり尽くした51歳の父親は、2つの家庭を経験して、それぞれの家庭に2人の子どもを持って、東京で家を3軒建て、好きな車に乗り、日々充実している。

 

地方から何もバックボーン無しで出てきた人が、
東京でカタチを成している点について普通に尊敬できる。

 

人生半世紀あればこのぐらいできるのかというのがイメージできるので、
21年後にそれ以上に面白くなっていないとダメだなと、
なんだかんだで遠い目標になっていてくれるので、こちらもやりがいがある。

 






世の中に自分の理想のフィールドがなければ
自分でつくればいい。
それは企業も自治体も国も学校も同じ。

 

来年は次のステージに行くにあたり、これまた困難は見えているが、
死ぬ事以外はかすり傷に過ぎないので、どんな状況も楽しむつもりで、
2018年もエンジョイしよう。

 

 

アルストロメリアの次はなんの花でしょうか。
もう高校時代から次はこの『株式会社〇〇〇〇〇〇』と決めている。
合同会社とか合資会社でもなく。
当時の会社法で有限か株式の二択だった時から、株式会社でやると。

 

この5年の間にちょっとしたきっかけで作った
『アウトバーン』という個人事業と
『かつらおベンチャーリゾート』という任意団体に
花の名前を冠さなかったのはなぜか。

 

やはり、情熱が持てなかったし、アルストロメリアほど時間を注がなかった。
なのでアウトバーンについては早々に廃業させたし、
かつらおベンチャーリゾートもほぼ休眠させている。

 

ボランティアや慈善事業に心から興味がないのが再確認できたのも良い経験になった。
まぁ、数百万円の勉強代は支払ったが、本当にやりたいのは『金儲け』であり、
あくまで『ビジネス』として『持続可能性』を担保しながら社会への貢献と
腐りきった社会の変革を起こす事だと気がついた。

 

支援や援助、人助けというのは甘えが生じる。
自主と自律の精神がない人間は死体と同じでとんでもなく重いし、
自分でいずれ歩くのか?という遠く淡い期待をするしかない。不毛だ。

 

 

半端な事をしていればうまく行かないのは俺も同じ。
ならば、うまくいったやり方をやれば良い。
時間と情熱を一点集中しないと成果は上がらない。

 

さらにそのエネルギーを自身だけで賄うのは無理という事もわかっている。
歴史の中の英雄たちが女性をはべらかしている意味がよくわかる。
そんな事で面白い事してみようか。

 

ベンチャーマインドを持って、この命尽きる時まで社会の違和感について、
問題提起と課題解決の提案実行をし続けよう。

 

息子や娘も経営者もしくは投資家にしよう。
アルストロメリアは同族会社に最初からする気はない。

自分の箱ぐらい、自分で作れ。
そっちの方がヒリヒリして、
死と隣り合わせな感じがして面白いから。

 

嫁様も子どももアルストロメリアに全く縁がない。
何をしている会社かもわからないぐらいに。笑

 

日本の義務教育で、開拓者マインドを殺されては困る。
一介のただの日本人ではこの先、楽しく生きる道はないのだから。

 

 

SHOWのYouTubeチャンネルもチェック!
チャンネル登録もよろしくお願いします!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です