こんばんは!

 

東京出身、福島県に移住して数年経つSHOWです。

 

さてさて、福島と言えばフクシマやFUKUSHIMAとして世界的にも有名なエリアですよね。
僕はもともと東京の多摩地区の出身で、
普通に小中高と学生時代はどっぷり東京で育っているので、
当時は福島県ってあまり知りませんでした。

 

まぁ、高校時代にバイク旅をするようになってからは
『福島いいね、東京から近いじゃん、温泉あるし、スキーできるし、ツーリングにも良い道たくさんあるし、東京から日帰りできる田舎の中で、群馬よりも栃木よりも茨城よりも、長野よりも新潟よりも山梨よりも気に入ったわ』
という事で、いつかは福島と東京で暮らすかと思ってから
およそ8年ぐらいでそんな暮らしを実現しております。

ただ、8年経つ間に2011年3月の東日本大震災に伴う
福島第一原発事故が起きて、福島終ワタ、日本終ワタな雰囲気になったので

『ありゃー福島移住計画は無理かな』

と思ってたんだけども、その後、普通に福島県出身の嫁さんと結婚したので、
『丁度いいじゃないか、子育てもそのまま福島でしようぜ!』
と当時は周りの苦笑いな顔
『おいおい正気か?SHOW?どうしたってわざわざあんな放射能汚染のエリアで
子育てなんて子ども殺す気か?笑』とお褒めの言葉とブラックジョークを頂きつつ、
福島での暮らしを堪能している毎日です。

 

人間死ぬときゃ死にますからね。どこにいても死ぬ確率はそんな変わらんでしょ。
ちょっと寿命が縮まる可能性はあるけど、
ムダに長生きするより一瞬でも駆け抜けて死んだ方が意味がある。

 

まぁ、本当に福島にいたらダメだわ。
ここにいたらマジ、政府のモルモットだわと感じれば他の国に行くけど。

 

むしろ俺的には福島に住んでたら放射能の影響で遺伝子改変して
外宇宙でも行きていける皮膚や肺機能になったりしたら
カッコ良いなと思ってる。その可能性に賭けたい。

 

おぉーこれぞ獅子王凱のような『エヴォリュダー』みたいな。

100年後『イノベイター』と覚醒した旧・福島人は外宇宙進出の鍵になるかもしれないよね。
アレだよ。『木星蜥蜴』だか火星に住んでたアキトとユリカってそれで進化して
ディストーションフィールド無しの『生体ボソンジャンプ』に耐えられる肉体だったんじゃなかったけか。

まぁ、いつまでいるかわかりませんけどね。
飽きたら他の土地に行きます。

 

そもそも、一つの土地に根ざさなくてはならない理由ってないものね。
住宅ローンで縛られたら人生終わり、詰んだかなって思うから、
住宅ローンで縛られないでキャッシュ一撃で買うなり、
買うとしてもあくまで投資用に不動産融資で買うなりだなと。

 

まぁ、超低金利、ゼロ金利、マイナス金利時代ですからね、
ハイパーインフレ起こすの期待して、借金できるだけしまくって、
長期ローンを利回りで返済しながらさらなる
借り入れ起こす方が利口かもしれないけど。
そしたらインフレいつでも来いや!状態だろうね。笑

 

『実際、世の中、家なんて腐って捨てるほど余ってるんだし、
これからさらに余るんだぜ。わざわざ新品に35年も人生かけて買う必要あんの?
キミ達、ハロウィーンやバレンタインみたいに企業の商戦に
乗っかって勢いでカネ使ってるだけだよね?』

 

まぁ、コスプレ衣装やチョコレート代ぐらいの代償じゃ済まずに
35年フラットだから安心とかって、10年先も読めないグローバリズムの中で
35年先を読む先見性のある方々なのだと思うが実にリスクヘッジを考えず
よく高額な買い物するなと思う次第。






... "原発事故被災地と東京都心部の温度差が面白い。" を続けて読む

みなさん、おはようございます!

最近はカラオケボックスのフリータイムが使い勝手いいなと思い始めてるSHOWです!
4月上旬は春休み期間というのもあり、カラオケボックスは学生ばかりですね!

それでは前回、前々回に引き続き、2016年度の中盤戦の首長選挙後の『後半戦』を
SHOWの動きや考えを客観的に、また個人的な感想なども含めて書いていきましょう!

 


存在を知られていない自治体の存在を知ってもらう為のイベントを企画・開催準備!


