〜それは失敗を積み重ねる勇気ある者の熱き魂の物語〜

SHOWのエンタメ地方移住譚

スポンサードリンク

バイク旅 食べ物

2011年晩夏の命懸け北海道バイク野宿の旅が人生観を変える。

更新日:

スポンサードリンク


日本最北端の地は行ってみると意外に普通。
しかしオホーツクで美女との出逢いにSHOW
感激。

 

そうこうしている内に朝10時頃には宗谷岬に到着。
結構な数のバイクライダーが既におり、
さすが夏の北海道だと思うぐらいに旅人が集まっていた。

 

宗谷岬では歌手の香田晋氏が番組ロケをしていたりとまぁ、
賑わっていたが、期待するほど面白い事もなく、ちょっと拍子抜けして
ここでは軽く海鮮丼を食してサクサク次の目的地へ。

 

ここからはオホーツク海をひたすら眺めながら網走市を目指す。
およそ300km。
このオホーツク海を横目に走り続ける『オホーツクライン』
という道路がこれまた退屈極まりない。

 

感動は最初の1時間ぐらいなもので、そこから先は田舎町という
雰囲気の中をひたすら走る。

しかもオホーツク海の風は冷たい。
優しさは微塵もない。これぞ北の大地。

 

だが、枝幸町にある『道の駅 マリーンアイランド岡島』にある飲食店では
素敵な出逢いがあった。

 

ここはオホーツク海を一望できる店内で、様々な海鮮メニューを提供しているのだが、鮭親子丼を注文した際に、通常の味噌汁をプラス200円でカニ汁に変更できるという
事でそんな提案をしてきたレジの超絶可愛い女性にちょっと旅先で恋心を抱きつつ、
食してみると、鮭親子丼は当然のごとく美味いんだけど、
何より美味かったのがこのカニ汁。

 

俺の中ではあまりの旨さに
『神汁』と名付ける事にした!!

 

結構、身のついたズワイガニがドカッと雑に放り込まれてるんだけど、
その出汁も半端じゃない。
こんな美味い味噌汁に出会った事ないわと
カニのハサミを残して、殻ごと食べきってしまったのだが、
その姿を見ていた先ほどの店員の超絶可愛い女性から
『えっ、カニの殻も食べたんですか?すごいワイルドですね!』
なんて事になり、話が盛り上げあった挙句、さらに会話を楽しみたくなり、
カニ汁をもう一杯追加注文する事になる。

 

何だこれ。

 

ちょっとキャバでうまく乗せられて1セット延長させられた感じになったけど、
この女性、おそらく当時の俺と同じくらいか、
ちょっぴり年上と予想したがマジで関東圏ではまず見られない
美貌と素敵な性格をしているじゃないか?!

 






北の大地は美人が多くて悶絶レベルの楽園だと再認識ッ!

 

その辺の芸能人なんかより綺麗で可愛いぞ、なぜこんなところでカニ汁売ってんの?!と俺が芸能事務所のスカウトマンだったら絶対に逃さない逸材だわと感激ッ!

 

俺が今、期限付きの北海道の旅の最中じゃなければ
絶対にデートに誘うのに〜という悔しさを残しつつ
敢えて冷たいオホーツク海にあった、やすらぎと癒しの環境を運命的に
用意してくれたのだな何か神通力を感じて、今回は延長だけで
お楽しみは次回にとっておこうという通常ではあまりしない選択をし、
余韻を残して『またいつか来ます。その時までカニ汁売っててください!』
と言い残してまた愛機に乗って旅立つ。
『旅人たるもの紳士であれ。』が俺の基本スタンス。

 

北海道の旅で一番ステキな出逢いと感激の時間を過ごす事ができた。
ありがとう。『道の駅 マリーンアイランド岡島』
あの日、あの時、あの場所で、休憩しようと立ち止まらなかったら
そんな想い出もなかったなと余韻に浸りながら網走市を目指す。

 

北海道の旅2日目の午後にして早くも超特急な雰囲気でツーリングを満喫。
この命懸け北海道バイク旅の本質はここからがメインディッシュなのだ。

 

台風と無縁のはずの北海道にて、網走で野宿中にまさかの大型台風直撃。

 

帯広で野宿中に複数のカラスに腹を裂かれて内臓を喰われそうになったりと
北海道の醍醐味を味わい尽くす。

 

この美女との出逢いが『人生最期に一目惚れした女性』にならなかった事を
今は尊く思いたいほどの数々の試練。

 

今回はここまでにして、続きはまた今度。

 

SHOWのYouTubeチャンネルもチェック!
チャンネル登録もよろしくお願いします!




スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-バイク旅, 食べ物
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© SHOWのエンタメ地方移住譚 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.