〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

カルチャー

2016年も夏真っ盛りッ!

更新日:

スポンサードリンク

みなさん、こんばんは!

いやぁ、ちょっとバタバタしているうちに前回の投稿から早くもひと月半経過して、梅雨も明けて夏も既にお盆ですね!

あっという間に過ぎてしまう時間、恐ろしい!

そんなこの7月と8月は主に、東京と郡山と葛尾村を行き来しているのが多かった。

全ては様々なジョブを同時進行している為に、ちょこちょこと昼間に打合せや補助金関係の申請、夜はクライアントや行政へのプレゼン資料の作成をしつつ、コンテンツをクリエイトという流れで、仕事を終えれば可能な限り家族サービスをという毎日が過ぎていった!




その脇では勿論、花火大会に行ってみたり、友人の仕事のお手伝いでCM撮影現場に足を運んだり、最近は様々なWEBサービスを使ってUIを体験してみよう、サービスの使いやすさをハマり度を自ら体感しようと、移動が多いのでそれを利用した位置ゲーの『コロニーな生活』や『ステーションメモリーズ』をやりつつ、『メルカリ』でひたすら出品と販売、発想をやってみたりしていた。


とても学びが大きいと同時に、まずスマホゲームは自分には合わないことを改めて知る。

昔は据え置きハード機のテレビゲームはよくプレイしていたが、これまでスマホアプリのゲームはプレイした事自体なかった!

まぁ、単純に興味もなければそんな暇はない!ゲームなぞやってる暇があれば電子書籍を読むわ!という事でダウンロードした事すらなかったのである!

だが、食わず嫌いは良くない!なんでもとりあえず食ってみるチャレンジ精神旺盛な俺としては、そろそろ自社でのWEBサービスについても客観視しなければならぬという事で、徐々に普段インストールしないアプリをダウンロードして使用してみる。




まず、気づいたのは本当にアプリは数が多いし、クオリティー重視だったり、操作性重視だったり、ピンポイントに課題を解決してくれる事に特化していたり、様々でとても面白い。

ただ、同じアプリを毎日起動させるというのはとても難しいと思った。
自分自身、最初はコレクション系のステーションメモリーズやコロニーな生活は、
自分の移動距離に対して評価されるような面白さがあったが、2週間で飽き始めた。
1ヶ月過ぎた頃にはプレイしなくなり、その後すぐにアンインストールの対象に。

やはり『いいね』など自己肯定感を持てるFacebookなどのSNSはハマるというか、暇な時に起動する仕組みがしっかりできていて凄いわと実感。

他人とコミュニケーションする事ができるという点で個人プレイにはない面白さがある為に離脱しづらいと。

個人だとモチベーションの維持がとっても大変。

そんな中、毎日必ず3回は起動していたFacebookやTwitter、Instagramの起動回数を減らす自体が起きた!
それは7月中旬に始めた『メルカリ』だ。




これが面白い。中毒性がある。と言うのは、これまではただ欲しいモノを安く購入する為に利用していたが、この夏から出品して販売もやってみた。

これがもうカンタン過ぎて素晴らしい。

昔からヤフオクをメインで使用していたが、このメルカリは極力手間がいらないUIでシンプルながら『いいね』がつき、自分が出品した不用品や愛着あるが断捨離して売り飛ばそうというモノを認めてもらえる。

さらにはコメント機能での値引交渉がまた駆け引き性があって面白い。

元々、不要なモノを出品しているので、送料とある程度の利益が出れば正直値引しても良いという感覚なので、単純に言い値で対応するのではなく、お互い駆け引きして購入者はより安く、出品者は少しでも高くという心理が働く。

売却後も『らくらくメルカリ便』というヤマト運輸の神懸かった発送システムによって、QRコードをカンタンに発行して読み込ませるだけで発送伝票が印刷できて、発送時に現金が必要なく、売却した売上から差し引いてくれるので、全ての工程がとってもラク!!!!

このサービスヤバイは。誰でも物販ビジネスを手軽にできるようにした点が凄い。
正直、写真の撮り方や商品説明の仕方で『いいね』のつき方や購入されやすさが全然違うし、出品して数分で購入される事もシバシバあって、やる気が出てしまう!




とりあえず、出品数100を目指し、1ヶ月でちょこちょこ出品しながら、販売してきたが、まだ飽きていない。というのも、出品して中々売れないモノも時間が経って『いいね』がつき『コメント』がついて売却できたりするので、そんなワクワクもある。

利用者が圧倒的に多いフリマアプリだけあって、よく売れる。
コピーライティングも駆使すると結構ニーズに対してガッチリ鷲掴みでき、
中古品であっても高値で売れたりするので眠っていた不用品を処理するならメルカリが一番良い。

しかし、一点だけ手数料が高い事だけがちょっと難点。まぁ、システム利用料だと思えば圧倒的に安いんだけど、高額商品になればなるだけ10%の手数料が大きく感じるようになる。
逆に発送費用なんてのは高額商品になる程、気にならなくなる。

あとは、様々なカテゴリーの商品を出品していて反応を見ていると、
使ってるユーザー層が大体読めてきて、10000円以上の価格になると購入されにくい。
逆に5000円未満はバンバン売れる。手数料と送料を考えると薄利多売になるので、ちょっとした小遣いだったら不用品で稼げると思うけど。

俺としてはそれじゃ面白くないし、発送の梱包なんかの手間や時間を考えると、
モノの購入金額の60%以上の利益率を求めたくなるので、これまでの平均取得原価に対する利益率は65%程を維持しているので、まぁまぁ良い小遣いになる。




この1カ月で、50品程売却して利益で25万円を超えた。
仮に手数料や配送料がなかったら30万円ぐらいか。

それほど頑張った感はなく、Facebookで投稿するぐらいラクなので、
SNS時代の人であれば気軽にモノを販売できるツールだ。

そんな訳で、利益を出金するのにある一定金額以上であれば手数料が取られないので、
23万円で口座へ振込依頼。

このあたりも手間がなくて、とっても楽チン。本当に凄いわ。感動するレベル。

余った利益は、出金せずそのままメルカリで決済に使い、
息子の子供服とミニカーの新品を格安でバシバシ購入して、
他の出品者から梱包やメッセージのやり取りなど色々学んでみたりと、
メルカリを活用しまくっている!!

ちょっと長くなったけど、今回はこのあたりで。

これはあくまで趣味というか遊びの1つなので、本業である仕事の方は勿論色々な動きをしていたので、めちゃめちゃ充実した毎日ではありますが!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-カルチャー

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.