前回の終わりは村長選を辞退するに至った経緯や、そこに纏わるアットホームでハートフルなエピソードを書きましたが、選挙関連の話はもう終わり。
ここからは葛尾村でもうひと暴れする感じでプライベートもなかなかアツい感じになってきます!

さて、選挙出馬の取り下げも終わり、
まずは直近に迫っている葛尾村の公共施設で開催する
イベント『スパカフェ』を進める方向で、
改めて役場の協力体制を取り付ける事に。

基本的にはこのイベントは村と一緒にやる事が重要で、
最終的には私の存在などなくても、このような企画が運営できるようにする事。

ちなみに時間軸としてこの時点で10月中旬。
開催予定日は11月下旬。
選挙がらみで公共施設との打合せも全てストップしていたので、
準備期間がごっそり1ヶ月なくなっていたので急ピッチで準備に取り掛かる。




... "福島県へ移住してみて丸1年。移住者は語るの巻。-ドライ-" を続けて読む

みなさん、こんにちは!

4月初めの日曜日昼間のガストは激混みですね!
ガストって普段こんなに混んでるなんて知らなかったですわ。
何事も普段経験しない事は前のめりで知りに行くのは大事です。

それでは前回に引き続き、2016年度の後半戦のSHOWの動きや考えを客観的に、また個人的な感想なども含めて書いていきましょう!

前回の終わりは福島県葛尾村の村長選挙への立候補云々という話で終わりましたね。丁度福島県を拠点に動き始めた4月から数えて半年程経過した頃です。

で、今回は後半の半年を書くつもりでしたが、結構選挙戦前後においての心境だの考えだの、動きだの知りたいという人が多く、都度言葉で説明すると3時間ぐらいかかって大変なので、ざっくり大枠を要点まとめて掲載。
主観も入れつつ、客観的にも見る感じで書いていきます。

さてさて、まず僕は基本的に『3ヶ月12週間1クール』として物事を考えていて、テレビ番組の改編期を目安に色々と計画を練っては次のクールの行動実行をします。

考え方としてはまず興味があるかないかで、興味がない事はまず手をつけません。
たまたまでも何かのキッカケで知り、それを深堀して情報を調べて、これは面白そう!であればGOです。

ただ、無計画に動くのは『2月生まれ・辰年・みずがめ座・A型』タイプの俺としては嫌なので、ある程度の道筋は頭の中で構築しておきます。

あとは日々、軌道修正しながら目標である着地点を目指す。手段はコロコロ変えても構わないという性格なので、この手がダメならあの手を使うというのは日常茶飯事です。

という訳で、村長選挙に立候補してみれば、最初は僕しか立候補者がいなかったので、大慌てで候補者を選出してギリギリで夜のテレビニュースに『地元出身者で議会議員まで務めた65歳の安パイ高齢者』と『首都圏出身で縁もゆかりもない28歳の若者』という異色の2名の出馬者が出ましたと『葛尾村役場』としての体裁は守れたようで。




... "福島県へ移住してみて丸1年。移住者は語るの巻。-ツヴァイ-" を続けて読む

みなさん、こんばんは。

福島県に生活の拠点を移して丁度1年経ったSHOWです。

さて、今回は首都圏から地方に移住するとどうなのか?という疑問に対してお答えします。

この12ヶ月間、様々なチャレンジをしたり、失敗をしたりした経験をつらつらと客観的に書いてみましょう!

では早速、昨年4月より主に事業のメインを東北エリアにする事にし、IT事業として動かし始めていた『地方移住支援事業』を本格的に開始すると同時に、ベンチャー事業ではすぐには売上が立たず先行投資が必要な事から、ベースの事業である『電気設備工事業』と『広告代理業』を脇でちょいちょい動かしておりました。

せっかくなので、東北全域(福島県、宮城県、山形県、岩手県、秋田県、青森県)をガンガン移動したかったのもあり、4月早々から福島県や新潟県などで電気関連の仕事を受注し、行った事のない場所で仕事をするのを楽しみながら、スキマ時間で地方移住支援事業の方も牛歩ペースで動かしつつ、開発は首都圏にいる取締役プログラマに進めてもらう感じで。




それと同時に嫁様や息子との時間も増やす事を決めていたので、しっかりと週に1日はできる限り休日を設定して、さらには朝飯と夕飯は基本的に家で一緒に食べる事、息子と一緒に入る事など、これまで東京と福島を行ったり来たりの『二拠点居住』で家族と一緒にいる時間が少なかった事を反省しつつ、ライフスタイルの変革に努めていきました。

5月になると地方移住支援事業の方で、このままでは事業として進めるにあたり、予定している計画で進まない事が見え始め、どこか自治体としっかりグリップしながら話をせねばならんなと感じている矢先、福島県で2016年1月に出会った県の外郭団体所長のツテで、東日本大震災と原発事故の被災地・葛尾村を繋いでもらう事になる。

 



... "福島県へ移住してみて丸1年。移住者は語るの巻。" を続けて読む

みなさん、こんにちは!

もう年度末ですね、ちらほらと桜が咲いてきた頃のようで、そんな春が大好きなSHOWです。

では早速、本題に入りましょう。

本日3月27日、28日、29日の10日間、朝日新聞の全国版で、小さい枠ではありますが、
福島県内で活動する3組(医師の方、警察官の方2名)の人を取り上げた記事が掲載されますが、その中の1組としてつい10日程前までは僕についても3月27日、28日、29日の3日間に渡り、葛尾村という原発被災地でのこの約1年間の動きが載る予定で、この1月から朝日新聞の記者さんより取材を受けておりました。

そこでは先の葛尾村長選挙への出馬しようと動いていた経緯、考えや、そもそもそこに至るまでに起こっていた村内での動き、また障害となる者たち、さらには選挙出馬告示日前日に出馬取り下げをする事を選択した経緯などを話しており、当然ながらこの村の『闇』の部分についてもしっかりと取材にて答えておりました。

昨年9月に行われた村長戦立候補者説明会にて多くの報道記者の方が来ていた時から、
興味を持って、村長戦後も私の動きに興味を持って追ってくれている朝日新聞記者さんから、本年1月に今回の記事の件、取材の件の話をもらった。

丁度、新村長体制になり2ヶ月経とうというタイミングと、実際に当時『出馬を取り下げてくれ』と村役場のナンバー2から圧力に近い言葉を受けていた部分もあり、当時、今後この村が面白くする為の私の行動に協力するのであれば考えるという『約束(取引)』も1月時点で破談になっている事から、約束を破れば選挙関連の全てを公にするという事は承知の上での行動だと判断し、一つ一つの行動や村役場とのやりとりを朝日新聞にだけお伝えした。




 

... "本日の朝日新聞に載る予定だった件。" を続けて読む

みなさん、こんにちは!

SHOWです!

本日は徳島県のゲストハウス兼コワーキングスペースに来ています!

拠点となる福島県からおよそ1000kmのこの地。
日本海側から高速道路で走ること、13時間ぐらいで着く四国・徳島県!

 


移住するなら西日本か?!東日本か?!


西日本では、徳島県高知県広島県福岡県など、移住者誘致に力を入れている地方自治体が多いのは移住を考える人であればご存知でしょう。

それに対し、東日本の自治体は長野県以外はほとんど力を入れていないか、情報発信が伝わっていない状況で、魅力がわからず移住するメリットも感じられない事が多いのが現状ですね。

実際、都会や首都圏に住む人で、地方に興味がある多くの方は、身近な田舎近い地方への移住を検討する事が大多数ですが、この首都圏から近い北関東群馬県栃木県茨城県甲信越新潟県長野県山梨県への移住希望が多く、その後に東北福島県宮城県山形県岩手県秋田県青森県が視野に入るパターンですね。

 




... "地方移住する人が最初にぶつかる3つの『壁』" を続けて読む

みなさん、こんばんは。

 

SHOWです。

 

今回は『都会で生まれ育った人が地方の田舎へ移住する際に必要な5つのマインドセット』をご紹介します!

 

 


本来のポテンシャルを発揮できずに都会で埋もれている若者たち?!


 

はじめに、都会の満員電車に1時間前後揺られながら通勤して疲れ果てている都会のビジネスパーソンの中で、もともと地方出身の人と都会出身の人では感じるストレスに違いがあると思います。

 

 

都会で生まれ育った人は基本的に人混みに慣れているので、まぁ満員電車というのは当たり前の世界でもあり、嫌だけど我慢できなくはないかと半ば諦めているのではないでしょうか。

 

 

逆に田舎で生まれ育った人にとっては、そもそも人の数が全く違うという事で、人混みの中にいるだけで嫌悪感や疲労感を感じてしまうでしょうね。

 

そんな都会のライフスタイルと言えば、朝から通勤ラッシュに巻き込まれて、精神を病んでしまい、電車に乗れなくなって会社に出勤できなくなってしまう人もいる程、過酷な環境です。

 






... "『都会』育ちの人が『地方』へ『移住』するのに必要な5つの事。" を続けて読む

みなさん、こんばんは。

SHOWです!

今回は『地方移住』について考えるの巻です。

 

  • 移住って何?

 

昨今、地方創生という言葉や地方活性化など、やけに地方ワードが飛び交っていますよね。

そんな中で各地方自治体は人口減少に歯止めをかけるべく、様々な施策を打って、移住者を呼び込もうと躍起になっています。

 

『知らないと損する全国自治体支援制度8496』(2016年版)

 

わかりますか?

全国で8496個もの支援策を用意していて、移住者をカネで釣ろうとしているのです。

もともと、地方には財源がありませんね、なので一市町村でそんなに多くの補助金など用意できるはずもないのですが、近年、国による地方創生交付金なるものが全国で1000億円も用意されているので、それを使って各自治体は若者を呼び込もうと慣れもしない制度を作っているんですね。








... "移住して何やるか。" を続けて読む

みなさん、こんばんは。

約1ヶ月間、ブログ放置していたSHOWでございます!

いやま、時が経つのは早いもので、あれもこれもとやっていると、
いつの間にか1日が終わり、1週間が終わり、気づけば夏も終わりの9月末。

2016年も最終クール突入ですねぇ。

自分は日本の四季を愛し、満喫するタイプで、春夏秋冬どの季節も大好きですが、
その中でも特にアツいのがこれからの10〜12月の第4クールですね!




夏の賑やかな景色、雰囲気から徐々に空気が澄んで、気温が下がり、木々も色づき始め、なんだかノスタルジー感と今年も終わっていく感がとっても好きで、大晦日に向けて1年を振り返り、翌年のチャレンジに向けて色々と考えを巡らせる季節としています。

... "福島県に完全移住して半年経過ッ!" を続けて読む

こんばんは。
東京都から福島県にIターンしたSHOWです。

 

突然ですが、皆さんはこの『Iターン』って何かご存知でしょうか?

 

出身地が『地方』で就学や就職で『首都圏』や『都市』に行く流れが高度成長期からこれまで日本社会で起きていた人の移動の大きな流れです。

 

東京などの大都市圏は元々そこまで人口は多くなく、東京都生まれの出身者は少なかったのが、経済発展で都市化し企業が増えた事で地方よりも就職先が多くなり、地方から人材を集めました。
それにより人口が増えれば住居も増え、住民に対する産業も増え、学校など教育環境も拡充し、利便性の良い都市ができあがりました。

 

そんな都会は、地方の若者からすればなんでも揃っていて遊ぶ場所もあり、オシャレで憧れの場となり、上京をはじめとする都市部へ行き、住み働く事が目標になりました。

 

 

その流れで地方は人材を産み育て首都圏に提供するような流れがあり、高度成長期は経済発展に大きく貢献するシステムとして良かったのが、今では地方は若者がいない、労働者がいない、人口が減っていて経済は縮小、若者が減り高齢者が多い超高齢化社会の『限界集落』化して数十年後には人がいなくなると予想される市町村が名指しされるようになりました。

 

 

そのような問題が徐々に浮き彫りになりつつある中、ここ数年の政策で『地方創生』と言ってもう一度地方を正常に戻す、もしくはそれ以上に地方を発展させて『日本を元気にする』ような動きが出てきました。

 

そんな地方を元気にするには絶対的に必要な『人』

特に若者が増え、住み、働き、地方の文化を守り、子どもを産み育てる流れが不可欠です。

 

人口減少を止めなければ経済も縮小する上に、人々が暮らす為のインフラやサービスの維持もままならなくなります。

 

 

そこで今、注目され始めたのが首都圏出身者が地方へ住む拠点を移す『移住』です。

 

この首都圏出身者が地方にという高度成長期とは逆の流れが今、若干ながら流行ってきています。これを『Iターン』と呼びます。

 

地方出身者が一度、就職や就学で首都圏に行き、結婚や子育てなどを機に出身地である地方に戻る事を『Uターン』と呼びます。

 

また、地方出身者が一度、就職や就学で首都圏に行き、結婚や子育てなどを機に出身地とは違う地方に行く事を『Jターン』と呼びます。

 

地方移住とはこの『I・J・Uターン』のカタチがベースとなり『仕事』と『住まい』を同時に見つけ、首都圏ではできない『自分らしい』生き方を選択する一つの手段としても注目されています。
今後、激動する日本でこれからの若者のライフスタイルを大きく変えるチャンスとして、このブログでは移住関連情報をわかりやすく提供していきます!!

 

 

私が運営する地方移住支援ポータルサイト『IJIIJU(イジイジュ=easy移住)』(http://iji-iju.net)では地方の魅力をお届けしますので併せて是非ご覧くださいね!